府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

いいエリアだなあ

購入したもの、ご寄付いただいたものが搬送されて来ます。

嬉々として家に入れますが、すぐにでんやわんやにもなっています。

早く整理したいと思いつつ、「ホームページは?ポスターは?ちらしは?内装は?」

あれもこれも・・・。と気ばかり焦る。


そんな最中、ふとお隣の家を見ると空き家状態で掃除業者さんが作業しています。

大家さんが「こんど障害者支援のNPOが来るのよ。仲良くやっていきなさいね?」

と教えてくれました。教育、福祉に理解のある大家さんなので我々も受け入れて

いただけたのですが、お向かいも障害者支援の活動をしていらっしゃいます。

どちらも実績があり、かなり有名な団体です。(名前を出していいかまだ訊いていない。)


それぞれ種類は違いますが、教育、福祉の関連団体が集まったわけです。

来てくれる人が安心できる、ゆったりしたエリアになります。

お互いに協力し合えれば、何かいいものが生まれるかな?

行政との関係もいい作用があるかな?など密かに期待しています。


応援していてください。
スポンサーサイト

急ピッチ!

無駄遣いをしないで効率よく、急いで開設準備をしよう!

盛り上がった皆ですが、ニトリやPCデポの混雑した中で

ああでもない、こうでもないともめているうち夕方になります。

やれやれ。

それでも印刷機とラミネーターが準備できました。

早く、電車の窓や府中住吉図書館の窓から見えるように名前を出そう!

見つけた人、見学に来てください!

看板

スクール看板

今日はパソコン、電話、印刷機、テレビ、レンジ、掃除機

本棚などを一気に買いました。


小中学生の基礎学習に役立ちそうな本、マンガ、スタッフの勉強になりそうな本なども

数十冊買いました。(本はお金かかりますねえ?)


まだまだ、テーブル、勉強室アンド読書室の机、野菜プランター、トイレ用品などなど


どんどん必要なものが思い浮かびます。


配送を頼んだものも多いのですが、はっと気付いたら表札がない!

とりあえず、100円ショップのコルクボードを貼り付けました。

今後、しっかりしたものを作って電車からも図書館からも

見えるようにしていきます!



応援してくれる人、見てみたいな、会員になりたいなと感じてくれる人

何かいいものあったら、ぜひお願いします。

開設場所です!

闕ウ・ュ雎撰スウ陷エ貊ゑスシ轤ケconvert_20120520111741_convert_20120520141042

水浴び

開設場所は京王線の中河原駅、徒歩3分です。

中河原は分倍河原の1駅隣、府中からは2つ、調布からは6つ、

反対は聖蹟桜ヶ丘が1駅隣、八王子からもそんなに遠くはないです。

DSCF0364_convert_20120520140338.jpg

駅前ライフを超えて小さな商店街を30メートルです。

そこに松月堂さんと言う和菓子店があり、角を右に20メートル。

角からは「手打ちそばけやき」の看板が見えています。

そのお蕎麦屋さんの目の前で「フリースクール多摩川」を開設します。

なんとか6月初旬には受け入れ態勢をと思っています。

5月25日より準備のためそこに通い始めます。

見に来てくださる方、ブログコメントでお知らせいただくか

暫定的ですがフリースクール多摩川のアドレスを作りましたので

メールしてください。freeschooltamagawa12@yahoo.co.jpです。

追って連絡いたします。

よろしくお願いします!


DSCF0351_convert_20120520021830[1]

準備開始!そしてありがたいご好意も

開設場所も決まり、皆であれこれ準備を思案中です。

そんな中、嬉しい知らせが届きました。


お借りする事にならなかった飛田給の貸家ですが、当初から

その大家さんは私たちの考えに大変、賛同してくれていました。


そして先日、なんと「パソコンとPS2,3ゲームを寄付したい」と

連絡して来てくれました。


こうして、旧知の人たち、新たに出会う人たちと心でつながっていくこと

その輪が広まることに喜びを感じます。


ブログを見てくれている人や会員(児童や若者)になろうかな?と考えている人など


皆がその輪に入れるといいですね?


矛盾しているようですが、皆さんがその輪の中に居るときは


「気楽に自然に。感謝や意義をことさらに表す必要はない。」


そうなっていくといいなと思います。


(私が感謝や意義などを社会に語る役ですね?)


フリースクール場所は府中市!

スクール開設場所を府中市、中河原駅徒歩3分の場所に変更することになります。


とてもいいところがありました!!


多摩川はもちろん近いし、隣には公園と府中市の施設(図書館や文化センター)。


今日は集中的に本読みや勉強したい、なんて時には図書館があるのです。


また我々もピンチの時に駆け込んで調べられます。

(恥ずかしながら指導側も悩むことあります。)



一軒家で日当たり良し。野菜栽培もできそうですので夏の収穫が楽しみです。


これで京王線の人も南武線の人も来やすくなると思います。


詳しくは次のブログで。

情けない。でも自分らしい?

毎日、朝にわんこ散歩に行きます。今日は寝坊して昼前になりました。

「遅いなあ、早くしろ」と変な声をあげるわんこに「お待たせ!」と玄関を開けました。

我が家は典型的な郊外住宅地です。家の前は住人の車しか通りません。

わんこは飛び出して、まずは家前の道を匂いチェック。(よそ者のオシッコがないか)

その時、家の前にタクシーがすっと着きました。

着きましたと言っても家の反対側の壁に停めた感じ。

そしてなんと出てきた運転手は壁に放尿しています。(私たちから5メートルの位置)


どうやらまったく私たちに気付いていない。

「おい!俺とわんこが居るんだぞ」「家にかけているわけではないが家の前だぞ?」

と言いたいのですが「・・・」になってしまいました。

結局、そのタクシーは去りました。


いったい私はどうなったのでしょう?「びびった」「あぜんとした」

「こちらが恥ずかしくなった」「固まった」「現実を把握するのが嫌になった」

「運転手が気の毒になった」


全部かも知れませんが分かりません。だから忘れることにして散歩に出ました。


でも忘れていないからここに書いています。


いい年したおっさんでこうなんですから、人が人の行動を分析するのはむずかしい。

ましてや、自分への言い訳や屁理屈の妙技を持たない子どもや若者は、

自分の言動を「ある種の分析好きな大人」にひとくくりに表現されたらとても嫌でしょうね

無理せず居られる場所

下の子(小4)と近所のダイエーに行きました。ゴールデンウイークで大混雑でした。

その最上階にゲームセンターと100円幼児遊具場が併設するスペースがあります。


遊具はデパート屋上並みには充実しておらず、ゲームセンター部分もナムコやラウンド1

みたいにきらびやかでも広くもない。たぶん面積は30分の1。

関係者には申し訳けないですが、そのダサさに親子ではまります。


うちの子どもは我が強い割りにそれを表現することが苦手です。

メジャーなゲームセンター(もしくは大規模なそれ)に行くとお金を握り締めて

うろついているだけです。好きな機種があっても見られているとやりません。

並ぶなんてありえません。興味がないようにします。

あげくには「ゲームセンター好きじゃない」と言います。


でもダイエーに行くと何時間も居ます。

好きなゲームが混んでいたら並びます。周りの子が見ていても平気です。

知らない子と話したりすることもありました。



帰りに「ゲームは楽しい」と言います。ゲーム機器は変わらないのに。。。。

ダサい場所だから気が張らない?来ている人種の雰囲気?


なんでしょうね?でも大人の私もこっちのほうがいいです。性格もあるんでしょうけど。


大人と言えば、ママたちの子連れ公園も同じかも知れませんね?

すごく悩んでいるママも居ますよね。


なにしろ、子どもが自分らしく居られるのは大事なことですね!

と言いつつ「自分のほうが帰りたがらない」と妻に叱られている私です。

偏見 建前と本音のむずかしさ

不登校や引きこもりになっている状態の児童や若者に対して、ものすごく攻撃的な人が
居ます。「甘えている、親が悪い」と言ったニュアンスを含ませて」・・・・。


学校で規律や規範からずれた行動をする子ども、規則に即対応しれない児童に攻撃的な人が居ます。


児童養護施設で暮らす子に常識がなく、人格形成の基礎が欠落してると言う人も居ます。


私とて「どうしてそうなるの?」と冷や汗で児童達を見ていたこともあった気がします。


でも、いつも個々の児童と触れると「その人の良さ、純朴さ」にはっとして思い直します。


一部の人や一部マスコミがそれを無視して「本当の厳しさ」と別次元で、
単なる負の現象と表するのは腹立たしい限りです。


大人ならば、そこをしっかり見ることは義務なのではないかと思っています。



偽善に聞こえるかも知れませんが、個々の児童、若者と触れ合えば分かる人も多いでしょう。


誤解のないように言うと「規範や規律内に留まるためのエネルギー」も相当なものです。

そう言う意味ではいわゆる「普通に留まっている」ことで精一杯で、だから

分かっているけど手を差し伸べる行為までは出来ないと言うジレンマを持っている人を

責めることなど出来ないです。


「私はここまで矛盾や憤りを胸にしまみ、必死で枠からはみ出ないようしてきたんだぞ?」

と言われるのも仕方ない面もあるでしょう。


むずかしいです。

ありがたい!

人生ゲームを下さるとお申し出が!
ウイーの本体とソフトを下さるとありがたいお申し出が!!


、更にNPO法人フリースクール全国ネットワークの松島さまから

私物の暖房器具を提供して下さると連絡が入りました。


ありがたいなあと感激しています。



がんばるぞ!

ちゃんと主役である生徒会員が来て使えるようにするぞ!

ふうむ 

NEC_0241.jpg
今日はグループホーム(児童養護施設)の仕事日で夜遅くに帰宅しました。

ホームの児童たち。
「やるせない気持ちを閉じ込めて健気に生活する」
言葉にするのは簡単です。

たまには爆発したりいじけて変なことしても仕方ないよなあ。

同じ環境でも我慢している子もいる?ううむ!



さて、ブログに頂いたコメントににんまり。

お礼や返信、これでいいのかな?と思いながら入力しました。
ご縁ができること、同じ意識を伝えてくれる人が増えることを夢想します。


ところで、このブログ下段の広告はなんでしょう?私が載せた?ううむ。


パソコンに向かっている時ふと私の寝床部屋を見ると!?
家の2匹のうち1才のほうのピーが私のふとんに穴を開けて綿をたくさん出してしまい、
部屋は雪景色です。奴は満足そうです。笑っているように見えます。

掃除してふとんを替えたら真ん中を確保しています。ううむ。


疲れたから寝ます。

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト