府中(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市住吉町1-60-10。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

無事、3年目を迎えます?

いわゆる春休み前、最後の日。
生徒は少なかったですが、それでも一人二人でもなく
私の子、スタッフAの子も参加して結構にぎやかに過ごしました!


運動後は夕方から鉄板で焼き物をやろうとなりまして、私が不覚にも買い物で
財布を忘れたため、始めはイカとちくわだけのメニューでした

その後、物足りなくなり、YT君、SK君が買い出しに行ってくれて
またA親子はわざわざお好み焼きの材料を持参してくれまして
大層な打ち上げとなりました。(今日は大人ビールOKにしました)


面白かったのは買い出し生徒の購入したものが「レバー」だったことで、
「貧血気味だから」だそうです。始めは皆「なんだよ、しぶいなあ」と
からかっていましたが、焼くとうまい!パクパク食べていました。


Aのお好み焼きはワイルドで味もうまかったので、皆がんがん食べましたが、
いつも食欲旺盛のKH君、JA君は「たまに会う皆でゲーム」が嬉しくて
食べるよりもそっちを堪能していましたねえ。興味深かったですし
ちゃんとメリハリをつけていたのは良かったと思いました。

NCM_1278.jpg NCM_1282.jpg


また新年度、生徒が多いときにもこう言うのをやりましょう!

NCM_1281.jpg



皆さん、春休み明けにまた会いましょうね!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  




スポンサーサイト

人間、結果論でOK、それがいい時も多いですね

0327.jpg 黒くて見えにくいですが袋にワカメがいます。
 猫はこういうところが大好きですねえ。 


 たまにピーが真似して入ろうとしますが
 それで、せっかくのにゃんこ基地は
 壊れてしまいます。

 かわいそう・・・・
 でも仲良しです。


さて、昨日は18歳の巣立ちをする施設児童を送り出しました。
高校を卒業して就職します。立派です。感無量です。



あまり細かく言えませんが、施設には「いわゆる特性のある児童」が
たくさんいます。(ちなみに児童養護業界では18歳まで児童と言うんです)


義務教育時期にはその子達は
「1人とのずれを漠然と感じ、2被害妄想や怒りへ、3逆に気づかずに人になんかしていることも
 かなりあったり、4周りの人から来る自分への働きかけが不安になる」


このようなことが常にあるようで、支援者は「きつい指摘」「ゆるい安心提供」が
プラスマイナスどちらにもなり得るので、状況に応じて適切な対応が求められます。
なんて言いますが、常に手探りとも言えます。


特に2、4の捉え方が「〇〇のせい」「取り巻く環境が悪い」と常に考えるようになると
かなりやっかいです。自分を見てないので・・・・

もちろん3を全然感知しようとしない傾向の子も多く、これまた自分を見てない、
後々、社会化に弊害がでるかも。

同じ子に2,3が交互にでるのも特徴的です。子供だからそれは当たり前なんですが
一定以上にその波は凸凹が大きく、頻度も多いようです。ここで誤解されるのでしょう。
「分からない」のではなく「分かる基準」「判断材料」の仕組みがちがうだけです。


でもなかなか・・・・大人は
「なんで人のせいにばかりするの?」
「自分だって〇したのに、やられるとすごく怒るね?」
「人と関わるのはお約束があるんだよ?」
「君のためだよ」

こう説明します。必要なときもありますし。


長くなってしまいました。
今回、旅たつ子にも同じ経緯はありました。
また、特性が消えることはありません。
でもこうして巣立ちができた。とてもしっかりしたお兄さんです。
何度も揺れて、嘆き、時に避難したり、また挑戦したりを何年も繰り返しての結果です。
あるとき気づけば「短所」と言うキーワードはあまり思い浮かばない
子供の輪の中で明るい、面白い○○君!となってます。職員も頼りにしている子に。


イメージとしては、学童期は階段を上ったと思ったら0に戻った、
マイナスにまで落ちたなんて言うことも多かったなあ。
でも、それを不毛は捉えないで、特性を庇護することだけでやり過ごさず
また、登り出すように後押しをする、ただし過剰不安は与えずに、
こんな形で保護者、支援者がかかわれていたのかなと思っています。


スクールでもいろんな波が各自にでます。

生徒の在籍状況でスクール運営費用が左右される面があり
大人はやきもきしますがそれはそれ。


子供にはいい形でスクール存在意義を感じていてほしいところです。


昨日は親の会で提案してくれた「中央ろうきん」補助金担当さんから
その内容について細かく問い合わせをもらいました。
受かるのかどうかは分からないけど、その意義は感じてくださったようです。


結果論でもいい、とにかく悩みながらも継続のチカラを
信じて、大人は団結していきましょう。


もちろん、お子さんが生徒なのかどうかにかかわらず、多摩川をきっかけに同じ感覚を
持てる人が集っていることでいいのではないか,
とにかく親御さんにとっては長ーい道です。孤立は禁物ですものね?


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

春の出会い2

20140326-2.jpg

スタッフSです。


月曜に続き新しいボランティアさんが
来てくれました。
残念ながら今日も子どもは少なかったのですが
一緒に人生ゲーム、外運動、お喋りなどをして
過ごしていってくれました。



20140326-3.jpg

20140326-4.jpg




春の出会い

スクール生徒は学校のリズムに殊更、合わせることはしないで
個々の切り口、個々のペースで経験発見を積み重ねていきます。
とは言っても、毎回、夏、冬、春の学校休暇時期は
なぜかスクールも来る生徒が減りますねえ。


それはそれでいいんじゃない?とも思っています。
なので今年からはスクールもその時期、長く休みます。
ただし、なにかの変わり目には子供の心も揺れますので
あまり長く閉めてしまうとこれまた影響がでます。
結局、一週間(4月1週目)休むことにしますね?


今日も来ている生徒数は少なくなっています。4人ですね。
そんな中、新たにMPさん(女子大生)がボランティアに来てくれました。


運動やゲームも子供との話もOKです。
またぜひ来てくださいね?。

0324.jpg
 カンとピーもすぐに
 お姉さんに慣れて
 くっついていました。

 良かったです。

 今日は朝から兄弟揃って
 下痢になってしまいまして、 
 やや大人しかったのですが、
 また外で一緒に走ろうね?

これも集中、協調です

0317.jpg
  今 日も絵、本、ドリル、話し
  外運動、暇でゴロゴロなど、

  各自が個々にやったり
 集ったりといろいろです。

 どうしてもスクールと言う事で
 [学びが見える」「協調出来る」
  を謳う事もあります。
 

 でも、本当は形や内容にこだわってもダメ、理想に執着してもダメなんでしょうね?。


 私たちがいつも見ているのは、子どもの表情であったり感情の見える動きです。
 例えば、ある子どもが「大人の説明で得ただけの表面的な言動」が多い時には、
その子どもが好不調どちらであっても、私たちは「おや?」と思いますし
 「単純に苦手、不快、悩みを自分の意志で表現している」なら不調でも、安心できます。

 
 さて、TVゲーム時間は「相談、協調、譲り合い、約束など」が
 子ども通しで、どんどん出来るようになってます。
 好きな事やるために・・・・・ いいじゃないですか。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  



それぞれ集中したかな?

0313.jpg
 今日のアナログ時間は
 工作組とボードゲーム組に
 分かれましたが、それぞれ
 静かに長時間入り込みました。
 集中と言っていいのかと
 思います。


 写真は工作。
 ビー玉迷路だそうで
 まだ未完成です。


 ともすれば「継続」「徐々に」「段階」「見立て」
 この発想が飛んでしまい何が何でも今完成、今終わらせる!
 そうでなければ「意味がない」という感じ方にはまりがちな子もいます。(皆か!)


 でもこうして、いい形になって来たことが見れると安心しますね。
 

 夜の中高生の部では、サッカーゲームで私がかなりやられてしまいましたが
 やりながら、皆が自分の事、学校の事、家の事などを笑って話す空間が
 私たちは好きです。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

大人の方が頭も身体もよく使いました。

0310-2.jpg
今日から3年生TH君が参加です。
 KM君と同じ駅利用で、HY君とは
 学校が同じです。隣の市ですね。
 (スクールカウンセラーさんが
  FS多摩川を教えてくれたそうで


 私が保護者さんと話している時はまだ
 2階でパーラービーズをしていました。



 下ではカードゲーム組、トランプ組が 冷静にしっとり勝負していましたねえ。
 このカードゲームは難しくて中高生や高学年と、なによりスタッフが真剣に
 理解しようと頑張っています。
 
 そういえばKH君作成の人生ゲーム、やってみたら本当にとても良くできてました!
 これは私が勝つために真剣に取り組みましたが、負けました。 

0310-1.jpg TH君はサッカー好き、
 歓迎の意味で皆で
 やってみました。
 確かにうまいね。
 でも皆も気後れしない
 で走り回ったので
 初顔合わせでも
 触れ合いができたのは
 良かったです。

 
 途中からは、大人がムキになって勝負にこだわりましたし、その後のはさみっこも
 走らざるを得ないと言うか、大人が真剣に取り組みまして、私は筋肉痛です。


 KH君、家ではTVゲームやらないけど、少しやってみて「楽しい」と言ってました
 適度に時間の中で楽しむくらいで、それをツールに皆と関われるといいですね!


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  



力作!!

こんにちは、スタッフMSです 

attachment02 (200x150)





attachment00 (200x150) (2)


毎朝、みんなが来る前にコツコツと
Sお兄さんが作成していた力作が
ついに完成しました~

その名も”マグキャッチャー”
UFOキャッチャーの様にマグネットで
景品を取るのです
早速、レッツプレイ


attachment01 (15) (200x150)
 KH君も景品作りのお手伝い 
 自分の好きなキャラクターの景品を
 作り、中に入れて再びプレイ!!
 これが取るの結構難しいんですよ


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  


 







産みの苦しみ?喜び?関係ない?市民農園

main1.jpg スタッフAが応募した府中市民農園
 に当選しました!(写真は参考まで、
 別の市民農園、たぶんこんな感じ)


 生徒たちのいろんな思い、いろんな
 そのときの都合がありますので
 「さあ、定期的に畑仕事じゃ!」とも
 言えない部分もあります。




 でも(子を思う大人の気持ちは)「味わってほしいなあ」 
 「参加しなくても意識したことを覚えて欲しい」
 「自己の中で振り返りや整理する素養に」ですよね?


 これまでの行事もみんなそうです。
 結果は恐れないで、子供達にとって成功も失敗もなにかに、いつか
 どこかで結びつくんだし、生徒集団ではなく一人の子供にとって見ても
 それぞれにそう言うことがあるのだと思っていきます。
 近所ですし、郷土の森、市民プールも近い、あれこれ考えてみましょう!
 (結果や段取りも示しながら、ついでの遊びも取り込みです。)

 
 例えば、25日のスタッフブログ、なぜか今、注目記事ランキング1位です。
 この子は1時間以上、作品に取り組んでいます。
 すごいです。そう言うところ見たことありませんでした。(ごめんね)
 

 友達が皆休みだ。わんこはまだ来てない。好きなスタッフとマンツーマンだ。
 そう言う環境、条件的なものが影響していることは間違いありません。
 でも、そんなことよりこの子は作りたかったし、やりだしたらハマったんです。
 
 
 これが複数生徒が居る日に同じように出来たのかは、わからないけど
 その条件でも「彼」が好きなことを出来るようになることを育む場所です。
 スクールにはいろんな「彼」が居る。どう支援するのか、試行錯誤ばかりですが
 やっぱり、そうしていくしかないんだろうと思っています。


 野菜、果物作ろうぜ! 
 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  


プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト