府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

母親って・・・

見学の方が来て下さるようになって来ました。

スクールの若手は満面の笑みで「またチラシを配りに行こう」と

意気盛んです。

自分が代表者なのに「皆が喜んでいるのは微笑ましいなあ」とまるで

外から彼らを見ている親のように、感動したりして「いかん!」と自重しています。


私は11年前、サラリーマン時代に「児童養護、児童福祉」のことを考え出しました。

そこからは、どんどん自分が児童関連に係わる生活に移行しました。



「何故?」と訊かれていつもはっきりした答えがない。

もちろん「児童のため」とはしっかり答えられるが、同時にそれとは

別の感覚も持っている気がする。

最近、分かったのは「母親」に対する思いが強く作用しているのではと言う事。

私はたぶん「マザコン」ですが、それはそれとして。


どの子にも母への思いがあり、また母は子に思いがあります。

もちろん運悪く一緒に居られない母子もある、悩みながらくっついたり離れたり

している母子もある、それぞれ、形はいろいろだけど思いは見えます。


私の場合には、ある年代になるまで気が付けなかった?

私はたぶん、そこを応援したいと思っているのかなと考えています。


偉そうに言ってしまいました。うまく言えないし、恥ずかしいですね?

スポンサーサイト

今更種まき?

プランタ-
準備やチラシ配りに追われ、うっかりプランター用意を

忘れていました!

本当はベランダ、庭に野菜が並ぶはずだったのに

「仕方ない。のんびりやろう」と皆に話していましたが

外出から戻ると、すでにS君がベランダのプランタに土を入れ

ラディッシュ、オクラ、枝豆の種を植えてくれていました。

夏には食べられるのかなと期待しています。


誰か庭にも何か植えてほしいなあ。




コミック増えました

勉強部屋

まだまださみしい本棚ですが、歴史、図鑑、クイズなどがほんの少し増えました。

グーンと増えたのはコミックです。ポケモンやドラえもんだけでは・・・

と言う苦情を受けまして、海猿、バクマン、地球へ、フルーツバスケット

大きく振りかぶって、亀有派出所、動物のおしゃべり、計70冊

それでもまだブーイングはありますが、また仕入れます。

ご期待ください。

それから、レゴも少し入りました。

誰の猫?

中河原黒猫

この子は我が家のワカメではありません。

心優しい、スクールの大家さんが野良を三匹、避妊手術もしてやり

餌もあげています。

このクロちゃん、少し警戒しながらもよくこちらを覗きに来ます。

スクールのスタッフは皆、動物(猫、犬)と暮らしています。


クロちゃんも私たちの性格を感じてくれたのかな?


ところで、我が家のわんこピーは家ではわかめと甘嚙みしあうほど仲良し。

もし連れて来るとクロをわかめだと思い、じゃれようと近付き

猫パンチを浴びるでしょうね?

気丈に向き合う先生たち

タイトル文がおかしいですね。

少し重い話なので先にスクール進捗状況です。

おもちゃ置き場
これは一階の「遊びの間」まだ物足りないですが、小学生から青年まで
やれるものを集めています!

ちなみにダーツの貼り紙には私の出した最高点92の自慢。
これを破るといいことありかも?

(まだ生徒会員が小4一人しかいないので当分破られないだろう


さてタイトルの件ですが

フリースクールスタッフに教師志望の人、元教師の人、兄妹が教師の人がいます。

この人たちによくよく考えてくれと言っていることです。


私自身は教員資格を持っていませんが、育児、学童保育、児童養護を通して

いろんな先生に会います。どの学校でも私の好きな先生たちが出来ます。


私の仕事でも「公平な愛情や導き」と「個々の特性に応じた愛情、導き」

それらを規律と時間の中でやりきれない苦しみがあります。

(公平とは?と話し出すと際限なくなりますね?)


私の大好きな先生たちは学校でそこに立ち向かっています。

表現ややり方はいろいろですが、始終、自分の児童すべてを気にしています。


それでも制度、行政など足かせがあります。

だから私たちの活動を賛成してくれるし、フリースクール全国ネットでの

研修に参加する先生も居るのでしょうね?


私たちはフリースクールの意義を話すとき、学校批判のようなトーンに

なりがちです。でもシステムそのものに物言いをつけているだけです。

うまく先生方と協力して児童にとってよりよい育みになればと願っています。

わんこ保育園 疲れたのは? 

土曜はわんこ保育園でレクチャーと練習、日曜は先生が家に来てくれて

スティンピーの訓練でした。散歩中に引っ張らないこと、吠えないことが目標。

普段、きつね犬のカンと一緒だとすぐにテンションが上がってしまうことも

大きな問題でしたが、あえて一緒に散歩させようとなりました。

結果は・・・・先生への信頼度が高いのか、雰囲気にびびったのか


よく分からないのですが、スティンピーは我々が唖然とするくらいいい子。

先生も喜んでいましたが、カンまで大人しかったです。

(少し不思議そうな顔はしていましたね


興味深いのは子どもです。

レッスン中は大人しく、終わってからカンとピーと静かに寝ています。

学校やレッスンの雰囲気がやや苦手な子、わんこたちと共に

頑張った気分かな?何を感じたのかな?


NEC_0301.jpg

おばさんの舌打ち

昼に郵便局で振り込みをしました。

現金持参で行ったら「機械のほうが得」とアドバイスされ

「一度、口座に入金してから振り込み、どちらも機械でOK」と

教わり、無事完了。後ろはおばさん一人。


お金を引き出すよりは時間がかかったので、振り返って

会釈しようと思った瞬間に「ちっ!」と舌打ちされて

しかもその人は目を合わさず機械へ進んでしまいました。


ムカっとするよりも悲しい、情けない気持ちが。

私はしばし立ちすくみ、(例によって何も出来ず)出ていきました。


大人なのに「ちっ」で無視かあ。厳しいなあ。

ギター揃ったぞ!!

NEC_0320.jpg
皆さんのご厚意でギターが3本になりました。

真ん中はミニギターです。小学生でもいけます。

みんなの超初心者講座に使えます!

健康管理?

NEC_0246.jpg
犬が好きな猫、わかめの目の前から写していますので、
わかりにくいですね。本当は奥から順に大きいです。


真ん中に居るのがスティンピーです。
先の東日本震災からの引き取りをしました。


すくすく育ち元気いっぱいです。私が甘やかしたのがいけない。
人、犬、猫、カラスはすべて自分と仲良しだと思っているようです。

ベランダから、車の窓から、散歩中、誰にでもワンワン吠えて呼びかけてしまう。
こりゃあまずいと思い、犬の保育園で教育を受けています。

かなり効果が出ています。
先生からはなるほどと思うこと、そこまでわんこに強いるのは嫌だなと思うこと
などいろいろアドバイスがあります。


思うに、初めて保育園を経験しましたが、わんこや家族の幸せについて、
改めて考えることになったのは、すごくいいことだと実感しています。
子供も何か感じているようですし。


さてさて、スティンピーはやや肥満?ポメラニアンとパピヨンのミックス
なので体重5、6キロまでと言われていましたが、2歳で9キロになりました。
原因は?


もう一匹のカンは横浜の保護団体から受けたわんこですが、ミックスで
犬種ルーツが分かりません。こちらは細くて尻尾が立派。
他に同じようなわんこが居ないからか、うちの子はカンが大好きです。
「種別はキツネ犬」と嬉しそうに人に説明しています。
(その割に人がキツネみたいと言うと怒りますが)

このカンはごはんを食べるのが遅いんです。
スティンピーは倍の速さで完食、カンの皿を狙い怒られています。


うちの子はスティンピーのごはんを大盛りにして、食べるのに時間がかかる
作戦を実行していました。

そら、太りますよね?

ホームページ!!

悩みながらがんばったスタッフS君のおかげで

ようやくホームページが出来つつあります。

まだ一枚目しかアップできていませんが嬉しいので

リンクしました。


このブログの右のやや下方にホームページのリンクがありますので

そこをクリックするとホームページに飛びます
。(今は未完成ですが)

2,3日中に完成版をアップします。


また、チラシもつくりましたので地道に多摩地区、京王沿線、南武沿線に

配って行きます。

頑張ります。

フリースクールの役割 (長くてまとまらない)

文章にするとうまく伝えられないこと、誤解されがちなことがあります。

触れてみないと分からない、理屈ではないことがあります。

これも同じです。でも「フリースクールの意義」について考えました。

児童を学校や集団に戻すための機関

児童が安心できる学校そのものを運営する機関

児童を安心させる、のびのびさせるための機関


不登校について話すとき、

大人の大半は3→1へ移行していくようにすればいいと感じます。

また、甘えさせてはいかん。1だけでいいと言う人もかなりいます。

2がいいと思う方もたくさん居ます。既成の学校では細やかさに欠け、

自由さも乏しい、それが分かっているメンバーが創立した学校に行けば

児童が自分らしく通えるだろうと考えられています。

偉大な先輩方が設立した2のスクール(学校)は多くの児童を受け入れ

ている実績があります。


3だけがいいと言う人は少ない。

でも、のびのびさせる大切さは皆感じてはいると思います。

ただ許される状況が少なすぎるだけでしょう。


スクールの応援をしてくれている教師の方も現場でこれに悩むそうです。

ここで表せないような愚痴も言います。


話がそれました。


1は「会社とか学歴」のようなことが基礎とされる社会で人と同じで居たい、

それが安定に通ずる、こう思う方が大半なので、やはり必要なものだと思います。


1のスクールでは大きすぎるクラス、陰湿なクラス、個人特性を邪魔みたいに

扱われたなど、学校への恐怖イメージを持つ児童に対して手当てします。


スクールではミニ学級を形成しています。ちゃんと時間割通りに授業をします。

そこで個々の勉強、集団行動や規律行動の経験値を高めます。

学力が上がることで自信がつく、決まった形(教室で皆で授業を受けるなど)

で長い期間過ごすことができた自信、ミニ学校のような場所で友人ができた、

同じようにできたと自信を持つ。そこから本来の学校に戻すことにトライします。


デメリットは「没個性が懸念される、矯正機関の装いになる。

(保護者が考える程には)本来の学校に戻りたがってはない児童は逃げます。」


2は1のデメリットを考慮して、自分たちで学校を設立した形になります。

だから生徒はいきいきしています。本当に学校に通いたかったんだ!でも

普通の学校はつらかった!と言う児童は多いです。


デメリットは「数が少ない。児童や保護者に公的なものや既成概念への思いが強い

場合は効果が薄い。在学や卒業に対する評価は受け手により変わる。

逆に児童が学校と言う形態を疎んでいる場合は厳しい。」


3は「自分らしくある、安心できる空気の中で何かを見つける」ことを最優先します。

家から出て、新たに熱中することや楽しいことを感じながら、

自分の特性を自覚していく。その中で人との係わりや最低限の集団行動を会得します。


ルールや行動を児童たちで決めていく、その見守りや協調、アドバイスを

スタッフがやるのが3のスクールです。


学校に戻るきっかけになる場合もありますし、何より将来に役立てたいことや

自分のあり方を見つけることがいいとされています。


デメリットは「(特に保護者は)自由すぎるのではないか?児童が何かを
つかめるのか?と不安を持つ。将来、既成概念の強い社会(会社や学歴の意識)
の壁に当たる場合がある」


私たちのスクールは3の特色が強いでしょう。

でも、個々の会員の状況に応じて1もフォローします。


皆さん、フリースクールを探すときはたくさん見学に行ってください。

まずは安心できること、継続することですね?

昨日、お向かいのプロジェクツけやきのもりの施設長とお話しました。

いろいろなことを話してくれました。

市の福祉のことや会員さんの活動のことなど、とても為になる内容でした。

聞いているうちに「だからけやきのもりの会員さんは明るい」と感じます。


私は障害を持つ家族が「不登校やひきこもり」になっていた10年弱の間、

励ましたり、怒ったり、手を差し伸べたり、突き放したり、無理に押したり、などなど

こちらが揺れ動くので一貫性が無くやってきたと思い起こします。


そんな経験やその後の児童養護や福祉の仕事を通して思っていることですが。

「身内だけで抱え込むとダメ、外に目を向ける為には人の手をかりるべき」です。


実はサラリーマン時代に高幡不動、桜ヶ丘、府中、調布、多摩センターなどの

支店に勤務しました。その後、児童養護の仕事や活動も多摩がほとんどです。


この地区の住民の方々の人柄が好きだし、役所の雰囲気もいいなと

いつも感じていました。

ここでフリースクールが維持していけるよう、ゆっくり頑張ります!

時間割り?

見学自由

さて、パソコン、ギター、料理、絵など

多少の心得があるスタッフが超初級講座を開きたいと思っています。


内容は「やったことない人」→「少し出来る人」になることです。

中級、上級レベルになるための専門講座ではなくて、児童や若者が

リズムなりきっかけなりを得るためのものがいいと思っています。



もちろん毎週何曜日と決めても参加は自由、思い立ったらでもいいし

それを目的として通ってもいい、そんなニュアンスがいいかなと思っています。


手品や野菜つくりも考え中です。


出来たら見学に来た人と相談してみたいですね?

不登校、引きこもり、皆さんも気になっていたのですね

そばや
こちらはお向かいの「プロジェクツけやきのもり」さんの活動場所です。
障害者の方の支援をしています。皆でおそば屋さんを出しているんですよ!
評判いいんですよ?
私たちに「未使用のラックなどがあるから提供するよ?」と声をかけてもらえました。


また、大家さんも顔を合わせるたびに「児童や若者は大切だ。家に茶碗などがあるから
使いなさいよ?」と言ってくれます。


角の和菓子屋さん(駄菓子もある)も「報われないかも知れないけどがんばって」
と暖かい言葉をくれました。


皆さん「気になっていた問題にこれから取り組んでいく私たちに手を貸したい」
と思ってくださるわけです。


他にもたくさん声をかけていただいています。

仲間にも恵まれました。

今度、隣の家も有名な障害者支援団体が入ります。


ありがたいことです。


これを児童、若者に役立てて行きたいと願っています。



スクールの基本はできあがりました

ようやく生徒会員を受け入れられる状態に!

まだまだ、本、参考書、玩具、布団、調理具など不足はしていますが

それらを充実させながら、生徒の児童や青少年もともによい形にしていきます。

しつこいですが何かご提供いただけるものがあればぜひお願いします。

ホームページアップ前にいくつか写真をここに出しておきます!

HNI_0033.jpg
玄関です。なぜ「リ」がひらがななのか?

HNI_0027.jpg
勉強、読書個室です。午前中(午後でも)希望者はスタッフが見ます。
隣は寝そべるのも絵を描くのも読書も自由な部屋。

HNI_0049.jpg
1階は自由スペース。プレステ2,3、ウイーや人生ゲーム、将棋、レゴなど玩具があります。
隣の部屋は皆でまったり話すダイニング。注意)テレビゲームは各自時間制限するよ!
ちなみに庭は大家さんの保護した猫3匹がよく挨拶に来ます。

HNI_0042.jpg
看板裏面が邪魔ですが、白い建物が府中住吉図書館、文化センターです。その奥は京王線高架。
このベランダと1階庭で野菜を作ります。

たまがわ看板
電車や図書館側看板です。見えるかなあ

見に来て下さいね?

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト