FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

つらいことの受け止めも含めて、集団で楽しい感覚を得る。意志疎通や認めあいなどのスキル成長がベースです

15602439367411.jpg 15602439707752.jpg
15602440626617.jpg 15602440560346.jpg

火曜日は新会員小6君、体験中小4君も元気に参加、
通学併用中高校生たちも早めに来て、多人数が集い
考えるボードゲームや集団運動を楽しめました。

子どもたち(大人も)には得意苦手はあります。
この苦手を精神的負担にしないようにできる人間は
そうそういません。

なぜなら、自分ももどかしいし、周りに迷惑かけてないか
気にになるし、それは当人が誠実な性格の証拠でもあるし。

ボードゲームはゲスクラブです。
ゲスは推察すると言う意味です。
お題が出て・・それでイメージするものを各自が6つ書きます。
写真では都道府県名ですね。
自分の番にそのうち1枚を出す。それが他の人と一致したら点数がもらえるが、
一人もいなければマイナス、Aは自分の番で大阪と書いたらカードを出して
BCDも大阪と書いたカードをあったら場に出さないといけない。そしてAが点をゲット。
つまりBCDは自分の番で出したい大阪カードは無駄になるわけです。
何を書くか?いつ出すか?駆け引きもあると言う推察ゲームです。

さて「書くのが遅いんだ」「考え出すと決断が遅いんだ」
「あまり一般的な知識がないんだ」などなどを自分の弱点と
感じている人は世のなか結構多いです。

それはそのまんま「努力しろ」や「気にするな」だけをアドバイスしても
結構当人はう!となるし、「じゃあ見てれば?」と言うのも当人が切ないし
本当は周りも申し訳ない気がしている。

そう考えると、人の世はめんどくさいなあと思春期の子が
感じることって、大人になってもあるあるの生きにくさですよね?

でも・・・・
仲間感覚、親近感覚が増している場ではこの自分が感じてる
弱点を軽い気持ちで吐露することができてくるんです。
それは直接的な解決だけを求めなくても平穏でいられる度合いが
増しているわけです。当人側も仲間側もです。

運動はサッカーをやりました。
嫌だ、苦手だ、強制しないでと数人、でも・・・
2,3分でその数人も走り回る風情に変化する。
これも実は苦手だと言うことを隠さなくて言える自分が
安心材料になっています。

少年期思春期には不安や不都合を気軽に仲間に言えず
傾向として「なに関係ない屁理屈を言っているんだ?」
「どうしてそんなことにこだわるんだ?」
「場が成立できないようにしてると皆は困るよ?」
と見えることがたくさんあります。

もちろん、ふわふわボールにして、うまい子でも
コントロールしにくいようにして。そのアクシデントも楽しい、
だから苦手な子も手を出しやすい。
指導側も演出をなにかと考えて安心させてはいますが
やはり、弱点の捉え方、伝え方、仲間の捉え方、それらの成長が
当人(周りも当人です)の発想工夫を生んでいるんだと思います。

このサッカーでもオリジナル遊び運動などでも
先を読むこと、仲間のスキルを推し量りながら効果的に
良い結果を求める行動をとる子が増えています。

昨日のサッカーでも攻撃守りのメリハリをつける、
人の少ないところを見つけて先読みして動く、
パスを効果的に使うなどの、俗に言う集団スポーツの趣を
身体で表現している子も以前に比べ多くなっています。
苦手でもそうできるのはかなりの勇気であり、場が仲間同士で
得意不得意まで認めあっているからかも知れませんよ?

スポンサーサイト

幼児さんたちと先生が来ました。なにかと関われているのは感性育成に良しです。

15597841404471.jpg 15597841629782.jpg

報告が遅れましたが・・
水曜は小4君が見学に来てくれて。
生徒や体験中小6君と一緒に10人越え集団で考えるゲームや運動をやりました。

その見学君の妹2名幼児さんも来ていまして、
分からない癖にカードゲームにやいのやいの言ってきて
それはそれで新鮮でして、しかも、生徒たちが固まりかけながらも
懸命に幼児対応している姿も興味深いものになりました。

その後は生徒府中〇小6年生君の担任が遊びに来てくれて
先生も私の指示で?苦手な走りやドッジボールをやっています。
(顔面にボールを受けると言うハプニングも!)
先生業は大変だ!などと無責任なことは言えませんが、
自分のクラスの子、他の子の隔てなく大事に思っていることが
よく分かる、お互いにいい体験だと思います。

(上から説明ですね。本当は感謝の意味です。)
幼児さんから先生、市の職員さん、議員さん。皆が同じレベルで触れ合える感性は大事にしたいところです)





新しい仲間と夕食デー

burogu1_20190605080729fb0.jpg 15595554376420.jpg 15595554654903.jpg
15595555111408.jpg 15595555774594.jpg burogu2_201906050807319f7.jpg

3日月曜日は夕食デーでした。風邪のため少し人数が少なめでしたが
体験中の小6君、小4君も先輩たちのフォローを受けつつ
「生まれて初めての?調理」を経験していました!

昨日は小2君、今日は小4君が見学に来てくれます。
(これ、どんな場の児童でも同じですが)
訪れる子が増えると空気が変化しますので
嬉しさと緊張、誰もが多少は感じます。

多少はと書きましたが、人によっては疲れにまでつながります。
それでも嬉しさの方が勝っているのは、自身の社会性や自己肯定が
伸びているからなんじゃないかと思います。

体験児童も2人参加します。そうめんと豚肉の夕食デー

無題 38b3847d90eef103e25e4afbecc79de3.jpg

3日、月曜は・・夕食デーです。

こんなにきれいな器でなくて、スクールらしく?鍋の中に氷を入れてドカーン!
後は豚肉、オクラ、ナス焼き、キュウリ、しょうがなどを具にしようかなと思います。
(まあ内容を考え、生徒たちと一緒に作るのは女子スタッフたちですが 

体験中の小6君、小4君も参加します。
はじめての分担作業にトライします。

実は3,4人でできる内容をを倍以上の人が分担するのは大変でして、
だけど、そのような中で先輩が新人に仕事をシェアさせようとしたり
まったりと会話をして場にいることを気楽にさせたりと
最近はとても成長しているわけです。
潜在的に社会性があるからこそ、伸びてくるのです。

賭け事を教えているわけではないですよ

20190529_175049.jpg

今日も体験小6君を交え、小中高生徒がほどよくちりばめられた形で
集えています。皆で考えるカードゲーム、教科学習、運動などは
全体でうまく出来ています。

縦割りの良し悪しで、時には小学生が萎縮してしまうとか
高校生が気疲れしてきてしまうとか、やはり人かかわり体験の中で
これは避けられない面もあります。

縦割りは関係なく、一定以上の人数の場の空気に疲れる、
なんてこともあります。

まあ、これはどんな社会でも、大人でもありますよね。

なので、例えば。

午後早々の高校生の少ない時間に
3,4人の小学生を中心とした活動や会話にしていくことなど
スタッフも工夫しています。

逆にラストの時間、小学生や塾、通院中高生が数人帰って
残りがこじんまりと中高生3,4人になった時には
生徒全体で出来ないゲームを投げかけたり
することもあります。

今日はたまたま夕方からそうなりましたので、
麻雀をやりました。(私は教える役)

3人の高校生と1人の中高生なんですが。
適度な会話も出しながら、和やかに出来ています。
それに(各自、人が多い時には苦手意識を持ちやすくて、嫌がることなんですが)
自分の手の先を読む、計画する、人の様子を見るなど、
とても気楽に、楽しそうにやれています。

ここを伸ばしたいんです。

こじんまりと安心して・・・
たまにはいいですね。

大人の事情を説明してしまうほどに、生徒たちは元気です?

15589485990420.jpg 15589486493952.jpg

15589486083261.jpg 15589486717923.jpg

真夏のような月曜日、小6君が体験に入りました!
迎える生徒たちはほどよく気を使えていまして・・・

考えるボードゲームゲームも盛り上がっています。
その後は、公園運動です。

皆、嬉しくて駆け回る!(わんこの方が暑さに負けている)
「熱中症になると皆、つらいぞ?大変だぞ?」と言っても効き目がないので、
思わずスクールの責任問題まで説明してしまいました。いけませんね

かんは戻ってからは涼しいベランダで寝ていますが、
皆は更に話をしたり、駆け引きカードゲームをして盛り上がっています。

小3君も後日、体験に入りたいとのことです。
仲間が増える、幅が広がる、もちろん楽しいことがあれば
その分苦労もあります。いい経験です。

ゴールがない?これは世の中の人、誰でもそうです、明るくね?

20190524_135745.jpg 20190524_160423.jpg

今日は小3君が見学に来てくれました。小中学生少なめの時間に来てもらったのですが、
生徒たちはその親子さんに丁寧にカードゲームを教えてくれています。
その後来た、比較的年長の中高生は・・・
年代の差に対応することに緊張しまくっていましたが、
公園時間からはなにかと見学君や母さんに関わり始め、
皆で和やかに過ごすことができました。

・・・と。
ほどよくまとめた報告を書きましたが、実際は各自、来る側も迎える側も大変なんです。
いろいろ不都合や不安もあります。それでもここまで出来ているので偉いんです。

月曜には体験期間に入る中学生君もいます。

皆、大変だけど、自分の意志で体験的人かかわり学習に来ているわけでして、
それが月、年を経て結果を出してきているわけです。
そして、それは各自、成人以降も体験を重ねて工夫を編み出していくべきことでもあります。

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト