FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

焼肉夕食デー(ゆかさん教師生活頑張ってね!)

本日の夕食デーはモランボンさんにいただいたタレを使い、
豪華焼肉でした。分業もうまく行き皆で楽しく食べました!
小学女子たちがわんこにも薄味の肉を上げました。(お手はできた)

15510927135180.jpg 15510927426702.jpg

15510970842030 (1) 15510928520713.jpg

15510928793066.jpg15510928959787.jpg15510928960399.jpg

実は豪華にしたのは、タレをいただいたこともありますが、
今日はスタッフゆかの送別会でもありました。彼女は4月から高校教師です。
当スクール歴代スタッフボランティア4人目の教師、保育士です。

今日、初めて知る子もいて、ちょっと寂しそうだったり、はにかんでいたり・・・
(私もそれを気にして、食べ終わるまで言えなかった)

15510953123880 (2) 15510928960088.jpg

それでも、洗い物、片付けをてきぱきと生徒たちが自発的にやって。
中高生はラストの時間、とてもいい感じでゆかと話していました。
子供にも大人にも貴重な体験です。ゆかちゃん、頑張ってね!
スポンサーサイト



次回夕食デーは!(ご寄付いただきました。)

52308121_641301356327423_484519100362522624_n.jpg


「フリースクールの皆さんで」とモランボンさんがご寄付くださいました。
ありがとうございます。

生徒もスタッフも大喜びで持ち帰りました。

「次回の夕食デーは焼き肉じゃ!」と決定、
更に盛り上がりました!(家ではミクも・・・)

オリジナル運動?思い付きの楽しさも体感してね.!次回は学校の先生も参加してもらう?

BUROGU2_20190213173726518.png BUROGU1_20190213174404682.png
本日は小中高とそこそこ集まりまして・・・
ふと思い付きでこんな運動遊びを提案したところ、結構皆で汗だくに
なって集中してくれましたよ!

ボールはトイザらスなどで売っているふわふわだけどしっかりした
でかいボールです。(ゴム製?)

そして半径5メートルの円を書き、中に皆が入る。
外は鬼が4人。思い切りキックで中の人たちを狙う。
せまいのでよく当たる。でも必死で逃げる。
当たったら鬼交代です。

毎度、思い付きの提案は「白けてしまうか盛り上がれるか」
やってみなとわかりません。
だけど、こうして皆が楽しんでくれると嬉しいものです。

皆も「え?そんなこと思いついたの?」と言いながらも、発想力やお試し意識を育んで
いくわけです。大人になるころには知恵として、脱マニュアルも必要なときは来ますからね!

アナログ時間には2手に分かれて考えるボードゲームも
楽しくできています。


夕方にはS中学担任が生徒と会いに来てくれまして、その生徒は1年前には想像できなかった笑顔で、そしてこれまた想像できなかったことですが、先生とたくさん会話をしています。これは先生の人教育の成果でもあります。


BUROGU3_201902131737275d0.png

頼りになる中高生徒たち

15496253613430.jpg 15496253763481.jpg

皆、成長してます。本日の小学生帰宅後、中高生たちは、新人バイト女子大生に対して、ウェルカム表情も絶やさないし、親切にいろんなゲームの手解きもしています。へえー立派になったなあ!などと思いました。

大人の失敗 

20190204_155053.jpg 20190204_155121 (1)

LINE_P20190204_185707467.jpg 20190204_163443.jpg

20190204_172202.jpg 20190204_172400.jpg

大失敗!父です。
今日はうどんと肉のアスパラ巻きの夕食デー、皆が作っていると。お隣のやご近所の親子さんがいらっしゃって「スクールのベランダ下に鳩が巣を作っているみたいですよ!」と教えてくれました。そのお子さんたちもわくわくしている様子だし私も楽しくなる。(^∇^)

スクール生徒Jに塀によじ登って写真を撮ってもらうと確かにあったのです。私は「卵産んだら育てるか?フリースクール鳩の家に変更しようか」などと高揚しながら、子ども会議用アンケートを書きました。

早速、(育てることに)賛成の子が!( ^ω^ )

だけど、今、ネットで調べたら鳩の害ってすごいんですね。
これは参った!健康被害まで書いてありますね。
こりゃカンとピーにベランダで吠えてもらうしかないですな。(。-_-。)

先生方もフリースクール無償化に賛成でしょう!だって子供のために・・・

15490557850750.jpg 15490557934791.jpg
 
ぞろぞろと府中公園に運動しに向かっております。

帰ってきたときには、スクールと学校併用している子の府中○小の生徒担任が、
自転車に乗って、スクール出欠票を来てくれていましたので、少しお話できました。

前日は、府中△小の担任がお願いしてあったプリント問題を、生徒の家に届けて
くれていました。今日、生徒がこっちに持ってきましたよ!
学校に届けるように誘導しますね?

何も・・・「学校に行け」と言うわけではないんです。
行かなくても生徒ですし、先生が人として大事にしている子供ですので。
そう思われていることを生徒に感じてほしい。
縁のつながり、気にかけてもらう安心、きっと子供の深層にある本音です。

府中○中の先生も多摩市○中の先生も、生徒に無視?されながら
スクールに遊びにきます。だんだん子供の顔は柔和になってきて
一緒にゲームすることも出てきました。他の子たちがちょっと嬉しそうな顔も。

これらの先生方、学校は異口同音に言ってくれます。
「ここでこんなに明るく活動している、子供をみれて安心した」
「明らかに人学習していますね、自己肯定化していますね」

教師仕事は信じられない忙しさです。精神的肉体的どちらもです。
なので、電話やメールでの子供の様子伺いしかできないことも
あります。だけど同じです。そのことを子供に伝えると・・・・・
子供の表情はふっと緩むんです。認められている感です。

皆で育む・・・ご近所さん、公園仲間も、支援者応援者さんも。

2017年成立した教育確保法では
フリースクールは無償化できることになっていますが、いまだに
保護者は高額の会費を負担しています。
私たちも自費でまかなう部分が大きいですし、スタッフはボランティア的な
収入しかなくても我慢しています。

それに対して、先生方も「なんとか出来ないですかね」と
「法で守られるべきだよね」と心配もしてくれています。
暗に行政の用意した箱では馴染めない子も多いことを、そこが肌で感じていると言っているのだと思います。

すべての教育、行政に関る人が、そして世間が。
「甘えではなくて、個性でありながら現状では困りなんだ」と
言う認識をもって、その子たちが安心して体験学習できる場、
民間フリースクールの無償化(せめて補助金)に賛同していただきたいと願っています。

継続しているから・・・

50750962_631928173931408_4049818499843883008_n.jpg 51170918_631928290598063_2948448826265960448_n.jpg

50875287_631928213931404_6949024976305389568_n.jpg 51153472_631928250598067_1378040832447217664_n.jpg


本日は新バイト大学生体験もあり、生徒も早い時間から二桁になり賑やかです。

ちゃんと学習読者時間には自分机で集中する子、スタッフ部屋で教わる子、皆しっかりしてます。

全員でなにかする練習は百人一首、この人数だときついかな?と思いきや、各自入り込んでくれました。

次の時間、府中公園はどうかな?これも得意不得意あるので難しいんですが。
でも、子供達は時間をかけながら工夫したり気を使ったりもしてきています。人によってはひと月ふた月、それ以上も!だから、継続が大事。、気楽にね!

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト