FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

弱気な子(カン)の可愛さ スクール生徒もわかっています。そのうち皆とも馴染むからね!

15198212708650.jpg

毎日の運動時間、過去ブログにあるように。
スクールの生徒たちは大きく広がってなんやかんややっていますが。

最近はその近くではこんなシーンもあります。
府中公園を利用している近所の小4生です。ピーと遊ぶことが大好きなわけです。
軽薄な(嘘です、人懐っこい)ピーは毎回大喜びでボールを投げてもらうんです。

だけど・・・かんは「怖いよ何この子たち、スクールに居ないよな」と感じるらしくて。
何度も顔合わせているのに威嚇するんですよ。噛みつきかけたり・・。
確かに広い公園全方角から子供の嬌声が聞こえるし、そこで小4ちゃんたちが
束になってくる、一度に声かける、この状況が怖いんですね。

そのカンはスクール生徒が来ると甘えるわけです。
小4ちゃんたちは「なんで?」と騒ぐ。ははは。
生徒たち「よしよし。カンはかわいいのう」となるわけです。

調子に乗った私が「性格が似てるんじゃない?」と言うと無視されるけど。
スポンサーサイト

じっくり考えるのもいいね アナログ時間

15197134335200.jpg

今日は昨日、多数でのサッカーや電子ゲームをやった疲れも出たのか・たまたま用事があったのか・わかりませんがアナログしよう皆でなにかしよう時間は少なめでした。(夕方にはまたそこそこ揃いましたが)

生徒は5人でしたが、その分、落ち着いてしっくりと推理や分析を楽しんでいまして「うーん。確かに公平に各自を尊重しあい推理や分析を競うにはベストの人数だな」と思いました。施設や学童でもこれは同じです。きっと大人もですね。
ゲームでも子ども会議でも学習的なものでも、電子ゲームですら一定以上の人数になると自分以外の人に気を使うとか、人の動向把握も必要だし、影響もされるし、どんな人間でもなかなか内容に入り込めなくて、落ち着かないこともありますものね?

私たちも、いつも「また二桁の生徒数でした!」と喜んでいるだけではいけませんね?
もちろん、多数でなにかする価値も大事ではあります。ものにもよります。
今日のような内容の時は、たまには2つに分けるとか交代制とかなにかアレンジしてみましょう。

人が集えば・・いろいろあるけど。いい経験、楽しい経験もたくさんあります。

15196315114891.jpg

本日は普段学校に通っている小3君がたまに息抜きに来る日でした。早いうちから、かなりの人数になったので外運動は府中公園でミニサッカーをしました。大きい小さい上手い苦手、混ぜてうまいこと盛り上がってくれました。生徒たちの打ち出した盛り上がりオーラです。

20180226_153524.jpg 15196315114180.jpg

さて、最後の写真は片付けなんですが。
今まで厳しめのスタッフが居る時は中高生は率先して「お任せ下さい」的にやっていましたが、今はどうでしょう?
片付けは女子と小学生達かい!(笑)

君らの行動は人を見て変わるのの?権力になびいていただけ?やらせておけばいいの?と叱りたくなる大人も居るでしょう。だけど、確かに「ちょっと調子いいなあ」には見えますが、この現象はどこの子ども達社会にも部活にもあるあるなんですよ。叱りの対象ではないんです。とても説明が難しいんですが。

この集合体でこの状況で中高生をたしなめるのはおかしいんです。
葬式の時「今日のあなたの役は座っている役」と言われても「なんかしないと」「自分を見せないと」などと焦り、あれこれ口出したり、せまいところに顔出したり、役割を果たしたと安心しても。実は式次第は滞り困られてる、そんな人たちを量産するようなものなんです。

片づける対象の数は限られてる、流れもある、目下に押し付けていない、目下が率先してやっている状況ならば温かく見守るでいいんです。いざと言う時に率先して動ける人である、それをお互いに知っているからいいんです。

この後はスクールに戻り、クールダウンで和やかに会話した後は、皆、楽しそうに電子ゲームに入れています。

さらなるスキルアップはメンバー入れ替えや交代のやり方、仕切り方、提案の仕方になります。
ここをどんどん体験学習してください。
ただ、人間って難しくてねえ。これは大人でもなかなかできないこと、結果はのんびりね!

親子で話して見てください。せっかくのグループ人かかわり、役割スキルアップ

15195160497940.jpg

4月から高校や中学後半年齢になる人が多くなるね?
小学生から中学生になる子も2人いるね?

そこで、大人でもよく悩むことなんだが挑戦してほしいこと、
挑戦と言うより意識してほしいことを書くよ。

今までも皆が、意識してくれていることは見ていて分かるんだが
せっかくだから、それを仲間で相談してみることもやってみて。


ええと、なにかと言うと・・・・

ウイやプレステ、スマホでの電子ゲームを
新人や下手な人も同時に一緒にやるとか、または交代でやることだ。
これを仕切る、気遣う役割もトライしてほしいのよ。


これが・・・大人でも悩むほどむずかしいことなんだよね?

なぜかと言うと・・・
君たちも運動とかカードゲーム、クイズ、多くの人数の行動など。
なにか苦手なものがある場合、そうなってしまうことがあるように。


苦手なものに誘われるとその時、人はどう考えるか・・・
「え、やりたくないな」「どうしようかな」「ちょっとはやれるかな」はあるあるだ。

でも、頭の中はもっといろいろ考えるだろう。

皆も苦手なことだと感じていること、だけどちょっとはやってみたいとか皆と一緒にできるといいなと
思っていること、これを誘われたときの自分を想像してみて。


「やってみたいけどうまい人たちに迷惑だよなあ」(これかなり多いと思う)
「できないことを見られるのは恥ずかしいなあ」(これもか!)
「うまい人に見え見えに手を抜かれて参加するのプライドが落ち込むわ」(あるある)
「本当に興味がないので誘われても困るなあ」(人によってはこのようなこともあるかもね)

この反対の不安もあるよね?
「どうせうまい子達で盛り上がり、参加しても自分は面白くないかも」(そう心配するのもわかる)
「一応、参加はさせてもらっても内容では下手くそは無視されるんだろうな」
「手を抜いてくれるのはありがたいけど、なんかうまい人は退屈らしく、ふざけてばかりでむなしいわあ」
「結局、うまい人、付き合いの長い人通しでやりたいんだね。自分は邪魔かな」(スクール生徒は全員ここ敏感だな)

そのときにあまりに考えてしまい悩むと、誘われた新人、苦手な子は・・・
誘った子に対する感謝を出す余裕がなく・・・
誘った側から見ていると「無表情になったり」「嫌そうに断ったり」「はっきり答えられなくなったり」
と誤解されそうな態度になりやすいものだ。(特に中学年代には多いんだよね。)

だから、さっきも書いたように
大人ですら「うーん、誘ってあげるのは今のこの子にとってどうなんだろ?」「うれしい?」「苦痛?」
「まず大人数でなくて個人的に近い人数で?」「でもそれだと、どんどんうまい集団と絡めなくなるな」
などなど悩むんだよ。

それほど難しいことではある。
だけど、今まで運動や皆のカードゲームで。
何かと君たちは生徒通しで話して、誰かが提案したり場を仕切っったりしながら・・
新しい仲間と関り、その「新しい仲間」が「気心しれた仲間」になってきていることも
大人は知っている。


これは子ども通しだからできていることもあったんだよ。
今回の電子ゲーム系もそうなると思うのでぜひ意識してみておくれ。

昨日のみんな時間

賑やかさが心地いい時、逆な時

20180220_160939.jpg 20180220_160821.jpg 
今日もたくさんの(と言っても10人超えですが)生徒が集いました。
早いもの勝ちの個別机は埋まり、この後来る人は図書部屋で学習だぞ!と言いたいところですが夕方から来る人はゲーム等をツールに人関わりを体験し、息抜きをしと言うコンセプトなので机は使わないんでした。(👜置きに必要?)

さて、言い方が難しいんですが・・・・・・

推理するゲーム、子ども会議、運動、電子ゲームなどをそれなりの人数でまとまってやる、できる、楽しい、推し量れる、見る、見てもらう、それが心地よい時期に子どもはぐんと社会性スキルを伸ばします。

我々はついついこっちをアピールしたくなりますよね。

でも・・ぶり返しで「集団で動く、気遣う、推し量る、見る、見られる、合わせる、合わせられる」のには、人によってはものすごい疲労も伴うわけです。特にうまく出来た時に、自分もうれしいし大人も喜ぶのでより完璧を求めやすくなるわけで、余計にぶり返しが来るんです。その時には極端に言うと別の自分みたいに力がなくなっているんです。
理屈ばかりで子供の実勢をちゃんと見れない人には、子供がさぼっている甘えていると感じてしまうほどの変化です。

ここは集団行動を休まないといけない時期なんです。あの時できたじゃん?ではないんです。
子どもの体内ではもちろん、残念だとか不安だとか申し訳ないとの思いが蔓延してますが、休みながら傷つきながら学習もしているんですよね。超長いスパンで。

と偉そうに語っていますが、私も話の切り口によっては、その時の場のニーズによっては、集う休むどっちもありだと説いている人とは思えないような解釈をしてしまうこともあるんで、そこは気をつけないといけませんね!

大人が感心?夕食デー

15190352012030.jpg 15190352013061.jpg
 
今日はお好み焼き、イカ焼き、焼きそばです。
写真を撮るのが難しく材料カットの場面がないですが・・・
こうしてスムーズに?各自がお好みを焼けるところまで行きました。
右上の写真はチーズのせですな。左は「もんじゃだもん」と作り手が叫んでいます。

15190353151345.jpg 15190352881794_20180219192841539.jpg

好みの具を入れましてどんどん焼くぞ・・・
なんと2枚の鉄板のうちひとつが熱くならない!寿命??
やむを得ない。順番に焼きましょう!
 
15190353152477.jpg 15190353151736.jpg
 
早く食べ終わった2人には焼きそば、焼肉を調理してもらいました。
それが出来上がることは皆、お好みは終わり「うめえ」と言いながら焼きそば食べました。
 
このような場だと大概のものが美味しいんですが、本当に味や作りがしっかりして来てるんです。
久しぶりに参加のボラスタッフも「生徒たちのテキパキ感」、大人がそうそう仕切らなくても「協調を考えた動きができている」ことにはかなりの成長を見出したようです。今は夕食デーの平均参加数は7、8人ですが二けたになっても同じように全員で気楽にできるようになるのが次の目標です。


この夕食デー、一般的にはかなりのスキルなんですよ。少ない作業を小さなキャパで多人数が分担協力ですからね。
どんな子でも家しか知らない場合にはすぐにはできないことです。

これは「それを言ったら台無し」なんですが・・逆に作業量を考えると全員分担、機会均等狙いするのは超非効率でして。
だったら出来るまでおとなしく待ってるわと言うのも社会的正論なんですが、そこはねえ?

19日 夕食デーはお好み焼き、イカ焼き、焼きそば?

TSU_mayomayookonomi_TP_V.jpg images_20180218145555249.jpg
 もう何十回目の夕食デー、メニュー選びには悩みます。
 子ども会議にも意見を求めるものの皆も悩みます。

 なるべく皆が関れる、分業できる、退屈しない、苦手なものが少ない内容、
 こんな風に気をつかうと益々「うーん」とはなります。

 特に調理分業にしくいもの、細かな行程があるものを思いつくと・・・・
 「今回は大人とボラさんで作るからゲームして待ってて」とか言ってしまいそうですが
 それではスクールの主旨を逸脱しているのでいけません。

 と言うわけで?今回はお好み焼きにしました。3回目かなあ。
 あとは焼きそば、これもキャンプのときまで入れると10回目近い?
 そのキャンプのとき「魚介は嫌いと言う子が多かったのに、無視して焼いたら
 あっと言う間に無くなった」イカ焼きもやりましょう。


 今回から運動前に買い物に出ます。
 (そのほうがスーパー空いているし、保育園に子ども迎えに行くスタッフにもいい)


 また、皆で楽しくできるといいですね?

発散

15187689156360.jpg

本日は新入会生徒も曜日限定の生徒も来ました。
夕方には高校登校のあとで来る生徒やバイトの後に来る大学生も来ますので、スクールとしては出席記録人数がかなり多くなる曜日です。

さて、児童青年のストレス抜き、発散、これはいろんなものがあり得ます。
当スクールでは一番効果的なのは府中公園での運動時間になります。

不登校になる中には体育が苦痛で不登校になった児童もいます。
つまり、運動が苦手な子、同じ行為を強いられるのが嫌な子、これは多いです。

だけど、公園時間、結果的には運動があまり得意でない子が皆勤賞になります。
それは生徒たちが主体で(スタッフも一緒に考えますが)得意不得意な子が出来る運動に自然にアレンジされていくからなんです。

皆、一朝一夕でそのように出来るようになったわけではありません。
やっぱり、仲間意識なんです。これは経験財産なんですよね。

だから皆が発散できるわけです。
もちろん、そうは言っても時には「うーんやることないなあ」「誰も抜けないでほしいなあ」「これは全員は無理かなあ」などの悩みはありますけど・・・それも学習ですよ。

15187689454191.jpg
 ちなみに写真の運動は・・

 必殺はさみっ子です。

 内容は説明を省きますが
 皆のオリジナル運動です。

 なにしろ「わー!」と
 発散できるんです。


新しい出会い 信頼関係までの道は楽じゃないけど意味がありますね(かなり長いです)

15187487432380.jpg
体験中だった子は生徒会員になると決めたそうです。皆、ウエルカムです。

また、新たに女子2名の見学打診が来ました。
まだ親御さんから、医院さんからの打診段階で、本人が見学まで動けるかどうかは不明ですが、早く仲間になれそうかどうか見に来てくれるといいなと思います。

さて、そんな中、ボランティアさんのお申し出も頂いています。
後半にボランティアさんのことを状況解説しているので支援よりそいの難しさについて興味のある人は読んでもらえるとありがたいです。

その前に・・・
フリースクールは個人思考が強い(本当の自己中でなくて社会ほうれんそう的にそう見えるだけです)人の集まりやすい場ですので、本来はその個の事情を考慮して、課題や情報は個別対応にしながら、それもややオブラートに包むような対応が望ましいとする施設が多いです。まあ学校などもそうですね。

しかし、当スクールは(と言うか私の経験から性格から?)他の施設に比べて個の状況のオブラート扱いを避ける傾向があります。
そうです。あえて共有してもらい、個優先思考と誤解される動向を抑える癖をつけるとか、知らないうちに全体を意識する癖を身につけること、「ばらされた」「見せしめにされた」と被害妄想過剰にならないスキルを身につけさせたい、このような効果を考えているわけです。

先々、多数の人関係、仕事などで困らないようになってほしい。礼節に欠けると誤解されないようになってほしい。

当事者や保護者さんや支援する大人にとっては、決して被害妄想でなく本当にムカッとするようなこともあるかもしれません。個感覚を無理にミニ公共に引っ張り出すことになるわけですから、その耐性ができていない場合かなりきついはずです。個人情報遵守のリミット意識も人によっていろいろですし。偉そうに上から説明ですが。

すみません。この段階でかなり長文になっていますが。

まだまだ書きます。この先はボランティアや支援についての実際をあけすけに書きますので興味のある方のみぜひお読みください。当然、個人意見をもとにスクールを解説していますので感覚的な説明になりますがご容赦ください。

以前も「多くのボラさんが着てくれるがその7,8割がぷっつり連絡が途絶え・・」と説明しましたが、来れなくなった方々の要因推察を書きます。個人意見です。
今回は子どもの特性から大人が疲弊していくのも事実だと言う面は省いての話です。

さて。これまで数回でこれなくなっているボラさん方には共通項があります。どうして100に近い数のボラ希望者さんが来てその多くは足が遠のくか?(しかも無連絡が多いのがこれまた・・・・)
理由は簡単です。来られなくなる方の過半数はそのひとたちも居場所を探しているからです。困っているんです。

この方たちの共通項、それはご自身に人かかわりでの困りをお持ちな点です。
発達グレーである。時には明らかにその領域であったり起立性や自立神経の調整が揺れていたり、潔癖恐怖や対人恐怖などを
経験している、または今もその気配がある・・・・

もちろん、そうご自身がこちらに言ってくれた場合がほとんどですが、他には「あえて見れば、確たるものはないけどなんとなくそうかも」の方も少なくなかったです。まあ、多分に失礼な推察が入ってはいますのであくまでも個人見解です。
しかし、とにかく「どうもご自身の人かかわりとか気付きに困りが見えるなあ」と思わせる方は圧倒的に多いわけです。
さらに言うと自身が動見えるかの客観自覚が弱い人も混在します。(これが一番大変)

となると、毎回私は悩むんです。生徒みたいなんです。

子どもたちの特性、事情を考慮して全体を維持するスキルがまだ弱い状態と言うか、もしかしたら発想が自分の目盛しかないので集団客観の力がまだ弱い、結果的にスクールのような場では「支援側に居座れない」んです。

極端に言うと、ここでいろんな人かかわり経験、規律の遵守を身につけた生徒のほうが「自分都合でない全体のことを意識する」スキルが上になっているとも言えるんですね。(生徒たちがボラさんにも気を使うのはいい学習でもあるんです。)

そうなると・・・役割を自分から創れず場で浮き、ご自身も生徒も困っているボラさんには「20歳でも会費を払っている青年世代もいるんだし、あなたもそうなるべき」「無料であなたの不安を解消する場所にすることはダメなんだよ」「生徒として大人が支援するから仲間との協調を社会ほうれんそうを学習したら?自己客観も認知もすれば?」とこんな風に匂わさざるをえないんです。もちろん、それを言う前に「こりゃ自分の居場所にはできないな」と感じてぷっつりになる場合も多いわけですが。

本来ならば、支援側にも弱点があり、それは生徒と共有できるもの一緒にスキルアップしていくものとなるのは理想なんですが、利用者が意識的金銭的に損しないためには・・・なかなかそうも行かないんですね。
これは昔から、障害福祉、老人福祉などの現場でもよくある悩みの課題なんです。


さて、前段の解説ではやや杓子定規に「子どもたちが損しないように」みたいな理屈で説明していますが・・・

今度は矛盾するようなことも書きます。
実際は「大人にも困りはあり、そこを乗り越えようとしている大人と空気を共有する、関ることで子どもたちが成長する面もある」んです。

例えばあるボラスタッフ、本人が達観?(本心不明)しているので、何を言っても笑っていられる。
だから、紹介しますが・・

彼は有名大卒、行政書士、柔道の段ももっていますが見事に「宝の持ち腐れ」です。
それは彼自身が「自分は人との共同仕事に難がある」とか「興味が続かない性格が人に迷惑かける」などを若いときに自問して、そのあと「とらえどころのない生活」を見事に今もやっています。

もちろん当人は本当はたまに焦るとか笑うしかないけど実は・・・なんてこともあるかも知れませんがすくーるでもニコニコやってきて、いわば空気のように浸透しています。
TVゲームやボードゲームは子どもと一緒にやるものの「自分のほうが飽きてしまい」すぐ抜けます。当初は「この人はなんのためにいるんだろう?」と困った児童もいると思います。

だけど・・・今は一定の信頼感情を持つ子も増えています。

いいですか?「〇やるなら×がないと意味ない」とすぐに白黒で発想する子達の特性をほぐしている意味があるんです。
本当は宝の持ち腐れではないんです。それを使う機会がなくてもそれを持っている、それをゲットするために努力した経験が人柄やオーラには出るんです。彼は自身のことはあきらめたりやめたりが多い、でも場に責任を持つことについては愚直にしつこくできるのです。それは宝の持ち腐れをもっているからです。
とても説明しにくい話なんですが・・・・・

「どうせ後で活かせないだろうから、取得しても意味はない」と言う白黒思考、逃避思考と反対なんです。

このあたりのニュアンスは人格形成にとても重要なんですね。
だから彼のような人は存在が指導側なんです。
(でも意味不明な人なので反面教師にしてもいいんだけど、笑)


どうも長々と失礼しました。
ボランティアは世の中の仕事の中で一番むずかしいことなんじゃないかと私は思っています。
だから、私自身も過去施設ボランティアなどで挫折したこともあります。
でも挫折もなにかの学習要素にはなったと考えています。

若い人はいろいろ挑戦してみてください!(若くなくても)

チョコ作り、ピザ作り、楽しく出来ました。

15185116193970.jpg
見てください!お店のバレンタインチョコみたいでしょ

今日は皆で中身も包装も手作りしましたよ!
スタッフMが準備、レシピを配り始まりましたが、最初はやいのやいのでどうなることかと思いました。
でも、これもスタッフの導き感性です。皆で作業やった感を伴いながら見事な仕上がりになっています。

15185078979380.jpg 15185079458133.jpg

女子組は私の要請で餃子の皮ピザやうどんチュロス?も仕込んでくれまして・・・
これは、用事があって夕方から参戦の子たちも一緒に皆で食べました。なかなかのお味です。

お菓子のラッピングに苦戦している男子の手も写っていますね?

15185079205802.jpg
 最近、妙に知恵のついた
 ピーです。

 今日も皆、楽しそうに
 なんか作っているなと
 思いつつも・・・・・、

 「危険なので犬はチョコもらえない」
 ことは知っていまして
 まるで、すねて階段上で
 様子を見ているようです。

 (カンは顔突っ込んでますね)

自分のためにもバランス配慮学習 楽しく自然に (スクールは13日チョコ作りかも?)

15183146779441.jpg

少し前の多摩川河原です。
いつもは少年野球かご老人のゲートボ-ル、わんこ走りのどれかに使われている場所ですが。

なんとにぎやかに幼稚園(保育園?)児童が凧揚げです。壮観でしたよ!
先生の指導もあるんでしょうが、各自が人と交差せずにさりとて連帯感もありありで、とても良い表情で空を見ています。
明るく元気でしかも落ち着いて・・・・・

児童たちの様子を見て、この施設は普段から児童との信頼、距離、けじめ、気付かせなど、大人がいい関わりをしてきているんだろうなあと思いました。

15183146517300.jpg さてスクールでは13日(火)
 バレンタインイベントとして
 チョコだかスイーツだかを
 皆で作ろうと思っています。

 はっきりしていないのは
 やり方を女性スタッフに
 任せていて、今彼女が
 案を練っているからです。

 しかし!彼女の娘(1歳) が
 今朝から発熱との連絡が!
 風邪ではなく幼児特有の
 1日熱かな?



 まんがいちの時は、女子生徒主導でやりますね?
 そうだ、モランボン小杉さんやミクに教わった餃子の皮利用のお菓子があったな・・・

才能あってもなくても楽しみながら感性を!

今日は二けたの生徒が集い運動も学習も、洞察力を高めるゲームも和やかにできました。

15181778826720.jpg

女子2名はエレクトーンの練習もしていました。

先日、誘うと二人とも「あまり慣れていないから」とら尻込みするので「超簡単な曲の楽譜を用意してあげるし、素人の俺も一緒にやろう」と投げかけておいたのですが、いざとなると私は必要なく?2人でああだこうだ言いながら小一時間とりくみ、最後はなんとか曲として成り立つほどまでいけました。楽しそうでよかったです。

まだまだ、一人が右手パート、一人が左手パートをやる方法なので、いずれはこれを両手でできるようになるまで繰り返しの練習が必要になります。私はそれに耐えられず教室を2か月でやめた苦い思い出があります。気楽に気長に飽きずに2人の会話も楽しみながらやってほしいと思っています。

15181779035971.jpg

こちらは新たに仕入れたボードゲームです。
これまでは引退したスタッフがマニアで、家から持参していてくれたのですが、大学生、高校生、女子からのリクエストがありましたのでスクールとしていくつか購入しました。

下の段は多人数でできるゲーム、あらゆる年代がわいわい楽しめる比較的、単純なものです。とは言っても推理、分析、予測は必要なのでそこそこスキルアップも期待できます。だいだい10分から20分でできるものなので昼に皆でやりたいです。

上の段はいわゆるボードゲーム好きな人が楽しめる(嫌いな人にはめんどくさい)ゲームです。
長いのは1時間以上かかります。私などはよくルールが分からなくなりギリギリのところですが、でもかなり面白いです。やはり推理、分析、予測、計算、他者との駆け引き、心地よい集中も楽しいですね?スキルアップにもなりますし。

これは今までどおり専用の部屋(スタッフ部屋のことですが)で集中して夜にやろうと思っていますが、ちょうど今日好きなメンバーがそろったのでやってみました。

全員が初めてのものを選んだところ、YKちゃんは最年少ながらマニュアルの理解がとてつもなく早く正確なので、大学生高校生そして私は唖然としました!当然、ゲーム自体も強いので我々はタジタジでした。でもこれまでも皆、彼女に勝ったこともたくさんあります!ルールや内容を時間をかけて理解してくると互角になれるわけですから。
こちらもいろいろな子に挑戦してほしいと思います。

応援のお気持ちを生徒はどこかで感じます。(単なる親近感に見えても)

15179846270291_20180207195541763.jpg

報告遅れましたが・・

昨日は我らの味方、山上元市議が藤井都議をスクールお連れ下さいました。
たまたま、前日のスタッフ送別活動の煽りで生徒が5人しかいなかったのは残念でしたが、しかし!藤井都議は若い情熱をそのまま子供たちとのバトミントンの戦いに注ぎ込んでくれました。盛り上げ方もうまく人見知りのある生徒たちもすぐに乗せられ?弾けましたね!

お気の毒なのは山上さん、チーム数確保のためコートに呼ばれ足の具合も心配な中、しっかりプレイしていただきました。
(でも、いそいそとコートインしていたようにも見えましたが・・)。今頃は筋肉痛かもしれませんね。

15179845862140.jpg

 運動後はスクールに戻り、山上さん、
 藤井都議と不登校支援、引きこもり支援
 を中心にいろいろな話をしました。
 
 このテーマに絞って話し合うと言っても
 本当はありとあらゆる社会のいろいろな
 ことが絡みあっての結果ですので、
 「うーん」
 「じゃあ〇から改革をが正解?」
 「それじゃあ課題が大きすぎない?」
 「それはそれで根幹だけど」
 「理想と現実のかみ合わせもある」

 「市井では今の困りを持つ人への公平支援、尊厳保証が求められているよね」なんて堂々巡りと言うか、すっぱりできないことだらけです。

それでも、今回は聞き上手なお二人にリードされて、いろいろ話せてとても嬉しかったです。
山上さんからはこれまで以上にご意見や思いも聞かせていただけましたし、このスクールに限りませんが、皆にとって心強い役割を担ってくださっていることが改めて感じられました。

藤井都議は若い情熱で、都民のため、社会のため、あらゆる人への公平な支援をどうしていけばいいか、相当にお考えになってる感じが伝わってきます。どうぞ気合でどんどん進んで行ってください!応援しています。

そう言えば・・当スクール、今日水曜はまた普段の生徒人数に戻りまして・・・
ミニサッカーをやりました、藤井さんも経験者のようですし、日々の激務のストレス解消、運動不足解消にまたぜひこちらで運動スタッフに来てください!


15179931973110.jpg

15179932276101.jpg 藤井都議には保護者さん方、支援者の
 皆さまとも今後もいい関係が広がる
 ことを願っています。

 山上さんはこれまでよりさらに
 生徒や保護者、支援者、関係者
 が親近感をもったと思います。
 
 (偉そうにすいません!)


 ありがとうございました。






スタッフSお別れ 夕食デー 

15178276507641 (1)

昨日5日は6年間、生徒を見守ってきたスタッフSの引退日でした。
ちょうど月曜夕食デーと重なり、いつもレシピ作り、生徒の振り分け、買い物同行、調理支援などの中心にいたスタッフでして、多くの児童、OBが集いました。この写真は最後に一緒にTVゲームをしながら最後列で生徒を見守る?一緒に戦う?Sです。
後ろからは見えませんが、当人も生徒たちもいい表情でした。うるうるしそうなのは私だけ?と言うこともなく、皆はいい出会いと別れ、そして形を変えたご縁の可能性を無意識下でとらえての表情なのかなと思います。

15178279807688.jpg

いつもは7,8人の運動時間も早くから二けたです。残念ながら、先日の雪の影響で、府中公園はまだ土の部分がすっきりしていなくて限られた運動にはなりましたが、皆で弾けていました。

15178276726143.jpg 15179117540490.jpg

そのあとはいつものようにスタッフSが仕切り(と言ってもほぼ生徒も自発的になってます)夕食デーです。
はじめの写真は出来上がった恵方巻を撮ろうとしたのに、皆、食べるのが早くて・・・かろうじてこの2枚、カンが「なにそれ?」と言いたそうな恵方巻と豪華材料があまり好きでない人の恵方巻でした!ご愛嬌。

15178279420185_20180206190406e38.jpg 15178278845210.jpg

15178278347217 (1) 15178278634219.jpg

まあ、しかし、久しぶりに来たOB大学生が「こんなにしっかりした全員分担できている食つくり会になったの?驚いたよ」「いつの間に皆すごいな」と言ってくれました。
そうです。繰り返しの力ですが、それは生徒たちとスタッフの工夫意識、耐力、集中力のスキルアップと相まっていたのです。〇〇は力なりと言うでしょ?

15178276507170 (1) 15178276507641 (1)
片付けも皆で素早くすませられ、今日は特別に遅めまでゲームOKとしました。
そして、途中からはSも入りました。(一番上の写真と同じ)
きっとSはいろいろな思いで後ろから参戦していたのかなと思います。

8時前、小中高生が帰ったあとはOBや本業の学童保育職員業務を終えて駆け付けたスタッフKMと9時半まで話していました。
Sは6年間、生徒や保護者さん、関係者、支援者の皆さんとのかかわりで得た自信、気づいた自分の性格?などと向き合いながら明日から新たな道に歩き出します。(また来そうな気もするが)

ありがとうございました。

何を祈ろう?夕食デー

ダウンロード images_20180204162924b57.jpg
明日5日の夕食デーは少し遅いですが恵方まきをつくります(お吸い物も)
まぐろ、さーもん、アナゴ、きゅうり、たまご、肉、かにかまなどを用意して・・・
皆、思い思いの恵方まきを作ります。中身は当日もリクエスト受けますよ!

肉はモランボンさんと府中子ども食堂さんのお裾分け、先日、西の市議が持ってきてくれました。ありがとうございます。

さて皆は何を祈る?願うかな?

実はこの日は6年間、ずっと皆といっしょにスクールを盛り上げてくれたスタッフSの引退日です。
はじめのころ、私の家族をさくらにして生徒申し込みを待ったなあとか、方々にチラシ撒きを繰り返し、まるでそれが仕事のような数ヶ月だったなあ、ようやく生徒が来てくれた頃から手探りで子どもたちと向き合いながら、なんとかスクールとして成り立つようになったねとか、スタッフも悩みながらいろいろ得てきた貴重な経験だったです。代々の生徒たちも同じです。大人も子どもも一緒に成長してきましたので。

なので、今大学、高校、中学に通いあまり顔出しをしなくなった半OBのような子達にとっても、このスタッフは重要な人物?だったわけで、月曜は皆来ます。(相変わらず多人数空間は苦手な人間たちですがそれでも来ます)

なにを祈ってほしいとは言いませんが、いい空間を共有してください。
そうすれば、いすれSもOBとしてイベントに顔出すようになると思います。
人間はご縁を感じられる関係を無意識に大事にしているものです。スマホやパソコンの薄い縁ではなくて本当の縁を大事にする生活は自分を改善していきます。(今、子どもたちに言ってもわからないけど)


ダウンロード (1)

また雪ですね。


image1_20180202103435ef2.jpeg おはようございます。

 前回の雪も溶けきらないうちにまた雪ですね

 本日、スクールは開室しています。

 寒いし、雪だしで外に出るのが億劫になって
 しまいそうですが、スクールに来る人は
 気を付けて来てね








プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト