府中(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市住吉町1-60-10。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

曜日別何かしよう時間決定、成長期、揺れながら、うまく出来なくても、でも純粋に考えてる

基本自由とは言っても・・・・

今のスクールは、かなりTVゲームに偏っている人じゃないと
輪になかなか入りずらいんじゃない?(うーん)

もちろんTVゲームだけでない、頭を使うゲームや
学校や家とは違う感覚でのお話や運動もしている。
でもねえ・・・・(うーん)

新しく来る子には今のTVゲームがかなり中心に見えるし
それが解禁になる4時半より前は静かすぎるかしら?
この場は居心地どうなんだろう?(うーん)

これはですねえ。
「自由だ」「強制しない」と言うのが一見、人の個を尊重しているよう
見えるんですが、実はそうされるのって、人は結構つらいんです。
それは人間の本質なんです。たぶん。依存するのが人間の特徴です。
でも調子の悪い時は「やらされ感」や「期待され過ぎ感」が頭の中心にきます。
調子がいいとそれらは「心地よい義務感」「安心感」「認められ感」になります。
これはもう仕方ないのでしょうねえ。学校であってもスクールであっても家であっても
大人もお子さんの様子を見て、今のニーズが読めないことは悩みつつです。

「いつか、子ども自身が探り当てる」「常に全員にリーズナブル対応は無理」と
開きなおる事もありなのかしら?

というわけで2時からの「なにかやろう時間を復活します」
もちろん、参加は自由です。

火曜「美術っぽい時間」(ビーズ、切り絵、絵画、塗り絵、なんか作るなど)
水曜「なにかしたいことリクエスト時間」
木曜「音楽リスニング時間」(各自からリクエストもらいその時間は曲を流します。)
金曜「知識クイズ時間」(クイズ番組をTVで流したり、とんちクイズしながら将来ためになる知識を!)



今、夕方から来てる人もこの曜日ならいいかなと思う日は早く来てみれば?
だって、上に掲げたプログラムのひとつは、まさしく今は4時半から来ている生徒の
発案ですから。

「自分は今は。TVゲームを皆でやる事で安心安定する状態、
あるいは夜にスタッフと個の話をして気づきや身体力を養う状態。
これを早くから来ていわゆる健全っぽい活動にできればそれは嬉しい。
でも、無理するのは危ない気がする。学校でのトラウマもある?。

それでも「ゲーム偏りのない生徒たちにも充実感や安心感を持ってほしい」
(もしかしたら)「いずれそこにも参入したい」etc・・

勝手に考えましたが、どこかでこれらはあるんじゃないでしょうか?

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 
スポンサーサイト

大人も変わる←子どものおかげ。30日はM送別会です。

NCM_2830.jpg NCM_2828.jpg
 大雨の河原芝生、「誰も来ないだろう」とわんこをフリーにしたら大喜びです

 しかし・・・こう言う時に限って「重装備のジョギングご老人」等がふっと現れます。
 そこにわんこがダッシュ!吠える!「すいません!!!」
 これは私が大人の分別無し、かなり悪質だと反省です。

 さて、大人と言えば・・
 スタッフMが出産を控え、一時引退します。(生徒が一時と信じてる)
 スクール発足した4年前からずっと子ども達と関わってきた人です。
 実は彼女、私のサラリーマン時代の部下だったので、もう十数年のつきあいなんです。

 これを書くと怒るでしょうが、すごく変わりました。

 かつては人が苦手?意思だし苦手?表現薄い?逆にとられる言動?
 どうみられるか意識しない? こんなところを 指摘されやすく、もちろん私も
 彼女にそうして来ながら「実は元の性格は逆だ」と言うところも垣間見れていて、
 もどかしいなあと思っていたサラリーマン時代です。

 それがすくーるに来てから、どんどん変わってきました。
 生徒たちとの関わりが大きいです。いろんな思いに揺れる成長期の
 子どもから直接受けるもの、子どもと接する中で自己の喜怒哀楽から
 得るもの、などなどいろいろあるんでしょう。
 なにしろ、彼女は落ち着き、安定、いつでも何でも平気な雰囲気が増して
 「相手に不快に思われず、でもきっちり言える」
 「逆に不安に思わせず、適度に無視もできる」(これ表現違うなあ)
 
 おそらく、長年、固めていた「こうしないと無理」の鎧がはがれたのかと。
 子どもの力です。だから、いい母になると思います。
 スクールは大人のための場でもあるんですね?

 送別会、大人もぜひお越しください!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

責任感が強い大人の思惑が際立つ、子どもへの誘導

NCM_2812.jpg なんだかぶっそうなタイトルですねえ。
 なかなか、一言で表せない、うまく言えないです。

 人って意識していること、こだわっていること
 気にしていること、夢見ていることが
 いろいろ頭の中にうごめいていると思います。
 当人が気づいていなくてもどこかで考えている
 こともあるでしょう。


 さらに、人はその時の状況、相対する人の影響で物事の感じ方や
 取り方を変えます。根本は同じでも見た目には新たな態度表現に見えます。
 いったいいくつ体内に うごめいているのか?

 子どもの場合はさらに多くの未知がありますので、経験値のないことへの
 期待不安もあり。そこでまた新たな表現態度意思が出ますよねえ。

 だから、(経験して来た)大人は整理できていることについて、子どものために
 アドバイス、誘導をしてあげたくなるのは極めて自然、必要なことでもあります。
 これは昔からそうです。例えば「10思っていることがあり、1、5,7が負担無く
 思えるようになれば、こどもはいきいきと成長、意欲がでるなあ」とか。

 ただ・・・
 大人の責任感と言うものも「揺れる自分の矛盾を隠さないと誠意が伝わらない」とか
 「自分がここまで子を思っているんだから」「分かっていることは教えないと無責任だ」
 になりがちです。

 結果、「子どもがたくさんの複雑な思いを持っているのに、その中のポイントだけ
 を大人が選んでしまい、そこだけを子どもを誘導する」悲惨な光景も出てきます。
 これ・・弱い私には、その種の後悔がかなりあります。
 (おまけに責任感の名のもと、大人の自意識過剰を指摘される恐怖を払しょく
 するため、強めに白黒言動してしまうことも時にありました。)

 子供より先に焦ってはいけない、子供より先に安心枠を設定してはいけない
 でも、子どもに負担をかけない方法で、先回りや誘導の意識も必要なときもある。
 むずかしいです。

 「子どもが自分で考えているか」「それは表面的な現象だったり、刹那的にそう
 見せてるだけではないことか」見極めが大事なんだと思います。
 我々大人は知らないうちに主人公になることは避けましょう。
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

フリースクールまでの電車バス、渡る社会は鬼は居ない?

NCM_2781.jpg
 すみません!
 受けを狙ったタイトルいまいちでした。

 FS多摩川には今でも、過去にも
 いろんな所から生徒が通ってます。
 
 浅草、板橋、あきる野、東村山、埼玉、
 横浜などおお!と感嘆するエリアからも
 来てくれています。
 

これは「多摩川だけがいい所」と言う意味では 決してありません。
各自の感覚、その時の状況、待ち受けている生徒の状況など
いろいろありますから、まさしく縁です。 その考え方は大事だと思います。

さて、上段のいろんなところから通う生徒に加え、地元府中、隣の調布、稲城、多摩、
日野、世田谷、八王子、狛江と言う比較的近いエリアの生徒もいます。
でも歩きや自転車で通える子は少ない方です。

つまり、電車やバスを利用する子は6.7割います。
この子達の苦難は「通学中の大人の目」です。
特に小学生ですよね?

いまどき、昭和からタイムスリップしたような「こら、小学生が1人で
なにやってるんだ」と言う目で見る人は少ないでしょう。(きっと居るけど)
でも、「あの子どうしたのかな?大丈夫かな」と見る、観察する目は
大人から自然に出てくると思います。逆に無関心も悲しいとも思いますし。

ところが生徒たちは学校等で「普通ならこうしている」と言うアドバイスを受け続け
疲れているので、今は相手が善意でやってくれることにもナーバスです。
電車やバス内の視線や声掛けも同じです。とてもむずかしい問題でもあります。

ある時、電車内でいつも自分を見ていた怖そうな大人が、ついに声をかけて
きたと言う生徒がいました。生徒はその人に「自分はフリースクールに行くところ」と
答えました。するとその人は頭を撫でて「偉いぞ。がんばれ」と言ってくれたそうです。

私はそれを聞いて泣きそうになりました。その後は新たに仲間になる生徒には
「いつもパンフレットを持ち、声をかけられたらここの生徒だと言いなさいよ?」
と話すようにしています。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

関わり方はいろいろでいい、皆でフリマをやろう。経験に勝る物はない?

NCM_2801_2015091612442329a.jpg 後日、子ども会議で話しますが
 とりあえず、その場に居た子に
 さっと書いたこれを見せ
 告知しました。

 味の素スタジアムで開催する
 関東1スケールのフリマ。
 これに出店します。

 実は2年前までは、すくーるでは
 このフリマや府中駅前での
 ボランティア祭りの露店出店など
 相当数を実施していたんですよ?

 準備がとても大変!だし準備も当日も
 苦痛だと思う状況の子もたまに居る等あり
 この手の活動は見合わせていました。 
 

でも最近の様子を見ていると、そろそろやった方がいいかなと思ったわけです。
やっぱり、経験は大事です。うまくいってもいかなくても自分の事意識は出るし。

 本当はスクール維持費作りが目的ですが、なんと言っても子どもは損得に鋭い
(これは成長期には当然でもあり) 子どもを巻き込むため、各自持参したものを
売るとその売り上げは君たちのものだと言う事でやっています。
 (いくらまでそうして後は親に渡すかは各家庭で決める)

教育上よろしくないなと思う人もあるかも知れませんが・・・・
儲けはもらえる(自分のものを売るんだから正当ですよ)
これを2回目から提案したところ、1回目と比べ子どもの働き具合はぐっと変わりました。

毎回、売り込みに熱中して大人を驚かしたり、かと思えば、中で暇つぶしのゲームの
方が盛り上がっていたり、他の店への買い物に行き戻ってこなくなったり
まあ、もちろん関係ないわ、暇すぎる、人多くて嫌だわと言う風情のときもありますが
いろいろあるから面白い。

確か10時から16時です。弁当やビールは売っていますので
保護者さん家族、支援者さん方も来て、少し中に入って交流してください。
この記事を見てくださった皆様も、売れそう、協力しようと思いつく物あったら、
よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 


外に出ればいろいろある、それ当たり前なんですが

NCM_2795_201509150449277cf.jpg 今日のゲーム解禁時間です。
 早めに帰った生徒、
 お休みの生徒、まだ来てない生徒
 2階で自習?漫画?息抜き生徒
 絵画教室で一時出た生徒
 等々ありますので一同介して
 画面に向き合う訳でもありません。
 お休み理由もバイト、学校登校
 休息等もある。

 ある意味で理想的なのかも。


子どもって(いや、大人もだ)基本的には「自分の感性、発想、予想、希望」を
ベースに動きます。そこで時折、苦しむと言うかジレンマと言うかパニックに
陥ることは人の常です。だって、場に居る人が自然に
「自分の感性、発想、予想、希望」を持っていて各自それが具現化するように
動きますので。これは究極的には当たり前なんでしょう。

その為、一般凡人と称される人たちは、とりあえず自己特有の感覚は抑えて
お約束の「人との協調、学校、集団、社会の動き方枠」を優先します。
交通整理みたいなことだから、強いられ感はあっても受け止めようです。
これは不満やしらけはくすぶるものの、安心も産みます。
一般凡人なんて言いましたが、実は勇気や潔さのある行為でもある。
だから道徳教科書ではこれほのめかします。間違ってないとも思えます。
ちなみに道徳ではTPOとしてそこを優先して動けと言っても
人はオリジナリティを捨てるべきと言っている訳ではありませんよね?

一方、感性、発想、予想、希望が純粋すぎる人はたくさん居ます。
この型の人達にとっては「まあ納得我慢できる」
「包括的、関連的に思えば今はそうしよう」「ひとそれぞれだが合わせる」と言う捉え方
をするのは結構、苦行です。「なんで?」「異様に疲れる」「意味ないじゃん」
「とりあえず皆が喜ぶようにしたけどつらいわあ」と感じることはわがままじゃ
ないんだと思います。素直に表現しているんじゃないかな。

だけど、応援する側としては「なるべく集団(複数の人)と折り合えるようになって欲しい」
「被害者的な思いで、個性を捨てなくてもいい方法を模索して欲しい」とも願っています。

また明日、見学のお子さん来ます。
どんどん?人は増える。
各自期待もある(これまた見ている私達は心配なほど純粋)
不安もある(これも同じく極端?)
人が増えるほどそれぞれの「思い」「新たな行動」「どうしていいか不安」
「希望」の数も場に増えますので当然です。
なんて簡単に書きましたが人によっては相当大変です。
同時に「自分の感性、予測、希望じゃないと行き詰まる」癖はいつかは払拭しないと
いけない。スクールはこのスキルアップの場です。

正直言って、保育士、教師、医師、心理士、カウンセラー、仲間で話しているときも
ここは正解、マニュアルはないとも言えます。
きっと、何が要因なのかは個々にいろいろあり、また複合作用もするから?
すぐ卵と鶏みたいな話になってしまうんです。
今のところ、キーワードは「教えるのではない、必ず子どもは見つける」です。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

動きも胸中もそれぞれ。成長発達真っ最中です。

NCM_2787.jpg
 スクールに割と早くから来て
 いろいろやる組です・・
 
 今日は保護者さんからの
 差し入れおやつを食べました。
 TMちゃんがわんこにもくれました。
 ごちそうさまでした!



 NCM_2788.jpg
 そのあとは公園で
 ドッジボールです。
 女子も皆、結構
 投げられ るねえ?
 いろいろやってみよう!
 


そうこうしているうち、スクールは遅く来る組もそろってきます。
中高生主体で,TVゲーム目当てだったり、こっそりと通信高校課題をスタッフと
やる機会を伺いに来たり、仲間と話に来たり、悩み話に来たり・・・
と言う風情でこの子たちは年齢に応じて夜、残ります。
これも貴重な時間です。

もちろん、スタッフも大人、時にはよかれと思って遅く来る組には
「せっかくだから早くくれば?」とか「もう少しゲーム以外も取り組む?」
「課題、宿題、学習やるなら付き合うよ」などなど、声掛けはします。
でも声掛けるまでです。

その理由は、子供だけでなく大人も本当は知っていますよね。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

 

行くところがある 

保護者さんから聞く言葉。
それを聞いて、私たちも嬉しい事は多いです・・・

明るくなった。表情かわった。話すようになった。
乱暴さがなくなった。なげやりが減った。
考えるようになった。見るようになった。気づくようになった。
先のこと言うようになった。実行しようとするようになった。
自分の弱みを言うようになった。親のこと話すようになった。
いろんな立ち位置、感じ方があることを知った様子だ。
意味ないと言わなくなった。苦手でもなんとかしようとし始めた。などなど。


さて、入会してから暫くしてこれ聞けるといいなあと思う言葉
「毎日行くところがあるっていいねと子供が言ってます」
これは毎度、感動します。

本当は毎日とか必ずとかのキーワードが重荷になる状況の子もいますので
必ずしもそれが最重要ではない、人によって、時期によって一番いい利用の仕方
をするのが望ましい場所、それがスクールなんです。

だけど、やっぱりうれしいです。

NCM_2784.jpg
 どうもこいつらも

 生徒と同じです。

 行くところがあるのは

 いいなと思っていますね。
a href="http://baby.blogmura.com/futoukoubaby/" target="_blank">にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

賑やか♪

 こんにちは、MSです 

雨が続いて憂鬱ですが

今日のスクールはKSちゃんが見学に来てくれ、
MKちゃん、TMちゃんと、私MSの4人、ガールズトークで
賑やかでした (私も一応ガールという事にしといて下さい

attachment00_20150908170121719.jpg    attachment01_20150908170123e0c.jpg

 女子はWiiスポーツ、男子はトランプをしていましたが、
この後、男子、女子、自然に混ざってみんなでトランプで盛り上がりました 

KSちゃん、また来てね 待ってます 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

パンフレット作成中ですが、すでにお問い合わせ増えています。

9月から個別学習時間を充実させつつも、相変わらずゆったり安心、自己ペースで
過ごせる場でもありたい。だから午前と午後をコントラストつけてみよう。
こう準備をしていることは何度かお伝えしていますが、ホームページは更新中です。
また、パンフレットはスタッフAさんのセンスと頑張りでようやく完成しそうなところです。
                 
つまりまだ告知は出来ていないわけですが、しかしながら現在の形でも
とても大切な場であることは生徒たち、親御さんたち、近隣の社会、
それぞれが解っているので、ニーズのある人へも伝わっているのでしょう。

男子だけでなく女子3人が過ごすようになり出していますし、また小学生女子から
お問い合わせも来ています。またいい出会いになること願っています。

再三のお知らせになりますが、なんせブログは日が過ぎるとなかなか、狙い撃ちで
見たい記事に当たらないので、しつこく書いておきます。
          
9月からのスクール                  
  

 レギュラー会員 10時からラストまで 個別学習指導可能 強制はない。
 たまに会員    月に何度か来る 時間はレギュラーと同じ
 午後から会員  14時からラストまで 人との関わりや仲間との活動メイン。
 学習会員     10時から12時半  個別学習指導を受けに来る。
 青年会員     17時から20時  同年代との語らい、大人との相談会話メイン。

  10時半から12時半は学習室?は教員免許保持者、教育学部大学生等が
 個別学習指導をする時間です。個別学習をしない生徒は自習、別室で本読みや
 やりたいことをしていても構いません。
 個別指導は子供と大人が相談して、スケジュールを決めてやっていきます。

 
 従来のように、学習時間外にスタッフやボラさんと一緒にまったり学習したい
 子はそれもOKです。どんどん言ってきて下さい

 12時半 昼食(持参)
 13時 TVゲーム解禁
 14時 アナログ時間
 15時 おやつ(持参)
 15時半 運動、散歩など
 16時 休憩 アナログ時間
 16時半 TVゲーム解禁
 18時 小学生帰宅 
 19時 中1,2帰宅、
 20時 中3以上帰宅

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

仲間が増える、活動に幅が出る予感

今日は小5女子、中3女子が見学に来てくれました。
現在の生徒同様、性格の良さ、可能性を持つ個の芯が
垣間見れていましたので、まだまだ迎える側も来る側も様子見気配とは
言え、私達は柔らかい気持ちで皆を見ることが出来ました。

久しぶりに公園(どうも運動したのはわんこ達メインだが)で太陽を浴び
夜はそのまま女子3人も残り夕食会を決行しました。

NCM_2757 (1) NCM_2759.jpg

さあ買い物だ!肉多すぎ?まあいいや

NCM_2764.jpg NCM_2766_2015090500444321e.jpg

戻ってからは主に女子(若干男子も参加)がカット、盛り付けしています。
2階では「せまい下では邪魔になるから・・」と男子6人熱中して何か話しています。

NCM_2770.jpg NCM_2769.jpg

まだ男女(新旧?)離れ勝ちではありますが、調味料やら食材やらのやりとり
その後の私の超独断クイズなどでは、確実に仲間で過ごせています。
楽しみです
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

4日金曜は夕食会です。昼は女子フレンド児童顔合わせ?

金曜の段取りですが、例によってあいまいです。

5時半から皆でライフに買い物(500円持ってきて)
6時から焼く、食べる
7時、クイズやゲーム

こんな感じでしょうか・・・

普段から、中学生8時、高校生9時(もっと遅い日も)まで居て
ゲームをしながら、しかしその会話にはとても大事なものも含まれてます。
いわゆる「居場所安心モード」「仲間への自己だし」「自分なりのいろんなことの受け入れ」
などの時間がありますので、金曜も彼らは残るでしょう。

昼は最近よく来てくれる5年女子TMちゃんはもちろん、
見学女子も(2名問い合わせあり)来る予定です。
当日、乗ってきたら夜も参加できるといいですね!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

ラストサマーイベントその1終了 元気でした!

8月31日に車3台で行ってきました!

バッティングでは気持ちよく振ることに心地よさを感じた?
みんなが何度もトライすたのには驚きました。
小遣いたくさん減っただろうに。でも元気満開です。

ビリヤードは全員初体験に近く、集中できるかなあと思いながら
レクチャーしましたが、これも全員、熱くなっておりました。
「それなりのかっこ」「それなりの成果」もちらほら出てきましたね。

最後の釣りは「いやだよ」「触れないし」「高いし」等々言っていたのに
これはまたみんな半貸切状態のなか、じっくり釣り人になっていましたよ。
びっくりするほどでかい魚をゲットした子も数人いました。

夕方、帰りにうちのわんこ達を迎えに行き、スクールに戻りました。
そのあとは、トランプ、ゲーム、会話でまったりできました。
いい一日でした。

NCM_2730.jpg NCM_2737.jpg
NCM_2748.jpg NCM_2750.jpg

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 



プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト