FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

イギリスBBCで紹介?してもらいました!

日ごろお世話になっている府中市市民活動センターの、仲の良い若者職員さんが
BBCで多摩川が出ていますよ?と教えてくれました。

担当のアレッシア記者、3回も取材したのに記事(放送)のことは全然
教えてくれていなかったんですね。(笑)

まあいいです。他の国の人にも知ってほしい。
日本の横並び優先の弊害を。なんなら英国からの支援金歓迎です。

下記が記事です。。

BBCの記事です
スポンサーサイト



冬休み中です。ネットでラジオフチューズさんの当スクールの過去放送が聴けるようになりました。

ラジオ放送内容です

スクールは冬休み中です。

新年は8日からスタートします!

上のポチでラジオフチューズさんに放送して頂いた、当スクールの
内容を聴けます(私はかなり恥ずかしい)

府中市市民活動センタープラッツさんが知らせてくれました。

今年は生徒だけでなく、新しい応援者さん、仲間も増えてきて
来年は生徒たちにはさらに楽しく成長できる場になるといいなと
願っています。

地元FM ラジフチューズオーズさんに紹介放送して頂きました

ラジオ

夏には生徒や保護者さん皆で協力して、各方面へのスクール紹介データを
まとめてもらい、その効果で生徒が増えてきています。
市民活動センターや市、学校などとも今まで以上のつながりもできて来ています。

また、ここに来て、地元のラジオ局さんもスクールを取材していただけまして
私も緊張しながらしゃべらせてもらいました。

うっかり、放送前のアピールを失念していましたが、後からでも
聴けるそうですので、ぜひお願いします。

東京都フルースクール等ネットワーク設立 記者会見と記事 (当スクールも発起人です)

無題
以下日経新聞記事です。
フリースクール多摩川も連盟参加しており、私も発起人となっています。お金!が欲しいです。
(利用者負担0、支援スタッフ増や施設の拡充)

https://www.facebook.com/tokyocs/videos/563692311030976/

多様な学び充実へ 東京のフリースクールなど連携
社会・くらし
2019/11/12 8:59

増え続ける不登校児の受け皿となる学校外の学びの場の充実を目指し、東京都内でフリースクールなどを運営する11団体が12日までに連携組織を発足させた。都に補助金制度の創設を求めるほか不登校の子どもの保護者支援、学校外の学びの普及・啓発活動などを展開していく予定だ。

連携組織の設立について記者会見するNPO法人「東京シューレ」の奥地圭子理事長(左)と、「東京コミュニティスクール」の久保一之理事長(11日、東京都内)
画像の拡大
連携組織の設立について記者会見するNPO法人「東京シューレ」の奥地圭子理事長(左)と、「東京コミュニティスクール」の久保一之理事長(11日、東京都内)

組織の名称は「東京都フリースクール等ネットワーク」。フリースクールを運営するNPO法人「東京シューレ」の奥地圭子理事長と、「東京コミュニティスクール」の久保一之理事長が代表発起人を務める。

11日、都内で記者会見した奥地氏は「学校外の学びの場を前向きに検討する父母は増えているが、公的支援がないため金銭的な負担が壁になっている」と指摘。久保氏は「公教育とフリースクールなどが一体となって課題を解決していくべきだ」と話した。

文部科学省の調査によると、東京都内の不登校の小中学生は2018年度に国公私立の合計で1万5629人と前年度比18%増えた。全国でも16万4528人と6年連続で増えている。

ネットワークはフリースクールのほか、特定の教育思想に基づく学びを実践するオルタナティブスクール、家庭を学習拠点とするホームスクールを推進する団体などで構成する。





何と言っても保護者負担を減らすこと、管理費を獲得することなんですが・・

このたび下記の形で、東京都の多様な学びを実践する民間施設のネットワークが成立しました。
これをマスコミや一般の皆様に広めていくことで都および国に、しっかりと子どもの学びの
保証を実現してほしいと言うものです。

各現場では「法的に学校と同等でも、保護者さんや運営側のお金で運営しているのは
おかしいのでは?」「多様な学び場の質的な確保には自前財源だけでは・・・・」
これらが悩みです。この実態を知ってほしいですね?


東京都フリースクール等ネットワーク設立集会

★多様な学びを推進する★東京都と連携する★フリースクール等団体・保護者が協働する
発起人代表
特定非営利活動法人東京シューレ 理事長 奥地圭子
特定非営利活動法人東京コミュニティスクール 理事長 久保一之

(当然、NPO法人フリースクール多摩川吉川も発起人です)

【設立趣旨】  2017年より「普通教育機会確保法」が施行され、これまで学校復帰前提の不登校政策が変化、
学校外の学びの重要性が認められ、公民連携も進みつつあり、東京都も公民連携のあり方についての検討会議をスタートさせようとしています。東京都フリースクール等ネットワークは、この機にあたり、すでに学校外で学んでいる子どもだけではなく、何らかの理由により学校外で学ぶという選択肢を取ることができずにいる子どものために、従来なかなか進まなかった学校外で学ぶことへの公的支援と社会的認知向上をめざし、都内を拠点に活動する民間団体や保護者がつながり、都とも連携していく基盤となるために設立することといたしました。
【活動内容】
(1) 東京都内のフリースクール等や保護者のネットワーク会議をすること。
(2) 行政との連携を図るために、行政及び関係機関と対話を行うこと。
(3) 学校外における多様な学びの普及啓発活動を行うこと。

【日時】2019年11月5日(火)19〜21時

【会場】東京コミュニティスクール(東京都中野区中野1-62-10 Tel.03-5989-1869)
【交通】JR中央・総武線・東京メトロ東西線「中野駅」南口 徒歩9分
【申込】参加希望の方は○○○○まで、
事前にご連絡ください。
□□□@□□□.jp  Tel. 03-XXXX-XXXX
※当日参加も可。

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト