府中(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市住吉町1-60-10。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

それぞれの春を。良き先生や応援者の気持

IMG_20170321_200527.jpg 保護者さんに頂いた写真です。
 府中〇中で写したものです。
 ぼかし方が稚拙ですが、私は
 生徒の表情に感無量です。
 小学生のときにスクール
 に来て長い付き合いです。
 
 この子はずっとスクールに
 通っていますが、その間、
小学校や中学校の先生方がとても子供を大事に思ってくれました。
どこに所属するかなどはこだわらずに、親御さんや私たちと 連携しながら、いろんな工夫をして生徒を支援し続けてくれました。
もちろん、学校の先生に限った事ではないですが、子供を大事にする大人の行動と言うものはその思いのエネルギー化であったり
我慢強さであったり、何かとすごいものがにじみ出ます。

同じように長い付き合いの女子も、いろんな先生や支援者に見守られながら、25日に府中〇小でひとり卒業式をしてもらいました。また、この子が進む府中〇中では、入学式やその後の学校生活について子供に親身に説明してくれたそうです。

この〇中も保護者、スクールとずっといろいろな連携が出来ている学校のひとつです。
現在高校生活を満喫している子がスクールに通っていたころにやはり先生方がいい支援をしてくれて子供が成長出来ました、他に今スクールに居る子についても当方とやりとりしながら、いろんな支援をしてくれています。

今回の生徒の様子や先生方のご支援の気持ち、生徒の成長はぜひ、親の会ブログを見てください。
ミニ卒業式、ここをクリック
 
春、うちの子もそうですが、スクールの子も、他に縁ある子も、人生の節目になる経験をしていきます。
今回のように支援してくれる人のおかげできっちり報告できるような形になったものもあれば、形はいろいろでも、その寄り添ってくれた人の思いをどこかで子供が感知できたことで、大きななにかを得られたことも少なくないです。登校するかどうかとか、所属はどかかはあまり関係ないんです。枠とは別次元で子供に気持ちを持てる人、この支援を感知できたことの意味は大人になる過程で生きてきますよね。校長先生の多くにも(絶対そうは言わないけど)上に書いた気持ちが見える気がします。
スポンサーサイト

「表情や態度がすごく明るいだろ?意味があるんだと思うよ」と担任に話してくれている校長先生

NCM_3657.jpg 今日は体験参加中の
 小3君と、週に1、2
 度来る小3生徒も
 いましてスクールは
 にぎやか。

 そんな中、ある生徒
 の属する中学から
 校長と担任が来て
 くれました。
 
 生徒のスクール活動
 を学校の出席扱いに
 するためにです。


(たまに登校もしているので、それ以外のスクールに居る日分)です。
もちろん、生徒とのつながりを 絶やさないようにして、信頼関係も維持していたいと強く思ってらっしゃることもあるでしょう。

こちらからは運動、学習、協調活動を通して、生徒がいかに成長してきたかを説明、また特に中学年代からは、夜の時間帯、これはパンフレットでは表しにくいけど、スクールでは最重要項目だ、つまり同年代、先輩、大人との個人話の重要性、ここに尽きる、それが彼の言動を成長させているともお伝えしました。

実はこの校長先生は以前、別の中学を担当していましたが、そこでも当スクール生徒がおり(現在は高校通学中で、たまに夜、スクールに息抜きにくる子)当時、出席扱い判断をしてくれています。

なので、ここの事はよくご存じでもあり、今回は自分のクラス生徒を見る担任の先生に「ほらね?彼の表情や態度がすごく明るいだろ?学校と違うだろ?意味があるんだと思うよ」と話してくれていました。担任先生も「本当ですねえ。まったく違います。仲間や目下の世話役にもなっている風情ですね」と納得しています。 また(写真の)予定告知を見ながら「こうしていろんなことに関わりながら、ああいう風に動けるようになってきたんでしょうね?」と頷いていました。「まさしくその通りです。それが増してくると、学校でもある程度のことができる、あるいはそこにこだわらくても、つながりは感じ、自分で新たなことを見始める余裕や自信もでてくるんだと思います」とお伝えしました。

こうして、理解と支援の気持ちの強い先生方がいると、生徒は安心です。
(子供はもがく悩む困るけど、支援の受け方が安定すると先々、それ意味あることになります)

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
 
 

理解ある校長先生。子どもが大事だと顔に書いてありました。

NCM_3375_2016041400433322a.jpg スクール生徒の1人は
 4月から中学生になりました。
 小学校ではスクールの活動を
 出席扱いとしてもらっていましたが
 中学ではどうなのかなと思っていたら
 校長先生がすぐに生徒に会いにきて
 くれました。
 (エリアはお隣の市です)


 中学は不登校状態の子はかなりいます、校長もいくつもの事例?は知っていますし
 その子達によりよい支援、教育を常に考えているわけです。
 
 そんな校長は今日、その生徒に会い、周りの子と会い、私達と話し、
 帰るときには「安心しました。出席扱です。今後は協力して子どもを応援しましょう」
 と話してくれました。

 子どもの様子、皆との関わり方、その子の校長への挨拶の仕方を見て・・・
 ここは「遊びや運動、間接的な知識アップ刺激がメインだが、その中で対人スキルや処世感覚を得ることが出来始める場。 そのうち本人が必要と思えば教科学習も自発的に。」 どれも大事にしているし、子供も徐々に意識を広げていくものだ。そのような事は経験値の高い、子ども大事意識の強い校長先生なので、すぐ感知してもらえたのだと思いました。(すみません偉そうに)
 

府中だけでなく、7つの市区で出席扱いの実績を得ることが出来ています。
もちろん、立場的な事もある現在の教育指針もある中で、「建て前より、今の子どもの心や可能性を重視した考え」が各校長のベースになっているんだろうと思います。そこはとても嬉しく思っています。

直近の子どもの行動やその扱いがどうなるかは本当はさして問題でなく、こうして応援支援された経験が(今は意識してなくても)先々生徒の生活財産になることは間違いないです。だから、何年か復学進学がすっきりしなくても、そのまま青年期を経過しても、その子達はそうそう社会に出て困らない場合もある、そう言えるんですが、あまり言いすぎると話がごちゃごちゃになりますね?

どんな形であれ「認められている」事を伝えてくれる人がいる環境が貴重なんですね!

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
    

子どもの気持ち優先、先々を柔軟に見てくれる校長(生徒はしっかり感じています)

IMG_20160203_023801.jpg 国会に出すフリースクール等の
 学び場としての位置づけ、
 保護者への補助制度などに
 関わる法案、これが議論されている中、

 どうも大テレビ局が先走ってしまい、
 根拠がないことや未決定項目が
 最終決定のように
 報道されたようです。

 うーん・


 まあ、これはさておきまして・・・・。
 今日は生徒が所属する学校の校長が見に来てくれました。
 駅で5個分を自転車での来訪でした!元気ですね

 関連会議で一度お目にかかっていたのですが、改めて感じたのは
 とても気さくな方で、また子ども優先に物事を見ておられる、同時に
 全体感や相対感、先々感覚の不可欠さも、よくお考えになって
 おられる方だと思いました。

 校長は自分の生徒を中心に全児童に話しかけています。
 各自があるいは私たちが、スクールでの過ごし方や考えや
 状況を説明しました。(高校受験するとか、通級行ってあとは
 スクールで過ごしてるとか、教科学習もやっているとか
 今はしてないとか、友ができたとか何が楽しいとか)

 割と皆しっかり答えています。なぜだか分かりますか?
 嬉しいからです。(多少引きつっている子もいましたが)
 校長が自分たちを見守ってくれていると感じたからです。

 
 校長は生徒に「ここでいろんな意味での学びを体験できるね」
 「明るくなったね」「学校はここでいろんな学びをする君を出席扱いにするよ」
 「学校でも過ごしたくなったらいつでもおいで」と話してくれました。
 また学校長認証が必要な「スクールの通学定期」申請手続きも約束してくれました。

 スクールではこのような体験をきっかけに復学する子も結構います。
 先々(例えば高校とか)学校に身をおくことを意識する子もいます。
 逆に今の自分を認めてもらえたことでここでいろんな挑戦をして、独自の成長の仕方を
 考える子もたくさん居ます。どれが正解かは誰にも分かりませんが、なんでしょう。
 安心、情緒、判断力、自己分析力、人との関わり力が、育まれて行ければ
 形はなんでも平気なんだろうと思っています。人は未来を見ることを糧にします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
   


 

残念な内申書(現在の教育システム)

今回はとても残念に感じた事を書きます。

登場する先生や学校を批難するものではありません。
現在の教育システムの限界を感じた気もするし、同時にある部分ではそれも
社会ルール上、仕方ないのかなとも感じたことです。

私の思い込みや勘違いもあるかもしれません。
だけど、私の周りの人間は「残念だ」と思ったことは事実です。
「中学の途中から不登校だったが、なんとか試験だけは全部、別室で受けた。」
「必要以上に集団管理がきつくない高校を選び、また登校にトライしたい」

そんな子どもの気持ちを支援する方法が、画一化されたものしかない?
それには限界がある?うーん。

重複しますが、先生方はそれぞれいろいろな工夫対応をしてくれました。
それでもこうなったのは何故なのか?今後はどうしていけばいいのか?
などなど皆さんにも考えてほしいので、(ブログは日記でもありますので)
ここに経緯を書きます。

普段、懇意にしてくれている(うちの生徒の)学校長、教師、教育センター、議員、
フリースクール、行政、マスコミ、一般支援者、保護者にもお伝えして、
皆さんの知るいろんなケースを情報提供していただきたい、
皆で考えたいと思った次第です。特に現在、中1,2、小学生の生徒にはすぐ
に直面する課題でもありますし、また、すべてのフリースクール等に通う
不登校児童の進路の可能性に係ることだと思うんです。
(必ずしも既存の学校に通う事がベストではなく児童が選べることが、
その選べる状態にしてあげる支援が必要)

では経緯です。
A君中3男子。
中2半ばから不登校となる。
フリースクール多摩川に入会。通信型、通学型、一般高、専門校など、
自分の性格に合ういろんな形を視野に入れながらも高校は行きたいと思い、
スクールで学習はしていた。
中2後期、スクールは所属校の校長先生、教師方と話し合いを重ね、
ほとんどの生徒が出席扱いである旨、理解を求める。
同時に本人や親御さんも学校と相談を重ねてきて、晴れてスクールでの活動を
出席扱いにしていただく。特に担任先生は常に親身になってくれています。
また、高校受験に際しての内申書も考慮、本人が強く望み、定期試験は別室で
受けるような対応をしてもらえることになる。

この際、音楽美術技術体育は通常授業での成果評価科目なので
なんらかの特別な策をお願いするも、現行では無理とのこと。
(何らかのと言うのは例えば、通常授業で課した作品をスクールや家でやって
提出して評価を受けると言うものです。体育ならば時間外に体力テストとか?)

さて、中3後期、志望校も決まった。内申書も必要な高校だ。
この子はスクール終了後に個別学習塾にも行きだし、学力点は合格ラインに
持っていきました。あとは内申に最低点の1がなければOKだ!

結果がでました。美術と音楽が1です。
確か筆記試験だか宿題だかは出していたんだけどなあ。
しかもこの子まだ通学出きていた中1では絵が得意で
3か4もらっていた筈なのに・・
同じような実技科目でも体育と技術は2です。


どうしてなの?どんなに成績が悪くても出席してれば2じゃないの?
スクールの活動をもって教育とみなした学校が出席扱いしてくれたのに?
そもそも教育って自分の範疇にあるときだけ係るものなんでしょうか
子どもの未来のためにあるもの、その過程にある大人なんて肥しで
いいんじゃないかなあ・・・


と興奮して書きましたが、確かに角度をいろいろ動かしてみると
この結果はおかしくない部分もある。これは個々の人の問題では
なくてシステムの問題です。

特に人とのかかわりで「大人のお約束」「俗社会のお約束」がつらい子に
とっては厳しいシステムあると同時にそのシステムは(つまらなくても)
現実社会では役立ってもいます。それは「なんでもかんでも特例はまずい」と
言うことも表している訳です。ここは難しいですねえ。

ひとつだけ言えることはこの生徒は先々、大丈夫です。
最近は高校通学を意識して中学で過ごすトライも始めています。
たまの学校ではひたすら我慢、黙って過ごしつつ、かたや日々
學校外でバイタリティーある生活、これをおおらかにやっています。
その経験は何かに出ますので、結果、スクールでは慕われ度1位です。
今は本人の落込み度はすさまじいけど、どんな形かはわからないけど
きっといい未来で過ごします。我々もずっと一緒にいたいです。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト