FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

新しい仲間 新しい挑戦 勇気

15715678023800.jpg 15715679679283.jpg
15693631133920_20191021050818190.jpg 15715678135661.jpg

中3女子入会しました!小2女子、小1男子、小5男子体験に入りました。
仲間が増えてわくわく!ざわざわ?そわそわ?

普通のSNSではスクール運営でアピールしたいし、人を傷つたくない思いを優先したら
この辺で終わらせますが・・・・・

本当に読み取ってほしいのは何か?

仲間が増えたら嬉しいけど、変化に戸惑う
そこでアンバランスもでる。
それが子供ってものだ。

でもでも。生徒たちにはこんな時にも
自己不安を我慢して、歓迎している気持ちを優先的に
意識できる人間になってほしい。
これは平凡型(定型発達) には苦も無く出来ることですが
凸凹気味の人にはとてつもない勇気や工夫が必要です。
(来る側も迎える側も)

でも、スクールでは頑張らせます。
だって、この子たちは横並びが苦手ではあるし発想が独特な面もありつつ、
実は公平感や思いやり感は極めて純粋なんです。
もったいないんです。

勇気や工夫次第で対応していける力をもっているし、つまりは平凡型生活を
斜に構えて遠ざけなくても、そこに溶け込めるだけのスキルも持っています。
説明しにくいことなんですが、大人は勝手に子どもの限界を先回りしてはダメなんです.

学校などで苦労してきた親御さんはどうしても・・
「スクールで迷惑かけると申し訳ないからうちの子はやめさせようか?」とか
「うちのも困らせるけど、誰それはもっと特別な支援が向いているのでは?」
といろいろ考えすぎます。親なら当然です。

だけどそれは親の都合です。

生徒たちが対峙しないといけない課題からきれいに逃れたい気持ちなんです。
これは説明が難しいところなんですが・・・・子供たちはもがかないといけないんです。
スクールのようなところでは他者の課題もあるし、それに対応しきれない自己の課題も
大きいので。絶対にお互いさまだと言う信念をもっていないと各自は
改善しないんです。お互いさまとか横並びでも平穏でいられるスキルは
子どもだけでなく親も向き合うべき課題なんですよ。





スポンサーサイト



海外でも関心?日本の不登校と民間フリースクールの課題、BBC取材やります。

201706072011272a1_20191017082056c41.jpg
NCM_6571_20191017082057adf.jpg NCM_6574_20191017082059d84.jpg

下記、中高生ラインに出しました。

本日は二時半か三時頃から、イタリア人記者アレッシアの取材をスカイプでやります。スクールのこと、君たちのことが載るのはBBC英国放送のネットマガジンです。
結果は日本では見れないかも知れないが、スカイプに写りたい人、アレッシアと話したい人、様子を見たい人は来てね?その時間にいてね


新しい保護者さんには話していなかったかもしれませんが、
フリースクール多摩川では毎年この取材を受けて居ます
(媒体はBBCです。TV、ラジオ、マガジンいろいろですが、日本の不登校と受け入れ民間スクールの課題?を紹介している)

昨年まではフランス人カメラマンをつれてスクールに来てくれていて
生徒たちにとって、イベントとして楽しい経験ができていたんですが、
今年はスケジュール合わず、スカイプでの取材となりました。

きっと画像から写真にするんじゃないかと思われます。

新しい生徒や体験中のお子さんも来れたらどうぞ!

お疲れ様 中高生(高学年もだね)ひよひよ低学年をやさしく迎えていました。

15705226768840.jpg
15705227100321.jpg 15705227607302.jpg
今週から早速、ひよひよ低学年が見学にきています。

中高生、高学年生徒が居ましたが、皆がやさしく
気を使いながら、ひよひよが過ごしやすく出来ています。
10人超えのババ抜きがあんなに時間がかかるとは思わなかったが・・・・
「これなんか低学年でも分かるんじゃない?」と言う中学生。
「ゲームのやり方をそっとおしえる高校生」
「話しかけられないけど、笑顔をひよひよに見せてる小学生」


公園でドロケイ中、高校男子と中学女子がひよひよを連れて逃げて、
途中で休んでいる光景は遠くから見ると若夫婦とその幼子みたいでした


そういえば、学習読書時間、その小2ちゃんに国語と算数のドリルを
後ろで声をかけながらやらせていると、普段は「塾や家でやっているから
ここでは読書だけでいい」と言っていた2人・・・じっと見ています。

そこで年齢なりのドリルを「試しにやってみる?」と渡すと
「えー!」と言いながらちゃっかりやっています。
こうした効果もあるんですね。

まあ、縦割りの良さと言ったって。年代差、能力差、興味差は
ある訳ですから、しかも上の子たちも生徒なんですから、
「ずっとひよひよを気遣ってあげてね?」とされたら、喜びと疲れの
両方が蓄積します。そこは難しいところでもありますが。

しかし、なにしろ生徒たちは気遣いややさしさ表現のスキルが
相当に上がっていることを証明していました。
(学校批判ではないですよ?)おそらくこの部分の経験積み上げは
ある部分は学校生活をしている子よりも進んでいますね。

大変ですが、この後の見学や体験ひよひよもあります。
皆が工夫して対応していくことで、なんらかの自信になって
行くといいなと思います。

ひよひよ受け入れ始めます (小学校低学年の受け入れについて)

15701803568150.jpg 15701803663041.jpg15701803765702.jpg
 この写真は金曜の夕方です。
 時間帯は「電子ゲーム解禁時間」。
 大部屋ではエクセル教室も展開。
 
 3つの部屋では思い思いに
 生徒がパソコンや電子ゲームで
 楽しんでいますね?
  
 興味別、年代別、性別などもありますが
 うまいこと、どこにも入れない子が
 いない状態になっています。
 
 実はこれはかなり理想的な光景です。
 
(言い方が悪いが)
1、皆がスクールに慣れていること、
2、仲間に安心していること、
3、選ぶものすべてがスキル的に不安なのでなく、やってみようかなと思えるものがある、

それで、各自がなにをするかを 自由意思で選べたこわけです。
 
生徒には申し訳ない説明ですが・・・
(不登校や引きこもりになって、スクールに来たばかりの子を)ここまでの気持ちに
持っていくのには月単位年単位の時間と配慮支援が必要です。

もしも、、、自分が出来ることがないぞ?人との会話が怖いぞ?人に見られることが怖いぞ?
自分だけ年齢が離れているぞ?趣味興味があわないぞ?
こんな状態の時には誰だって「おいでよ」と言われてもしり込みします。

スクールに来たばかりの子は総じてこの状態なんです。
(逆に全然、場や人を怖がらずに自分の好きにしたがりすぎ、それで集団秩序が崩れたり、それまでの生徒に困られると言う状態の子もいますが、そんな行為しかできないと言うのはその子は不安でいっぱいなんです。)

この説明の書き方ですと・・・・また、
否定的な書き方だぞ?
上から説明だぞ?とのご指摘もあるやも知れません。

でも、どうしてもちゃんと説明したうえで、皆で工夫して
皆が明るくなれる場にしていきたいんです。
そのための苦労も学習です、子供だけでなく大人にとってもです。

話が長くなりましたが。

来る子迎える子にはなにか人関わりや集団行動での困りがあります。
前段にお伝えしたように、粘り強く、見守る、意識下に伝えていくなどしていくと
時間をかけて写真のようにはなりますが、低学年に関しては絶対的な年長との能力差が
あるのは当たり前でして「縦割りで頑張っているうちによくなるよ」と言う指導が
必ずしも子どものためにならないことが多いんです。


それで、これまでは低学年さんはお断りしないとならなったんです。
低学年組みたいなものを作り大人が専用でつかないと
苦しいのですが、ひと手や予算で対応不可能だったのです。

でも、もう何人かお断りしてきたが、その後も月に2,3人は
多い時は4,5人の低学年さん打診がきています。
つまり、軽度、グレー凸凹の子の居場所がないんです。

こちらもかなり心苦しいとずっと思っていましたが
スクールの中高生や高学年はだいぶ、発達成長しています。
この際、皆で面倒見ようよ作戦をやってみようかなと
考え始めまして、「低学年もおいで」とします。

ただし、成長発達していますと言っても、年長に根幹の困りはまだあります。
揺れます、良い学習でもあるけど試練でもあり、なんと言うか
先が読めないです。先が読めないことに対峙するのを最も怖がるのが
凸凹さんです。さあ、どうなるかな?と言うところでもあります。

人が人を作るでしたっけ?役割が人を作るだったか?





過去8年間の生徒や体験児童の住居エリアです。

無題

これは当スクールで生徒として活動した子(7割程度)
体験入学のみした子(3割程度)の総数です。
ご本人親子、学校、教育センター、市役所、医療などからの
お問い合わせまで含めると3、4倍になると推察されます。

皆、落ち着いて人関り練習やいろんなことを学びながら、先を考えられる場がみつかるといいですね。

この表は生徒たちがデータを調べ、親御さんが作表してくれたものです。
作成(2019年9月中旬)後も府中はじめ各地区から見学済みさんも予定さんも7人居ます。
10月現在、体験中の子もいます。

文科省予算案 フリースクールに通う児童への手当が織り込まれています

15693631133920.jpg 15693631775771.jpg 15693631960722.jpg
15693632719163.jpg 15693647672014.jpg

過日、各新聞一面に掲載されていましたが。

文科省の来年度の予算案の中に、公営民間含め、フリースクールに通う
児童への費用補助が織り込まれています。
残念ながら、費用の一部ではありますが、保護者さんの負担が減ることになるのは
ありがたいですし、また、所属校出席扱いであるならば、その費用面も
所属校出席扱い、つまり個人負担なしでないと法的にも人権的にも、
おかしいと言う当然の理窟に少しは近づくはずです。

ただし、ここに一抹の不安はあります。

行政サイドや社会の大半の人の認識では、依然として「子供は学校で教育を
受けるべきだ」「学校とは授業形式で教科学習をメインとするところだ」
「また、学校ならではの集団意義を児童が体で感じ成長することは大事だ」
言うものが多いのです。これ自体は決しておかしな認識ではありません。
可能ならばそうできればいいし、その中で社会性や知識は確実に育まれると
言う児童は8割9割はいるのではないでしょうか。

不登校状態にある子や親もそう考えているケースも多いと言うことも
言えるわけですね?なので、やみくもに現行の学校制度を否定する切り口を
アピールすることなどは、すくなくとも、まともなフリースクールではありえないんです。

ただ、児童の心の状態、個人的な困りの状態によっては
「学校だけが成長の場じゃないよ」「このようなやり方もあるよ」
「また学校で頑張りたくなったら戻るのもいいし、このやり方で大人に
なるまでのいろんな学習をするのもありだよ」とする方がいいお子さんも
少なからずいるわけです。(結局はかなり多かったことが判明していますが)

さて、前述したように不登校状態にある子や親。社会の感覚もですかね。
「できれば学校で主要科目の習得ができるといいな」は本音としてあります。
そうすると「フリースクールもなんでも自由ではなくて、学校形式を多く
取り入れたものの方が安心だな」と感じる人が多いのは自然なんです。

当スクールのような少数スクールでは学校を模した授業形式や教科学習等は
そんなに重きを置いていません。それらについては、今は困っている児童が弱点受容を
しながら、安心、自信を身につけていけば、いずれ自分から習得する意思を出し
行動をし始めるんです。

なので、ここでは「知り合いの半家族的なうるさい大人が児童と信頼関係をもちつつ、
ミニ集団行動力や推し量りセンスや協調我慢思考を会得させることや、
発達凸凹や心的不安の気軽なカウンセリング的な関わりを継続し、弱点受容や工夫を
一緒に考えていくこと」などをメインとしています。

その結果、大学、高校に行けているOBや接客バイトまで出来ている子なども
出ているので、困りが該当する児への教育支援方法が間違っているとは
思えません。

ですが、同じ不登校状態でも「学校は厳しいけど、それのミニ版のようなスクールなら
大丈夫」と言うお子さんも数多いわけです。

アバウトな記憶でのイメージですが
困りなく学校に行けている児童98パーセントとしたら、
授業や教科学習をフリースクールでならできる児童0,5パーセント、
それよりも協調意識や自己受容を安心して育むことが優先児童0、3パーセント、
家から出れない状況まで困っている児童1,2パーセント、
こんな感じなのかもしれません。

「なんだ不登校は2パーセントしかいないの?」とも言えませんよ。
ある地区だけにある当スクールでもすでに100人超えになっています(累計)
たぶん、全国で18万人くらいです。中学生だと1クラスに1,2人だったかな。
更に「相当心を痛めながら98パーセントの中にいる子も多い筈」ですし。

これまで国は98パーセントの子の教育をメインにしてきました(お金も)
それが来年度はその他の児童への手当てを考え出しているわけですが
さて。。。どこまでを範囲としてくるか。それが気になるわけです。





横並び恐怖も克服? 自分で作るオムレツ 夕食デー

1_20190920063012e37.jpg 15687196157070.jpg 15687105158267.jpg
15687196242441.jpg 15687196552272.jpg 15687197080955.jpg
ブログやフェイスブックは世間の人にほほえましく見えるように
する方がスクールを温かく見守ってもらえるのかと思います。

そのために往々にして、課題説明のようなことは避けておき
「良いところを伸ばしています!」と言う感じのお知らせが多くなりなります。
でも・・本当の教育支援ってどうなんだろう?
特に学校がつらい親子が読んでくれることを意識したら
課題(児童の困りの素因、社会の偏見誤解の素因など)
も説明やその克服工夫の様子も見てもらう方がいいと思うのです。

私はそんな考えで記事を投稿していますので、
時に「そこは社会には示さないで内部で相互意識してるだけがいいぞ」
「アピールしたいなら明るい雰囲気が減ると関心が弱まるよ?」
と言うご指摘もいただくこともあります。

でも・・・場は確実に明るいし、それは児童が成長しながら課題を受容して
工夫して行っている姿があるからなんです。そこを言いたいので
やはり、こうした書き方もしていきます。

先日の夕食デーでは自分で作るオムレツをやりました!
(あとは定番のうどん、すごくたくさん食べます)

各自、失敗恐怖、見られ恐怖、比較され恐怖、横並び行動恐怖なども
ありますが、明るく取り組み出来ばえや味に大満足していまいした。
これは当然、各恐怖に勝ったことにも満足した経験を得ています。

不登校になりやすい子(学校がつらい子)の多くには
上に書いたような恐怖心があります。
もちろん、子供がわがままだからとか甘えが強いからだとか
ではないんです。発達凸凹によって各種困りが生じているんです。

このため、例えば「君は全員のキュウリ、君は全員の肉焼き」なんて感じで
ひとつ作業だけを他と横並びでない、比較されない形でとりくませる方が
安心します。喜々としてやることも多いです。これも大事なことです。

でも先々を考えると・・・
そもそも児童は人好き、仲間好き、お役に立ちたい向上心あり、
なので、上記各種困りを耐える力も養いたいわけです。

スクールではそれができるようになってきたから、
外でバイトする、外の学校等で動く、外の友人関係もできる
生徒が増えているとも言えます。



プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト