FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

節目?

IMG_20190320_140609_20190325151416.jpg

今年は4人の中学生と1人の小学生が卒業しました。
(写真はその中の一人、所属校での個別卒業式です。)
いろんな形での卒業となりましたが、各自、私たちにもいろんな思いを伝えてくれています。
新たな道への気持ちも話しています。

当スクールの過去からの傾向では。
進学後もスクール生徒でもあり続け、ここを心の基地、友情を感じる場、
更なる人かかわりの成長場に捉える子が多いです。

片や、スクールはOB生徒として関わり、進学先で普段の交友関係を作ろうと
考えている子も2,3割はいます。

どちらも正解なんだと思います。

この自己判断をする頃にかなり成長をしていることになっています。
「なんで、自分だけが一般的に動けないんだ?」
「なんで、そんな風に追いやられたんだ?」と言う混乱から、
少し解放されると言うか、先を見る勇気をもつんです。
そこにたどり着いた子はとても偉いんですよ。
スポンサーサイト



春休み前の出会い?さあ21日はミニ遠足です。

15530792145590.jpg 15530795187611.jpg
21日は春休み前ラストデー、ミニ遠足です。
つまり、スクールで過ごすのは今日がラスト。

そこに小6女子が見学に来てくれました。初めは緊張していたものの、
最後は生徒たちのウェルカム対応に安心感を持てたようで、楽しく人関わりしていきましたよ!
帰り際に、もう自分は四月からスクール生徒になると決めたいと言い始めましたが。

まあ、新中学校の体験もしてから決めればいいよ、両方通う生徒もかなり居るわけだしね!
と話しておきました。

だけど、こんなに明るく自分の居場所があったんだ!と言う喜びを表しているのは
とても貴重なことだとも思っています。

がんばれー👊😆🎵と言ってはいけないと書いてあるマニュアルもあるけど、
心の中ではがんばれーです。

運動も好きだとのことで(写真は先週のですが)4月には
みんなで弾けられるといいね!

学校は苦手だけど、先生は好き?

15526435060531.jpg 15526436903150.jpg

今日は夕方小学生が帰った後で、〇中の生徒担任が来てくれました。
一時間ほど私とスクールのこと、子供たちのことを話して・・・・・・・

先生は、子供たちのカードゲームをしている横に居てもいいか?と相談されましたので
「どうせなら、子供たちとゲームしてみれば?」とお勧めしました。

担任の生徒だけでなく全生徒がウエルカム態度満開で、(写真ではそう見えないが)
とても饒舌になり、笑いながら先生とトランプをしました。

先生は「自分の生徒がニコニコしてくれたのがうれしかったし、他の子も自然な感じで
接してくれたので、すごくいい成長をしていると感じた」と言ってくれましたし、
「こんなに学校にいる時と違うのか!皆そうなんでしょうね」と改めて感じたそうです。

確かにうちの子たちが、疲労、混乱時期にここに来て、そこからいろんな体験を重ねて成長しています。
今日のような態度ができるのは、すごいスキルなんです。自然にそれが培われているんです。
この根本は「人不信がなくなってきた」「自己不信がなくなってきた」につきます。

どの子の先生が来てもウエルカムなのも、その表れなんです。

15526434919210.jpg

最後の写真は、運動休み時間に蟻の巣を探す男子です。
なんだか微笑ましいと思いながら、穴を埋め忘れて帰ってきてしまいました!
次回埋めます。すいません!

さて、春休み前ミニ遠足は!

15522941235370 (1)

15522941577411.jpg 53526735_653648578426034_3526592415475433472_n.jpg

春休み前遠足はサマーランドに行きます!候補日を決めるため小学生女子たちに問いかけポスターを書いてもらいました。強制参加ではないので軽く楽しいミニ遠足になるといいなと思います。

運動後は、今日は大人は私だけ。まず中高生男子、次は小中女子とテレビゲームをしましたが、かなり虐められました!レベルが違いすぎ!でも、まあ、文句言い合いながら楽しく出来るのは幸せですよね!

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト