FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

新しい仲間 新しい挑戦 勇気

15715678023800.jpg 15715679679283.jpg
15693631133920_20191021050818190.jpg 15715678135661.jpg

中3女子入会しました!小2女子、小1男子、小5男子体験に入りました。
仲間が増えてわくわく!ざわざわ?そわそわ?

普通のSNSではスクール運営でアピールしたいし、人を傷つたくない思いを優先したら
この辺で終わらせますが・・・・・

本当に読み取ってほしいのは何か?

仲間が増えたら嬉しいけど、変化に戸惑う
そこでアンバランスもでる。
それが子供ってものだ。

でもでも。生徒たちにはこんな時にも
自己不安を我慢して、歓迎している気持ちを優先的に
意識できる人間になってほしい。
これは平凡型(定型発達) には苦も無く出来ることですが
凸凹気味の人にはとてつもない勇気や工夫が必要です。
(来る側も迎える側も)

でも、スクールでは頑張らせます。
だって、この子たちは横並びが苦手ではあるし発想が独特な面もありつつ、
実は公平感や思いやり感は極めて純粋なんです。
もったいないんです。

勇気や工夫次第で対応していける力をもっているし、つまりは平凡型生活を
斜に構えて遠ざけなくても、そこに溶け込めるだけのスキルも持っています。
説明しにくいことなんですが、大人は勝手に子どもの限界を先回りしてはダメなんです.

学校などで苦労してきた親御さんはどうしても・・
「スクールで迷惑かけると申し訳ないからうちの子はやめさせようか?」とか
「うちのも困らせるけど、誰それはもっと特別な支援が向いているのでは?」
といろいろ考えすぎます。親なら当然です。

だけどそれは親の都合です。

生徒たちが対峙しないといけない課題からきれいに逃れたい気持ちなんです。
これは説明が難しいところなんですが・・・・子供たちはもがかないといけないんです。
スクールのようなところでは他者の課題もあるし、それに対応しきれない自己の課題も
大きいので。絶対にお互いさまだと言う信念をもっていないと各自は
改善しないんです。お互いさまとか横並びでも平穏でいられるスキルは
子どもだけでなく親も向き合うべき課題なんですよ。





スポンサーサイト



お疲れ様 中高生(高学年もだね)ひよひよ低学年をやさしく迎えていました。

15705226768840.jpg
15705227100321.jpg 15705227607302.jpg
今週から早速、ひよひよ低学年が見学にきています。

中高生、高学年生徒が居ましたが、皆がやさしく
気を使いながら、ひよひよが過ごしやすく出来ています。
10人超えのババ抜きがあんなに時間がかかるとは思わなかったが・・・・
「これなんか低学年でも分かるんじゃない?」と言う中学生。
「ゲームのやり方をそっとおしえる高校生」
「話しかけられないけど、笑顔をひよひよに見せてる小学生」


公園でドロケイ中、高校男子と中学女子がひよひよを連れて逃げて、
途中で休んでいる光景は遠くから見ると若夫婦とその幼子みたいでした


そういえば、学習読書時間、その小2ちゃんに国語と算数のドリルを
後ろで声をかけながらやらせていると、普段は「塾や家でやっているから
ここでは読書だけでいい」と言っていた2人・・・じっと見ています。

そこで年齢なりのドリルを「試しにやってみる?」と渡すと
「えー!」と言いながらちゃっかりやっています。
こうした効果もあるんですね。

まあ、縦割りの良さと言ったって。年代差、能力差、興味差は
ある訳ですから、しかも上の子たちも生徒なんですから、
「ずっとひよひよを気遣ってあげてね?」とされたら、喜びと疲れの
両方が蓄積します。そこは難しいところでもありますが。

しかし、なにしろ生徒たちは気遣いややさしさ表現のスキルが
相当に上がっていることを証明していました。
(学校批判ではないですよ?)おそらくこの部分の経験積み上げは
ある部分は学校生活をしている子よりも進んでいますね。

大変ですが、この後の見学や体験ひよひよもあります。
皆が工夫して対応していくことで、なんらかの自信になって
行くといいなと思います。

フリースクール多摩川に来た児童の住む地区は?いろいろです。

ようやく生徒たちと進めていたフリースクール多摩川に来た児童の地域分析が終わりました!

概要をお知らせします。総数は111件です。
府中52件、
八王子9、
調布6、
稲城5、
国分寺5、
小金井4、
多摩4、
日野3、
立川3、
川崎3、
それ以下で昭島、清瀬、小平、狛江、杉並、世田谷、台東区、所沢、東村山、東大和、町田、港区、武蔵野、武蔵村山、横浜の各市区から来ています。この中のすごく遠いところ2か所の児童たちも生徒になって2時間通学しました。

今回のデータはスクール生徒になった児童、または見学や体験を経験した児童のものです。電話やメールでのお問い合わせは入れていません。これを入れると倍以上?3倍?になりますが、それは感覚的なものです。まあ、平たく言うとスクールには来ていないわけですが、日々、お問い合わせは多くそれは当然、実際来る児童をはるかに上回るイメージです。

「こんなに各地から来ています」「これは何も学校制度の課題を言いたいのではなくて、児童側にあるさまざまな困りへの支援の難しさを示したいんです」「つまり、個の事情、ニーズも多様だからこそ、フリースクールのような支援場教育場も児童側が選べることは大事なんです」と示して「お金も補助して」と言いたいわけです。

当初は学校名も表示しようかと思ったんですが、フェイスブックやブログだとますい?コンプライアンス?もあるので。信頼関係が出来ている支援者さん、学校関係、行政関係に別途送りますね!

元気に、やさしく、たのもしく

15675905951600.jpg 15675906037731.jpg 15675906121572.jpg
今日は調布の小3君がひよひよ弟と一緒に体験です。公園運動や考えるゲーム、さらにはウィーなどで生徒たちと小集団行動体験しました。最近は中高生徒がバランス意識や気配り意識がぐんと伸びてきて、私は安心して任せられます。否、誉めすぎだ。任せられる時も増えました、です。今日は完璧だったのでわたしは一人、先日生徒がやってくれた「スクール利用児童の居住地区や学校分布の資料」のチェックができました!

いい出会いができて、いい場所になるといいですね

20190826_153426.jpg
今日のスクール写真を撮り忘れたので・・・
代わりに踏ん張るカンのものを・・・

カンは気が小さくて、以前は生徒が入るたびに、攻撃的に
なってしまい(軽く)噛むようなことまで。
でも、脅された子はしばらくしてすごく仲良くなっていくのです。
きっと、カンの怖がる気持ちを理解するんですね?

さて、今日は小金井から小学君見学に来て皆と楽しく過ごしています。
明日は調布から小学君が見学に来ます。

また、数日したら体験に入る子もいますよ。

お約束の先に居た生徒たちの揺れ揺れもありますが
皆、口元は笑顔寸前で「見学来るの?体験入るの?」と
こそこそ訊いてきます。大分、自分の自信だけでなくて
場所への自信もついてきてます。

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト