府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

子供の自然力

NCM_1149.jpg 今日は生徒数が少なめ
 お試し期間の小2HY君が
 参加しました。

 
まだまだ、緊張のせいか?
 ぎこちなさやハイテンションが
 目立つのは当たり前

 でも、先輩達に囲まれて
 あれこれトライして安堵と満足
 の表情になっていましたねえ。
 

 様々な事情で学校などで傷ついた子供に大人の寄り添いは不可欠です。


 でも一番いいのは・・・・
 異年齢の、いろんな体験を持つ仲間とのふれあいにつきます。
 大人に教えられないことを確実に肌で感じるようになります。
 もちろん、ドタバタやトラブルもありますが大人には分からない
 自然力があるように思います。
 (大人が先回りしてしまうことはいけないのですが、私たちはつい!)
 

 最近は中高生年代の子がいろいろ小学生年代と関わり
 いい味だしてますので、ぐんといい環境になってます


 大人は「子供のために」と信じながら、@理想と現実や@矛盾と純粋の
 すり合わせ作業をやりながら、納得と疑問を押し込んで寄り添うことが
 大切なんでしょう。長いようで短いような・・・うーんどっちだろ。
 
 NCM_1147.jpg
こちら逃走中のグッズを買った
 100円ショップで見つけた
 わんこレインコートですが。
 
 サイズは間違えていないのに
 体の半分もカバーできない。
 まるまるのピーははち切れそうで
 セットができませんでした。
 

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

 
スポンサーサイト

子供には子猿モード時間が大切ですね(カレー作りと逃走中)

いつも文章がわかりにくいのは、たぶん私の書き方のせいです。
自分の考えを言うだけ言っているが、どこからか「読み手がどう捉えるかは自由です」
に変換しているのだと思います。困るなあと思うでしょうが、どうも今回も同じです。
しかも、何時間も前から、まとめられない、なんかうまく言えない。でも言いたい。


大成功のカレー作り(保護者さん方主催)、逃走中(スクール行事)をやってみて
改めて、このブログのタイトル、子猿時間は大事だと思ったのです。
どんな子でも同じです。開放、安心を体に取り入れている時間は「猿顔」になるんです。
家の子も漫画みたいな猿顔になり「女子なのに」と思います、でもこっちは安心します。


そんなに深い付き合いではないですが、それでも数年間100人弱の小学生と毎日会う
学童保育スタッフをしていた時も、児童養護施設で子供達と関わっている今も
小猿顔が見えた子のその後の自信の持ち方と言うか、動き方の感じの良さは
私の根拠なき思い入れではないのでは?と密かに考えています。


「恐怖、被害意識、いらだち、高揚、自分の物差しの不安、親や大人への複雑な思い」
子供には社会性(と言われる感覚、所作)を培うためにこれらの緊張と対峙することが
宿命のようなもの。時にそこから解放されている時間を持てるといいんでしょうね?。



今回、カレーではそれぞれに事情もある中、何人かはどんな関わり方でも一緒に居たい
思いが表れていましたし、よくまとまった。空の鍋は気持ちがいいです。

幹事ママさん方のアイデア、誘導がよくよく活きていましたねえ



NCM_1084.jpg NCM_1097.jpg
NCM_1099.jpg NCM_1104.jpg
NCM_1106.jpg NCM_1108.jpg
NCM_1109.jpg NCM_1110.jpg


逃走中ではその分?全員が猿人化しました。顔だけでなく行動も。
猿なので決めたコース以外も自由自在。

捕まらん、牢屋番のわんこも暇、用意した太鼓やシンバルで捕虜確保の音も出せない。
ううむ・・・・・・

結局、大人も猿人化。14人とわんこ2匹、よく切り傷にならなかったもんです。
しかし、草木の種だが実だかわかりませんが、やたら服に付いてしまい
これがチクチク痛い!

それでも大小猿は駆けずり回り、何回か捕虜を確保、また子猿に開放されと
盛り上がり、当然、最後は大人がギブアップです。


終了後は、皆チクチク取りでえらい時間がかかりましたねえ。
これが猿のノミ取りの風情でした。
やさしい子は自分の服ほっておいてわんこのをとってます。


子猿の文句はすごかったけど、やっぱりいい一日でした。



NCM_1117.jpg NCM_1122.jpg
NCM_1128.jpg NCM_1132.jpg
NCM_1131.jpg NCM_1133.jpg
NCM_1113.jpg

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

 

24日はカレー作りとその後、逃走中!

0120-2.jpg 0120-3.jpg

今日は逃走中に使うお宝カードを皆で書きました。
嫌がっていた生徒もいざ書きだすと大概は
「もっと書かせろ!」になります。

そこで私は「そんなに宝が多いと勝ち負けにならなくなるからダメ」と言う。
「じゃあはずれならいい?」と言う事でじゃんじゃん書いてもらいましたが
 なんだか、いろいろ書いてますなあ。

S、Sコンビが障子貼りをしているところを手伝う子もいますね? 

0120-4.jpg 
 まあ、なにしろ思い思いに準備して
 ニコニコしている。
 

 さて、24日(金曜日)は
 食育お試し企画「カレーを作ろう」
 の日なんですが、その目的で生徒が
 集まる。逃走中にもいい日どり!

 

 疲れや気持ちの整理も気になるところですが。
 ええい。やってみようか?と皆に訊くと「やろうやろう」となりました。


 ハンター役の大人が足りないので、ボランティアさんで来れる方、お願いします!


 ちなみにカレーの方も担当ママさん方があれこれ、面白くなるように材料、資料を
 準備してくれています。
 まずは、作って、知る事を増やして、気持ちよくなって、午後は走ろう!

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

 

アナログゲームで育みを

0117-3.jpg
 皆でなにかやろう時間は
 カードゲームやボードゲームに 
 なることが多いです。

 
 単純に面白いんですが、
 状況を分析する。先を考える。
 人の動向を見る。バランス感覚を得る。
 自己決断する。喜ぶ。嘆く。
 諦める。気を遣う。などなど

 先々に役にたつことがあるのでいいと思っています

   
0117-1.jpg
 割といろんな児童機関でも
 活用されています。


 ただ「誰にも得意不得意がある」ので
 苦手だけどやってみたい子、集いたい子
 へのフォローはむずかしいものです。
 学校でも悩んでいますが、小さな我が
 スクールでもおんなじです





 励ましや誘いが、却ってその子のつらい気持ちを増長させるかもしれない。
 
 反面、自由だよと、周りから投げかけ無しにしていると孤独感が生じるかも。
 
 
 じゃあ、初心者モードでやろうとすれば、本人のプライドが意外にも高かったり
 他の子が自分世界にはまり、がんがん得意モード出して場が冷ややかなムード
 になるとか、誰かの何気ない(つもりの)言葉が鋭利な刃物になってしまったり。


 これは発達障がいや心的ストレス云々などは関係ないし、今回の題材に限らず
 運動なり、学習なり、いろんなことでもおなじなんだろうと思います。
 「苦手なことで人からなにか言われたくない、気も使われたくない」
 「だけど、それを媒体にして集うことに自分が関われないのも気にする」
 「結果、自分独自にできて、そのオーラを周りが呑む状況を無意識に求める」

 
 こう言うことって二人以上の人間が行動すれば当たり前に出てくるし、大人になれば
 「誰もが感じることのある自己矛盾なんだ」とわかります。

   
 0117-2.jpg
 だから「得意な子」「苦手な子」もそれぞれが
 いろんな思いを感じながら、やり方、処し方を育む
 場所でありたいと考えながら、引き続き
 こどもと一緒に悩むことにします。


 大人が「人間が本来持つ矛盾」を悪としていたら
 ダメですよね。
  
 この4人オセロ、私は「得意な子達との勝負」
 では1年生にも破れ最下位でした。  


 次は「苦手だけど触れてみたい子」と
 こっそりやってみようかな。

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

 

南の島からメールが来たよ

現地で教師になる元ボランティアスタッフのオレンジから
メールが来ました。
スクールに居たときと同じように、彼が現地の子供たちにとって
とても大切な存在になるだろうと確信しています。

これがメールです。
皆で返事打とうね?

今日本は夕方でしょうか?

常夏のマーシャルにやってきて数日経過
とりあえず最初の日曜は歩き回ってテニスしてクエの刺身を食って酒飲んで・・・
ただただ楽しんでいます(笑)
治安もかなり良く、店も思ったよりもあります。少し高いけど。

今日は省庁に挨拶回りしてました
木曜から島の外れにホームステイして今月いっぱい現地語訓練です。

子供達によろしくお伝えください!


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

 

逃走中の舞台が!

1011 
 朝の多摩川は綺麗です。


 空気も済んでいるし

 名前は知らないですが
 水鳥もたくさん居る。
 静かだあ。


 かなり気分がいいですね







1011-2
 しかし、なんか変だな?
 

 と思ったらススキや林が
 すべて狩られていた!うわあ!

 
 逃走中にぴったりの
 隠れ場所満載だったのに
 これじゃ、丸見えだ。

 来週、またどこか探そう。
 やっぱワクワクしないとね 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

 

お知らせ「多様な学び保障法」を実現する会

FS多摩川が所属している全国ネットワークから下記が届きました。
一人でも多くの方に知っていただきたく、そのままブログに
コピーします。


各位

平素より大変お世話になっております。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
さて、私ども、「多様な学び保障法を実現する会」では、標記の研究集会を開催
いたします。

皆さまから、より多くの皆さまへお知らせいただきたく、また、事前・当日の取
材・ご参加をいただきたくお願い申し上げます。

--------------------------------------
「多様な学び保障法」を実現する会
(旧「(仮称)オルタナティブ教育法」を実現する会)

共同代表 奥地圭子、汐見稔幸、喜多明人

事務局 中村国生、松島裕之
ae@aejapan.org
http://www.aejapan.org/wp
TEL&FAX 03-5924-0525
〒114-0021
東京都北区岸町1-9-19フリースクール全国ネットワーク内

▼▽催事詳細▽▼
==================
第1回
オルタナティブな学び実践交流研究集会
〜新しい普通教育の創造に向けて〜
==================

■主催:多様な学び保障法を実現する会
■日程:2014年2月1日(土)・2日(日)
■会場:東京シューレ葛飾中学校 (東京都葛飾区新小岩3−25−1)
■お問合せ:事務局(NPO法人フリースクール全国ネットワーク内)
TEL&FAX 03−5924−0525
ae@aejapan.org
■当会ホームページ http://aejapan.org/wp/
■催事ホームページ http://kokucheese.com/event/index/134116/


■1 開催趣旨について
--------------------
現在、国内には、フリースクール、フリースペース、シュタイナー学校、サドベ
リー学校、フレネ教育、インターナショナルスクール、ブラジル学校・ ペルー
学校等外国人学校、ホームエデュケーション・ホームスクール等、教育法制度外
の多様な学び場が、多様な子どもの学習ニーズに応えて実在して います。

このような教育・学びの場にたずさわる私たちは、それぞれ成りたちのベースは
異なりますが、一人ひとりの子どもの多様な学びを制度として保障する ための
立法をめざして、2012年7月、「多様な学び保障法を実現する会」を設立い
たしました。この会の結成を契機として、多様な学びの実践交流 をはじめてき
ています。

日本の公教育は、憲法、教育基本法が定める「普通教育」を学校教育法による学
校制度によって保障し発展してきました。しかし、取り巻く環境・状 況・時代
は大きく変化し、学校制度のみでは多様な子どもの学習ニーズを保障しきれない
事態となっていることは明らかです。そのことを、私たちそれ ぞれのオルタナ
ティブな学び場づくり・実践の積み重ねが示しています。また、学校認可を取り
ながらも、既存の学校とは一線を画すオルタナティブな 学び場も存在します。

この研究集会は、互いの経験や実践を交流し合い学び合うこと、それぞれが刺激
し合い高め合うこと、そして、多様な「普通教育」の中身を提示し合い “新た
な”普通教育の概念・内容を創造していくことを目的に開催いたします。より多
くの市民、教育関係者、保護者、研究者、学生等、新たな教育や 学びのあり方
を求めている皆さんにもお集まりいただき、私たちの取り組みが、教育の新たな
ムーブメントとなることを期待しています。

■2 プログラム概要
-------------------
【1日目 2月1日(土)】
13:00 開会あいさつ
13:05 ★基調講演  講師:リヒテルズ直子さん(日本イエナプラン教育協会
代表)

14:35 ★シンポジウム
 多様な学びで育った若者シンポジウム「私はこう学び、育った」
 進行(奥地圭子・実現する会共同代表)

16:20 ★オルタナティブ教育フェア(多様な学びの場による活動紹介、実践発表)
▼発表予定(申し込み済団体を掲載 現在、受付継続中)
フリースクール東京シューレ(東京)
フリースクールみなも(大阪)
フリースクールFor Life(兵庫)
のむぎオープンコミュニティスクール(神奈川)
箕面子どもの森学園(大阪)
湘南サドベリースクール(神奈川)
京田辺シュタイナー学校(京都)
学校法人シュタイナー学園(神奈川)
東京シューレ葛飾中学校(東京)
自由の森学園中学・高等学校(埼玉)
シューレ大学(東京)
ホームエデュケーションの家庭
おるたネット(多様な教育を推進するためのネットワーク)
フリースクール全国ネットワーク

18:00 クロージング
 ★講演「新しい普通教育の創造に向けて�」(喜多明人・実現する会共同代表)
 全体ミーティング
19:00 終了

【2日目 2月2日(日)】
9: 30 ★ 講演「新しい普通教育の創造に向けて�」(汐見稔幸・実現する会共
同代表)
10:00 ★分科会
    テーマ�「子ども主体の学びをどうつくるか」
    テーマ�「親・保護者とともにどうつくるか」
12:20 エンディング
12:45 終了

■3 参加対象
------------------
実現する会会員、多様な学びの場の実践者・子ども若者・保護者、オルタナティ
ブ教育に関心のある研究者・学生・院生、学校・教育関係者、市民一般

■4 参加費
------------------
大人・一般 3,000円
子ども・若者・学生・院生 2,000円

■5 参加申込の方法
-------------------
下記ホームページよりWEB登録
http://kokucheese.com/event/index/134116/

▼プレスリリース発行協力
NPO法人フリースクール全国ネットワーク、NPO法人東京シューレ

■6 参考「多様な学び保障法を実現する会」について
-------------------
�結成:2012年7月8日

�目的:子どもの個性を尊重し、多様な学習のニーズに応じて、子どもの学ぶ権
利をより保障するため、学校以外の「普通教育」のための学習の場を公 教育と
して位置づける学校教育法とは別の子どもの多様な学びの機会を保障するための
法律制定の実現をめざしています。

�役員:
代表   汐見 稔幸( 白梅学園大学)
代表   喜多 明人(子どもの権利条約ネットワーク/早稲田大学)
代表   奥地 圭子(フリースクール全国ネットワーク/東京シューレ)
事務局長   中村 国生(フリースクール全国ネットワーク/東京シューレ)
監事   児玉 勇二(弁護士)

�設立発起人
明橋大二 精神科医/子どもの権利支援センターぱれっと
朝倉景樹 フリースクール全国ネットワーク/シューレ大学
江川和弥 フリースクール全国ネットワーク/寺子屋方丈舎
大田 堯 教育学者
奥地圭子 フリースクール全国ネットワーク/東京シューレ
小貫大輔 チルドレンズ・リソースインターナショナル運営委員/東海大学
加瀬 進 東京学芸大学特別支援科学講座
加藤彰彦 沖縄大学
門眞一郎 京都市児童福祉センター/児童精神科医
亀貝一義 フリースクール札幌自由が丘学園
亀田 徹 PHP総研教育マネジメント研究センター
喜多明人 子どもの権利条約ネットワーク/早稲田大学
木村清美 フリースクール全国ネットワーク/フリースクールヒューマンハーバー
児玉勇二 弁護士
汐見稔幸 白梅学園大学
杉山まさる 東京サドベリースクール 代表理事
高岡 健 精神科医/岐阜大学
坪井節子 弁護士/カリヨン子どもセンター
天外伺朗 作家
十時 崇 元日本型チャータースクール推進センター/おるたネット
永田佳之 聖心女子大学
中林和子 フリースクール全国ネットワーク/ふぉーらいふ
中村国生 フリースクール全国ネットワーク/東京シューレ
中村 尊 フリースクール全国ネットワーク/クレインハーバー
西原博史 早稲田大学
古山明男 多様な教育を推進するためのネットワーク(おるたネット)
増田良枝 フリースクール全国ネットワーク/越谷らるご
森 英俊 内科・小児科医/鳥取タンポポの会(不登校の親の会)世話人代表
矢倉久泰 教育ジャーナリスト
山下英三郎 日本スクールソーシャルワーク協会/日本社会事業大学
吉田敦彦 大阪府立大学教育福祉学類 教授/NPO京田辺シュタイナー学校 顧問
若林 実 小児科医

テレビゲームが悪いんじゃない(わかりづらい、長い)

0110の1 今日は図工、美術教師歴30年のTさん
 大学生のH君が来てくれて
 総勢10名犬2匹でドロケイを。
 
 そのあとのTVゲームOK時間も運動時間
 と同様に「見事に晴れやかな子供達」です。

 
 中にはパソコンでローマ字練習してる生徒
 もいましたし、帰る寸前に「母ちゃんと約束したドリルをまだ終わらせてなかった」と焦っている子もいましたねえ。 
 
0110-2
                                                  
0110-3

  
 
さてTVゲームですが、私はそれ自体に何も問題はないと考えている人間です。
 自分自身も寝ないでハマり込むことなどは経験してきましたが、2年位だったので
 気楽なことを言っているのかもしれません。
(娘も他に熱中することがあるとか、ゲームは我慢してやるべきことがあると
 感じるときは、そんなにはやらないので尚更、私が気楽なのかもしれません)
 

 スクール生徒にはTVゲームが(外運動だけはちがうが)すべてとも言える子が
 います。いろんな事情がありますので、それを否定することなく見るべきです。
 「家から出る」「ゲームをツールに人と絡む」ことは支援する側としても好意的に
 見るべきものだと思っています。理想的なのはそのうち、ゲームよりも熱中する事
 やゲームは我慢してでもやる肯定的自己義務が見つかる事ですね。
 

 今は、子供ですから権利しか思いつかないので、最優先にゲームを考えるし、
 特性と言うか他の自己素材の少なさから、これしか見えない傾向はあります。
  


 なので、自己素材を増やすためにも、ほとんどのの生徒はスタッフや親と話し合い、
 時間を守る、ゲームOK時間でも夕方には我慢して帰るようにしています。
 私は見ていて、これがいずれ将来のため貴重な経験になると思っています。
  

 「限度ギリギリまで求めて当然」と言う権利思考だけでは、素材のない子供は
 煮詰まるし、これはゲーム以外でも同じような考え方で動きがちになります。
 なのでできれば権利を初めからすべて認めるのではなく、「悔しさや残念な気分と
 その中でセルフコントロールしている自分への自信」を感じるような舞台設定が
 望ましいと思います。


 しつこいですが「腹八分が自然」みたいな感覚を身につけている子と
「満腹を求めるのが当然」と思っている子ではこの先、歴然と差が
 出るんです。

「常に求めている」状態は本人が「他の方法を思いつかない」
「未知へ目を向けない」「いたずらに入り込んで躁状態を続ける」
「不安なので余計に際限がなくなる」「そして知らないうちに疲弊する」
「言い知れぬ鬱陶しさを感じて全てリセットしてしまう」

 かなりかわいそうなんです。


 このスクールで「帰宅への意識」や「TVゲームとの関わり」も
 そのように考えています。わかりづらくて申し訳ないです。
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

新しいボランティアさんと子供会議(逃走中)

0109.jpg 今日は新しいボランティアさんが
 来てくれました。Oさんと言う30歳男性、
 ご自身が皆と同じ経験をして来たとのこと。
 
 生徒たちはすぐOさんに食いつき
 話す、遊ぶ、独占する。
 反対にまだ様子見の子もいたりして
 それぞれですが、「Oさん歓迎」の
 オーラが出ていましたね。 

 その0さんも交えて子供会議です。
 生徒たちは今日も小憎たらしいことを
 言いながら抵抗を試みますが、

 「今日は1分で終わる」と私は誘う。
 

 まあわんこは私に付いてくるし、スタッフM、
 Oさんが一緒になので?全員集合。

 テーマは「逃走中」のお宝カードです。
 逃げている道のあちこちにお宝カードを隠します。私の案はラッキーカード。
「捕まっても一度だけセーフとして、あるいは牢屋に居る仲間を開放できる」カードで
 どちらに使うかを自分で決めて勝利(終了時に全員捕まっていない)をつかめ!
 
 
 「さて皆もお宝カードはどんなものがいいかを家で考えてきて」と促しますと
 すぐさま全員がやんややんやと言い出します。

 (ホワイトボードペンがしょぼくて)うっすらしか見えませんが、意見を出し合い
 皆でその場を想像して、人の話も聞けるようになってきたころには
 10分経過していました。「1分経ったら下に降りるからね!」と不機嫌に
 参加してきた低学年組が実はたくさん意見を言い、盛り上がっていました。

 「もっと家で考えてきて」と伝えて今日は終わりました。
 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

  

また逢う日まで・・・

20140108-1.jpg
スタッフSです。


明日、外国へと旅立つ 
Oさんがスクールに顔を出しに来てくれました。









20140108-2.jpg20140108-3.jpg



20140108-4.jpg
 帰りの際、再会を約束し
 みんなでハイタッチ




 Oさん、スクールの活動に
 色々と手を貸していただいて
 本当にありがとうございました
 体に気を付けて行って来て下さい。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

  

2014年スタート。新たな出会い?

0106.jpg 本日からスクールスタートです。
 
 写真は小学生が帰ったあとで
 まったりゲームをしている
 中高生年代とピーです
 静かに盛り上がるのもいいよね。

 
 画面を見ると小学生に人気のガンダム。
 やることは同じ。実はスタッフも夜たまに
 やってます。面白いんですもの。


 さて、小学年代はまだ3人しか来ませんでした。年始モードですね?
 それでも皆、ニコニコ楽しそうに過ごしており、人生ゲームでは
 KMくんは最年少ながら、世の仕組みに対する適応力ありそうだな。
 発達心理ライフ協会Kさんも、相変わらずの生徒たちの明るさを喜んでいました。
 

 また新たに、近隣の小中学校で美術を担当していたボランティア希望さんが
 来てくれました。定年退職後なので私より年上です。うふふ
 
 今日は様子を見に来たものの、生徒たちに引き込まれ公園で一緒に走ったそうで
 「今夜はよく寝れそうだ」と言ってニコニコ帰って行きました。
 

 なにやら「自宅内に線路を敷いて人が乗れるミニ汽車を走らせてる」と言う
 不思議な話をしていましたねえ。面白い!行こうかな?
 
 これからも来てもらい、図画図工のたぐいのみならず、生徒の不得手感や不安感を
 取り除く、答えはひとつではないことを分からせる、子供が自由である中で
 興味の持ち感など緩やかにくすぐるなど、広がればいいですね?
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

  


皆、元気?

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト