FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

新しい仲間との交流、クリスマス会も多数でやりたいね?

15747728087820.jpg 15747728348621.jpg 

今日も体験中学女子、体験小学男子2人、新人中学女子も参加。
合間には地元〇小の生徒担任がのぞきに来てくれたりで
賑やかな一日でした。正直、雨だと府中公園に行けず
ちょっと人口密度も気にはなりますが、そこはせっかくの出会い。
貴重な多人数かかわり練習の場と考えましょう。
(まだ見学さんも来るしね!)

その皆も入ってクリスマス会は大人数でやれるといいなと
思っています、今回は高校生には府中公園での障害物競走の
企画を頼みまして、中学生には綱引きもの仕切りを頼みました。

毎度のクイズやゲームでないものでも仲間感で楽しみたいですね!

ちなみにこちらは毎度のガストの出前メニューです。
選びやすいようにポスターにしましたよ!(汚いけど)








スポンサーサイト



新人もおいしく夕食でー(モランボンさんのチキンソテー美味いです)

59138.jpg 15741547457843.jpg 15741546737428.jpg

59136.jpg 15741546041742.jpg 15741545814681.jpg 15741578920041 (1)

今日の夕食デーは都合で参加できない子が数人いて
寂しくなるかなと思いきや新人たちが来たので、結構、
わいわいと盛り上がってできました!

分業が(割り振ること)大変なので、各自がモランボンさんの
ソースと使ってチキンステーキにトライしました。
煙だらけになりつつも、焦げ目の美味しい完璧な出来栄えに
各自感動です。J君味付けの豚汁も好評ですぐなくなりました。
新人たちは野菜カットも参加しました。皆で
キャベツの千切り(百?)も切ってもらったのですが
多すぎてもキャベツ太郎のあだ名をもつK君がもりもり!
つられて野菜嫌い自慢児童も食べていましたよ!

片付けもさっさと出来ており、中高が手本を見せながら指示。
J君の「こら小学生!皆で片づけるのが当たり前だぞ」の声がけも頼もしかったです。

いろいろな形で児童親子の応援をしていき、自分たちも学習していく

15736337668319.jpg 05.jpg 

15725132205642.jpg 06.jpg

写真左サイドがフリースクール多摩川、右2枚が発達支援センターコロノアです。
支援のやり方が違いますのでいいんですが、やけにうちは汚いですね。(笑)

先日はいろいろな形で困っている子ども大人の支援をしている若者、
これからしたい若者で、フリースクールー多摩川の応援もしてくれる若者たち
と仲間お引き合わせ飲み会をしました。

皆、すばらしい観点を持っていて、いろんな経験も学習もしてきた若者たち、
いろいろなつながりで、いろいろな行動を起こして、
受け止める側も支援する側も、皆が明るくなれることにつながるといいと願っています。

メンバーは鰐渕 遊太さん、うちの生徒たちとの運動にも過去来てくれていたんですよ!プロフィール拝借。
小学校教員【不登校児童生徒の通う小中一貫校、通常の学級担任、特別支援学級担任(情緒障害等通級指導学級、知的固定学級)】、巡回相談心理士【東京都教育委員会:業務委託】を経て、2016年 『発達相談支援センターCORONOAH(ころのあ)』を開設(現在も、大田区と世田谷区の小学校14校で巡回相談心理士として臨床活動継続中)。

他の人は詳しく言うとまずいのかも知れませんが、プラッツの若者2名、今後の市民活動の展開の肝です。彼らもよく休みを利用してうちの生徒と絡んでくれています。

また、当スクールのボランティア陣も多彩です。

Mくんは世界規模の一流会社で10年勉強して、これから何をするか考えながらこちらに顔を出してくれていますが、やはり発想とか提案とかセンスが抜群です。

Y君は現職教師で親御さんの介護のため休職中、現在は普通クラス担任ですが、この先は支援級の担当をしたいらしくて。
不登校や凸凹の理解支援に思うところがあるようです。

ついでにFさんは大手旅行会社勤務、休みの日に来てくれていますが、仕事で鍛えた人関わりのセンスを、
生徒と弾けて遊びながら伝えようとしてくれています。

Hさんは女子大生、ここでは児童の弱気になっている時などに、同じ目線で寄り添うようなことを
心がけてくれています。

最後の方はお引き合わせ飲み会には来れなかったボラさんも紹介しましたが
せっかくなので皆でつながって、いろいろなことをトライするヒントにしてくれるといいですね!

ちなみにネタですが・・・・

鰐淵君「初老の吉川さんからは全員若者に見えるだろうけど、僕だっていい年なんですよ」
「嫁が欲しいです」と騒ぐので皆で受けました。
コロノアの保護者さんせひ代表に嫁を紹介してください。(ワニ君に怒られそう)

東京都フルースクール等ネットワーク設立 記者会見と記事 (当スクールも発起人です)

無題
以下日経新聞記事です。
フリースクール多摩川も連盟参加しており、私も発起人となっています。お金!が欲しいです。
(利用者負担0、支援スタッフ増や施設の拡充)

https://www.facebook.com/tokyocs/videos/563692311030976/

多様な学び充実へ 東京のフリースクールなど連携
社会・くらし
2019/11/12 8:59

増え続ける不登校児の受け皿となる学校外の学びの場の充実を目指し、東京都内でフリースクールなどを運営する11団体が12日までに連携組織を発足させた。都に補助金制度の創設を求めるほか不登校の子どもの保護者支援、学校外の学びの普及・啓発活動などを展開していく予定だ。

連携組織の設立について記者会見するNPO法人「東京シューレ」の奥地圭子理事長(左)と、「東京コミュニティスクール」の久保一之理事長(11日、東京都内)
画像の拡大
連携組織の設立について記者会見するNPO法人「東京シューレ」の奥地圭子理事長(左)と、「東京コミュニティスクール」の久保一之理事長(11日、東京都内)

組織の名称は「東京都フリースクール等ネットワーク」。フリースクールを運営するNPO法人「東京シューレ」の奥地圭子理事長と、「東京コミュニティスクール」の久保一之理事長が代表発起人を務める。

11日、都内で記者会見した奥地氏は「学校外の学びの場を前向きに検討する父母は増えているが、公的支援がないため金銭的な負担が壁になっている」と指摘。久保氏は「公教育とフリースクールなどが一体となって課題を解決していくべきだ」と話した。

文部科学省の調査によると、東京都内の不登校の小中学生は2018年度に国公私立の合計で1万5629人と前年度比18%増えた。全国でも16万4528人と6年連続で増えている。

ネットワークはフリースクールのほか、特定の教育思想に基づく学びを実践するオルタナティブスクール、家庭を学習拠点とするホームスクールを推進する団体などで構成する。





お互いに揺れながら新たな仲間と馴染んでいこう。生徒個人面談中です

15725208231850.jpg 15725208380561.jpg
15725131715321.jpg 15725131355490 (1)

今週は見学体験、小5男子、中1女子、そして小学教師(親介護で求職中)ボラさん
皆で楽しく活動しています。公園ではのびのび、室内では窮屈?
確かに私たちでも「密度高すぎるなあ」とは過ります。

でもね。皆、密度や数の多さ、また未知との遭遇もあり
若干心揺れながらも、仲間と空気を共存できる感じています。

来週も見学さんは2件来ます。

こんな時(9月半ばからずっとじゃん!)は先輩は個の気持ちを
押し込めることも余儀なくされがちでして・・・・・・

その分、中高生は夜の個人面談を実施しています。
普段もラインではそれなりに悩みやら意見やらやりとりは
しているものの、やはり、相対すればたくさんの会話が出ます。
それは貴重です。自身のこと、仲間(場)のこと、家庭のこと、
なんでも出ます。

特に自身の振り返りや親への不満が出てくるのは成長過程が
順調に進んでいる証です。(親はこらえてください)


何と言っても保護者負担を減らすこと、管理費を獲得することなんですが・・

このたび下記の形で、東京都の多様な学びを実践する民間施設のネットワークが成立しました。
これをマスコミや一般の皆様に広めていくことで都および国に、しっかりと子どもの学びの
保証を実現してほしいと言うものです。

各現場では「法的に学校と同等でも、保護者さんや運営側のお金で運営しているのは
おかしいのでは?」「多様な学び場の質的な確保には自前財源だけでは・・・・」
これらが悩みです。この実態を知ってほしいですね?


東京都フリースクール等ネットワーク設立集会

★多様な学びを推進する★東京都と連携する★フリースクール等団体・保護者が協働する
発起人代表
特定非営利活動法人東京シューレ 理事長 奥地圭子
特定非営利活動法人東京コミュニティスクール 理事長 久保一之

(当然、NPO法人フリースクール多摩川吉川も発起人です)

【設立趣旨】  2017年より「普通教育機会確保法」が施行され、これまで学校復帰前提の不登校政策が変化、
学校外の学びの重要性が認められ、公民連携も進みつつあり、東京都も公民連携のあり方についての検討会議をスタートさせようとしています。東京都フリースクール等ネットワークは、この機にあたり、すでに学校外で学んでいる子どもだけではなく、何らかの理由により学校外で学ぶという選択肢を取ることができずにいる子どものために、従来なかなか進まなかった学校外で学ぶことへの公的支援と社会的認知向上をめざし、都内を拠点に活動する民間団体や保護者がつながり、都とも連携していく基盤となるために設立することといたしました。
【活動内容】
(1) 東京都内のフリースクール等や保護者のネットワーク会議をすること。
(2) 行政との連携を図るために、行政及び関係機関と対話を行うこと。
(3) 学校外における多様な学びの普及啓発活動を行うこと。

【日時】2019年11月5日(火)19〜21時

【会場】東京コミュニティスクール(東京都中野区中野1-62-10 Tel.03-5989-1869)
【交通】JR中央・総武線・東京メトロ東西線「中野駅」南口 徒歩9分
【申込】参加希望の方は○○○○まで、
事前にご連絡ください。
□□□@□□□.jp  Tel. 03-XXXX-XXXX
※当日参加も可。

言えるようになってきたね!(生徒に怒られちゃうかな)

15719950931131.jpg 15718226776210.jpg
15719951684555.jpg 15719964629840.jpg

写真は今日、一昨日のものです。(昨日は生徒一緒の行動にあけくれ)

新たに入会した子、体験時期後半に入った子、2,3いますが、
このように連日、楽しく明るく、不安を抑えながら動けています。

もちろん。迎える側の気持ち、態度も同じく、揺れを我慢?して
頑張っているからこその新人たちの安心なんです。

今日は何人かの生徒に訊いてみました(個別にさらりと)
「新しく入った子、体験の子たちはどう?」

答えは・・・・・・・

「来たことはいいことだと思うよ」
「これから自分は一緒に何かできるよ」

「入るといいね?」(体験中)

中にはこんな答えも
「少し気になることもあるけど、昔の俺よりいいよ。大丈夫だよ」

私が今日、さらりと訊いた数人は、以前の答え方は
「さあ」「別に」「わからん」「どうでもいいよ」みたいな感じが多かったんです。

相手を思うことができる、仲間や場を意識の単位に感じる。
そうなる前提は自身の存在実感?認められる安心?なのでしょう。

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト