FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

ひとりじゃないと言う安心感?が生まれるといいな。親カフェに参加します。

20190801_145512.jpg

写真はルシーニュ5階の市民活動センタープラッツです。
こちらにスクールのポスターを一週間、掲示してもらいました。

28日には「市民の居場所つくりを立ち上げているNPOの集い会」
にもお呼び頂きまして、そこでいろんな方とお話ができました。
生徒も6人、親御さんも2人来てくれたのはうれしかったです。
特に生徒たちは自分たちの学びの場に自信を持ちだしていることが
分かるような動きが出ていると感じました。

さて、8月16日(金)ですが、知人と言うかスクールをずっと応援して
くれている大間さんが親カフェを開くそうです。
こちらに私もお呼ばれしました。

詳しくは下にリンクを貼りますが、大間さんは学習塾運営を
しながら地域の子供親含めた多くの人の支援、
また全国規模のボランティア活動をやっている方です。

当方のスクール親御さんも参加可能ですので
知り合いを増やし情報共有するのもいいと思います。

以下、リンクです。
親カフェ
↑押してください。
スポンサーサイト

夏休み前イベント ボーリングに行ってきます(火曜日不在です)

15629255530870 (1)

連休明け16日(火)はボーリングに行ってきます。
(卓球もするかも)

来週から夏休みに入りますので、この日は盛り上げって
仲間感覚を更に高めましょう!

この写真は前回の時のものです。
今回は誰がピン男になりたがるかな。

水曜には中1女子が見学に来てくれそうです。
これも期待と不安?はある、でも実は皆、ウエルカムと思っています。







新人対応もしつつ多人数の夕食デー

15619712686821.jpg 15619714310139.jpg
15619713569486.jpg 15619713697617.jpg

今日は比較的新しめの小4君、小6君、中1ちゃんも参加
にぎやかに夕食デーができました。

毎回説明していますが・・・・
多人数で仕事を分け合うのは大変です。
特にまだ新しい子への適度な気遣いに悩むのは
大人でもよくあること。

しかし高校生を中心に、小中生徒までが。
適度に仕事を分け合うとか、年下にやらせてみるとか、
新しめの子に話しかけてみるとか、
裏方的なことをやって皆の仕事の進み具合を見守るとか、
そんなスキルも相当にできています。

ぶっちゃけて言ってしまいますが
これが社会に出る頃、学力よりも貴重となるスキルなんです。

新しい仲間と夕食デー

burogu1_20190605080729fb0.jpg 15595554376420.jpg 15595554654903.jpg
15595555111408.jpg 15595555774594.jpg burogu2_201906050807319f7.jpg

3日月曜日は夕食デーでした。風邪のため少し人数が少なめでしたが
体験中の小6君、小4君も先輩たちのフォローを受けつつ
「生まれて初めての?調理」を経験していました!

昨日は小2君、今日は小4君が見学に来てくれます。
(これ、どんな場の児童でも同じですが)
訪れる子が増えると空気が変化しますので
嬉しさと緊張、誰もが多少は感じます。

多少はと書きましたが、人によっては疲れにまでつながります。
それでも嬉しさの方が勝っているのは、自身の社会性や自己肯定が
伸びているからなんじゃないかと思います。

体験児童も2人参加します。そうめんと豚肉の夕食デー

無題 38b3847d90eef103e25e4afbecc79de3.jpg

3日、月曜は・・夕食デーです。

こんなにきれいな器でなくて、スクールらしく?鍋の中に氷を入れてドカーン!
後は豚肉、オクラ、ナス焼き、キュウリ、しょうがなどを具にしようかなと思います。
(まあ内容を考え、生徒たちと一緒に作るのは女子スタッフたちですが 

体験中の小6君、小4君も参加します。
はじめての分担作業にトライします。

実は3,4人でできる内容をを倍以上の人が分担するのは大変でして、
だけど、そのような中で先輩が新人に仕事をシェアさせようとしたり
まったりと会話をして場にいることを気楽にさせたりと
最近はとても成長しているわけです。
潜在的に社会性があるからこそ、伸びてくるのです。

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト