FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

効率よくできた夕食デー 明るくいろいろ考えましょう

15111743255249.jpg 15111790984970.jpg

本日は夕食デーでした。風邪のため、用があるため、人数多すぎは息詰まるためも
あるのかなあ、やや少なめで実施しました。生徒7人、計9人です。

このようなイベントは「分担をうまく計画して」「集中きらせない」「子どもが困らないで悠々と過ごせるため気を遣う」
等が必然であり、本当は来るメンバー、予測できる人数がはっきりしていると運営は楽なんです。
でも、皆の都合も考えるとそんなことはまだまだ言えません。明るく出来ればいいですよね?などと

それでも今回は人数が少な目だったことで分担仕事にあぶれないし、各チームの目的に応じた動きができ、経過観察も子供自身が自発的にできていますので効率のよい体験学習となったんです。しかも、おいしかったので各自が大満足していました。

カレー作り担当、トッピング野菜切りや炒め担当、ハンバーグ作り担当に分かれ、スタッフの用意したレシピマニュアルを参考に
よく協力し合えています。下に写真を載せませすが。

15111743254848_201711202146067e8.jpg 15111790985611.jpg

カレー担当小3君は味見なのにさらに入れ、長時間なめなめして恍惚しています。自分で作ったからね!
もちろん、相方の中3君、高校君がいろいろフォローしてますし。

15111740937091.jpg 15111741539103_20171120214829dd9.jpg

ハンバーグ担当は玉ねぎ嫌い2人組、始めは頑張ったが、ついに途中からトッピング野菜担当にみじん切りを手伝わせて自分たちは離れております。しかし、ちゃんとコネコネはワーワー言ってやっていましたよ。しかもそれを焼いたあと、俺の自家製ハンバーグはうまいと言って食べていたし。

15111742595716_20171120215102056.jpg 15111742596117.jpg

トッピング野菜担当はていねいに切るのが好きな男女組でかなり高度にできて焼き方もセンスありです。

カレーについては夕食デー担当スタッフがまいど研究してきており、今回もしょうゆ、みりん、トマト、〇なども入れ、本格的なものになりました。ハンバーグもカレーでもうまい、空いているところにモランボンさんにもらったデミソースかけてもうまい!そして緑黄色野菜のトッピングですごく上品に出来上がり風味満点!(写真は私のなので盛り付けが問題)ただし、せっかくの野菜を入れない生徒が4人いたぞ?むむ。まあぼちぼちでいいけど。

今日も満足して片付けもてきぱき、皆はカードゲームを少しやってからニコニコ帰りました。

スポンサーサイト

二十日月曜 夕食デー 新しい仲間、お初ピーも参加します。

20171117_162355.jpg 先に写真の説明です。
 わんこは子供と同じです。
 (幼い子供ね)
 いつもは自分からカンに
 ちょっかい出して、 じゃれ
 遊びを誘うピーですが・・・ 
 
 はじめはめんどくさがっていた
 カンが、ついにその気になって
 激しく追いかけごっこや
 戦いごっこをし始めると、
 力負けするので。

 少しやってから、急に被害者
 みたいな感じで「守って!」と
 人を頼るんです。 

 
この日、足が痛くて運動は見ていたMS君の中にさっと納まってますね、ちゃっかりです。
MS君も「まったくかわいいなあ」と言う気持ちと「せこくないか?お前」「カンを悪者にするなよ」 と言う気持ちでリアクションに悩んでいました。

さて明日の夕食デーはカレーとハンバーグ、目玉焼き、野菜炒めなどのトッピングに挑みます。新しい仲間も来ますよ!昨日カットして丸刈りのピーも参加します。楽しく行きましょう!

そういえば、モランボンさんからハンバーグのたれを頂きましたので、これもありがたく使わせていただきます!ありがとうございます。

新たな仲間をちょっと不器用に歓迎?

15109079243813.jpg 15109078868270.jpg
金曜は新しく小3男子が見学に来てくれました。

皆でウノをやり運動時間はミニサッカー、さらにはこの写真ですが、TVゲームを一緒にやりました。
生徒たちは当然、歓迎しています。ただ、ここで人との関わりわびさびを練習しているともいえる子達なので。

時に過緊張などにより、気遣いや歓迎の表現意識が薄くなっているようなことも・・・
そんなときは「どっちが新人かなあ」の様相も出るのが子供たちのあるあるです。(大人世界でもあるあるですな)

しかし、だんだん打ち解けてきているのは明らかなので、月曜の夕食デーにはもっと関わりが深まると思います。

当スクールは個人の尊厳との兼ね合いもある中で、でも、そこは隠さないようにしてますが。
人関わりの不器用さがある生徒たちです。皆が社会性表現学習をしているのです。
それを認めていただいての各学校出席扱いとなっています。

広くこの活動を理解してほしいし、子供たちを応援してほしいと願っています。


今日のみんな時間

こんにちは スタッフのMSです 

今日のみんなで何かしよう時間は・・・

英単語を知ろう!です

日頃、使っている物、英単語だと何て言うのか?



それを調べて紙に書き貼りました。


align= Inkedattachment01_LI.jpg

attachment02_20171114160839796.jpg attachment03_20171114160840b43.jpg

attachment04.jpg attachment00_201711141608433bb.jpg

attachment01_20171114160845aea.jpg attachment02_20171114160846dfd.jpg

attachment03_201711141608483c1.jpg attachment04_20171114160849e98.jpg

attachment00_20171114160851c85.jpg


意外と知らないですよね(#^.^#)

自分の作った物だけでなく、他の人のも へ~!そうだったんだ 

スクールにはみんなの作品が色々なところに貼ってあるので、

宝探し感覚で見つけるのも楽しいですよ 




                               

知り合いが増えて、関わりが増えるといいですね

15105620900431.jpg  最近、運動時間には近所の小4女子
 5人組がピーと遊びに来ます。
 もちろん、生徒達とも顔見知りになって
 ある意味、互いに人交流の学習です。

 (女子組はまだ、わんこふれあいに夢中)

 先日は皆がもっと慣れるように「この子
 たち、ほとんどがわんこに噛まれたんだ」
 と女子組に話したのですが・・・その時
 「皆、おじさんの家族?まさかね!
 多すぎだもん」と言われ笑いました。

15105620649230.jpg 
 フリースクールのことを説明するかどうか
 思わず悩んでしまいましたが、今はまだ
 言わず、自然に理解もらう作戦にします。
 
 この女子組はいずれは府中一中ですが
 現生徒の3人はスクールにいるのです。



 奥の方では生徒たちは最近来た女子大生ボランティアさんと運動しています。
 スクールに戻ってからもいろんな子がこの人と会話できています。

おじんおばんになってもミニ同窓会、スクール仲間もできるといいね?

土曜日は昭和40年に通った小学校の親友、西田さんの企画でいまや50後半の4人のミニ同窓会を開催してもらいました。
すでに孫までいる人も!(うちはまだまだだし、異性との関わり方もなんだか家庭もつのはかなり先の感じです。)

それにしても・・・この小学校では途中で地方に転校してしまった私です。しかも結構、刹那刹那での交友関係をつくり生きてきた型、と言うか、学校とか職場とか集団ではそこに属しているときはややしらけ、仲間の意義を斜に構え見ていた型です。なので継続していく友人などはほとんど作れていない私です。

それでもこうして50年振りに会い、お互いに忘れていた記憶を仲間の話しから思い出し笑いあう、え?そんなに自分のこと覚えてくれていたのか!そんなに互いに友達意識があったのか!とそれぞれに感動しまして・・・特に私の軌跡からすると「たかが数年で居なくなった子」「その後40数年音信不通だった子」にも3人がそんな風に記憶してくれていたのかと思うと泣きそうになりました。
とても幸せな気分の中で私は「こんなことがスクールの仲間でもできるようになるといいなあ」と思いました。

どうして50年ぶりのミニ同窓会に呼んでもらえたか。この小学校前半しか一緒に過ごさなかった親友ですが、私が地方に引っ越すときに「一生親友で居よう」と私と約束したそうです。恥ずかしながら私は記憶していないと言う非礼さです。それでこの人、フェイスブックやらラインやら(名称を忘れてしまったが)一時はやったソーシャルネットやらで、私を探し出してくれたのです。かなり時間がかかったそうです。そりゃそうです。私の児童支援のやり方はある時期、反社会的にみなされることもあり名前を出さないことが多かったし、どうしてもの時には娘の名前などで活動していましたから。(ここ、皆さんに迷惑かけてますね?すいません!)

そして、当時よく遊んでいた女子(今は女子と呼びたくないが)2名も一緒にミニ同窓会をしてくれたわけです。
特に今回は4人で当時に戻ろう!と言うコンセプトでかつての住居、遊んだ場所、学校などを歩いて回ることにしました。
かっこよく言いすぎですが「心地よいタイムマシン体験」「あっと言う間に気持ちは当時の4人感覚」です。きみまろが居たらネタにされそうですな


私たちの小学校は東中野と言う場所にあり新宿までも歩こうと思えばいけるエリア、あまりに都心に近いため都内で一番校庭がせまいことや当時は光化学スモッグで活動注意になることでも有名でした。確かアスファルト校庭も初だったとか?相変わらず狭かったです。写真は小学校HPのものです。
川の写真はあの青春の歌、神田川です。歌と同じ川沿いに皆住んでいました。今結構綺麗。ビルは新宿高層ビルとそこにつながる中野坂上ビル郡です。もう坂上の防空壕跡などはなくなったそうです。
15104437926871.jpg undoukai.jpg
また、あまりに新宿が近いためなのか、いまはもう商店街は昭和の賑わいがなくなって(閉店が多いそうです)わびしい感じもあります。何件かは当時にクラスメイトの家ですしね。
15104437796430.jpg
 しかし、見つけましたよ!
 われわれより長生きの店です。
 
 この隣のお菓子やで裂きイカを
 買ってから自転車で新宿御苑に行き
 ざりがにを釣ったんだが
 そっちのお店はもうありません。

 そう言えば西田君と自転車で
 渋谷に行き保護されたことも
 あったそうで、懐かしいです。
 
 写真では塔山小、新旧生徒が
 同時に写せましたね?
 先輩だぞ!(ただのおじんおばん) 

15104438335192.jpg 15104438646015.jpg

このあとは氷川神社に行ってみました。当時は縁日はディズニーと同じくらいの興奮でしたね・・
でも改めて見直すと結構由緒あるんですね、ここは。だから私たちにも神聖な場になりうるのかな。
長元3年(1030年)、源頼信が平忠常討伐の際に武蔵国一宮・大宮氷川神社より勧請し祠を建立したことに始まる。文明9年(1477年)には、太田道灌が豊島泰経・泰明兄弟討伐の際に当社で戦勝祈願し、凱旋後社殿を造営した。
大宮の氷川神社がもとで何百もあるうちのひとつですが、単体でもすごい歴史があるんですね。
写真にあるのは戦時中の機雷みたいです。当時はこの上に乗って押し合いなどしていましたが焦りますな。

15104438775696.jpg いろんな思い出、新たな思い、
 人のぬくもり、感じつつ、最後は
 今はこじゃれた中野坂上で昼飲みです。
 イタリア人のオーナーの気さくな店、
 味よし、雰囲気よしでしたよ!
 酒もうまく幸せでした。

 スクール生徒も大人になると
 (今でもか)いろいろあります。
 
 前進してるのか迷ってるのかすら
 分からないこともたくさん、
 

でもおじさんのようにこんな種類の幸せ感、予期せぬ喜び、これは生きてきた軌跡がどこかで意味のあるものになっていたからですよ。皆もそうなるよ。きっと。今は何のことかわからないのがミソかもね。じゃあ言うな!はいはい。




自力で培う社会的な慣れや耐性?遠足報告

毎度言うように生徒は個性豊か、状況や事情もそれぞれ。
なので今から書くことは全児童に当てはまるわけでもなく、もし読んだら「なんだかなあ」「失礼だなあ」と思うこともあるかも知れません。だけど、似たようにもがいている子も社会には居るはずだ、安心して時間をかけて自分なりのやり方を探している子も居るはずだと思うので、あえてブログに書きますね。

文中に凸凹とありますがこれは特段、発達障害傾向云々とは関係ないです。思春期の子供には必ずあることで、それがうまく処理できないと凸凹が極端に表出され、凸凹の少ない状態の子の作る集団(もっと言えば世間枠のようなもの)が苦痛になるることが多いのです。

今回の遠足は分倍河原駅前に集合(各自電車やバスで来ています)バスでサントリー工場へ行き見学、その後バスと電車、ゴンドラを使い読売ランドへ、中では自由行動と全員行動を何度か繰り返し、ナイターまでいて各自、自力で帰宅する。こんな行程です。
サントリーでは映画とお姉さんの説明で工場内を見学、その後試飲をすると言う流れです。
よみうりでは自由行動のほうが多かったですが、2回ほど時間と場所を決めて皆で再集合して行動しました。そのうちのひとつが日清UFO作りです。これもお兄さんがまず説明、その後オリジナルのふた作り(絵など書き入れる)具選び、コーティングをしてもらい、最後はお土産用にバックする、最後は自分でやりました。ナイター時間にも再集合して6時半に小学生と一部中学生が一緒に帰り、そのあともついたり離れたりしながら、皆は最後の時間までいて、特に指示していなかったのですが出口付近で全員が待ち合わせのようになり皆で帰りました。全員がいい表情していました。親の欲目じゃないけどいい表情は楽しかっただけでそうなっているんじゃないなと感じました。

行き先が楽しいところだったと言うこともある。それはそうですが下記の点はいい感じです。

集合に自力で来れている。
工場見学他人様と40人で横並び行動一時間以上、カップ焼きそば工作、絵描きなど人に見られるなかで横並び。
工作絵描き苦手な子も取り組み一時間以上乱れない。
1日自分の物なくさない、どこでもゴミや工作道具などを自分で片付ける。
大人を利用することばかりに逃げず、子供通しで動ける。
いなくなる子や自己都合で唐突に帰る子供がいない。
節度あるかかわりかたでいろんな仲間と話せる、それが苦手な子も少しでも話そうとする。
皆がこのようなスキルあげてます。


決して嫌みでなく、スクールに入会してから一定期間、何人もがこれらのスキルが脆弱です。いや、本当にスキルがないのではなくて何かの事情で発揮できない状況になっているんです。
でも各自がさまざまに工夫、改善してそれが時間とともに個々の社会性に繋がっている気がします。

当初は、、、悔しさ辛さ怒り喜び楽しさ申し訳なさ労り虚脱感高揚感不安などなど。
周りから見るとこれらの感情が凸凹に表出、自己都合理屈合理主義者のように見えるとか。
何かにとらわれると無意識に、凸凹がバランス悪く際立ち、このため、周囲にはその子が自己都合でコロコロ変わるように見えるので、人関わりや集団では、あたかも反社会的に診られることが多い子達です。

それが相当な体験慣れしてきて。苦労、心の耐性追い込みなど各自がもがきながらやってきてるからでしょうね?


また家庭で「決して証拠を示し子供を叱責しない」「社会都合だけで植えつけない」ようにしながらも、現実社会との著しいずれに対しては毅然と対応するような育み、これを我慢強く保護者さんがやっていることも大きいと思うんです。

なにしろ、とてもいい遠足でした!


長くなりますがその日の写真です。
15099633442553.jpg15099499045661.jpg
15099378103690.jpg15099405170531.jpg
15099629094910.jpg15100083584354.jpg
15100082044926.jpg15100084348495.jpg

いろんな思い 11月6日(月)遠足行ってきます

15096635375470.jpg 15090909860992.jpg
15090909097204.jpg ad1e5_0001558550_1.jpeg
先日の子供会議で遠足行き先を決めました。いろんな願い思い都合が入り混じる中、生徒たちはそれをどう表現するか、人の意見をどう聞くかなど体感しています。

事前に出してもらった行き先アンケートには希望地、行き方、どんなことができるかなどを書いてもらいました。なかなか考えて書いている子も多いので良かったです。また「皆でいけるならどこでもいい。」の回答も複数有りこれもこれでよかったです。

ただ、いろんな希望地に分かれすぎてしまい・・・この子供会議では「どこでもいい」と答え人にどこかひとつ投票してもらう形での決定となりました。

そして最終的によみうりランドに決定です。大人としては後日毎年恒例の夜のよみうりにも行くので今回は別のところがいいなあ、2,3出ている社会科見学的なところがいいなあなども過るわけですが、今回は誘導のようなことはやめました。まあ、入会1年未満のお子さんも少なくないしその子達は皆でよみうりにまだ行ったことない。とにもかくにも自分たちで決めたところ、皆で行って楽しいところとしての多数決を尊重します。

suntory-736x600.jpg
 あとは皆には「せっかくなので少し知識体験
 アップ狙いを大人の希望で入れさせて」と
 話しまして、途中で サントリー府中工場見学
 に寄る事にしました。
 地元の子供も多いので
 「ビールもらえるからでしょ」と
  当たっているつっこみが入りました。

サントリーさんいつもありがとうございます。

月曜日、皆で楽しく行ってきます!

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト