FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

文科省予算案 フリースクールに通う児童への手当が織り込まれています

15693631133920.jpg 15693631775771.jpg 15693631960722.jpg
15693632719163.jpg 15693647672014.jpg

過日、各新聞一面に掲載されていましたが。

文科省の来年度の予算案の中に、公営民間含め、フリースクールに通う
児童への費用補助が織り込まれています。
残念ながら、費用の一部ではありますが、保護者さんの負担が減ることになるのは
ありがたいですし、また、所属校出席扱いであるならば、その費用面も
所属校出席扱い、つまり個人負担なしでないと法的にも人権的にも、
おかしいと言う当然の理窟に少しは近づくはずです。

ただし、ここに一抹の不安はあります。

行政サイドや社会の大半の人の認識では、依然として「子供は学校で教育を
受けるべきだ」「学校とは授業形式で教科学習をメインとするところだ」
「また、学校ならではの集団意義を児童が体で感じ成長することは大事だ」
言うものが多いのです。これ自体は決しておかしな認識ではありません。
可能ならばそうできればいいし、その中で社会性や知識は確実に育まれると
言う児童は8割9割はいるのではないでしょうか。

不登校状態にある子や親もそう考えているケースも多いと言うことも
言えるわけですね?なので、やみくもに現行の学校制度を否定する切り口を
アピールすることなどは、すくなくとも、まともなフリースクールではありえないんです。

ただ、児童の心の状態、個人的な困りの状態によっては
「学校だけが成長の場じゃないよ」「このようなやり方もあるよ」
「また学校で頑張りたくなったら戻るのもいいし、このやり方で大人に
なるまでのいろんな学習をするのもありだよ」とする方がいいお子さんも
少なからずいるわけです。(結局はかなり多かったことが判明していますが)

さて、前述したように不登校状態にある子や親。社会の感覚もですかね。
「できれば学校で主要科目の習得ができるといいな」は本音としてあります。
そうすると「フリースクールもなんでも自由ではなくて、学校形式を多く
取り入れたものの方が安心だな」と感じる人が多いのは自然なんです。

当スクールのような少数スクールでは学校を模した授業形式や教科学習等は
そんなに重きを置いていません。それらについては、今は困っている児童が弱点受容を
しながら、安心、自信を身につけていけば、いずれ自分から習得する意思を出し
行動をし始めるんです。

なので、ここでは「知り合いの半家族的なうるさい大人が児童と信頼関係をもちつつ、
ミニ集団行動力や推し量りセンスや協調我慢思考を会得させることや、
発達凸凹や心的不安の気軽なカウンセリング的な関わりを継続し、弱点受容や工夫を
一緒に考えていくこと」などをメインとしています。

その結果、大学、高校に行けているOBや接客バイトまで出来ている子なども
出ているので、困りが該当する児への教育支援方法が間違っているとは
思えません。

ですが、同じ不登校状態でも「学校は厳しいけど、それのミニ版のようなスクールなら
大丈夫」と言うお子さんも数多いわけです。

アバウトな記憶でのイメージですが
困りなく学校に行けている児童98パーセントとしたら、
授業や教科学習をフリースクールでならできる児童0,5パーセント、
それよりも協調意識や自己受容を安心して育むことが優先児童0、3パーセント、
家から出れない状況まで困っている児童1,2パーセント、
こんな感じなのかもしれません。

「なんだ不登校は2パーセントしかいないの?」とも言えませんよ。
ある地区だけにある当スクールでもすでに100人超えになっています(累計)
たぶん、全国で18万人くらいです。中学生だと1クラスに1,2人だったかな。
更に「相当心を痛めながら98パーセントの中にいる子も多い筈」ですし。

これまで国は98パーセントの子の教育をメインにしてきました(お金も)
それが来年度はその他の児童への手当てを考え出しているわけですが
さて。。。どこまでを範囲としてくるか。それが気になるわけです。





スポンサーサイト



横並び恐怖も克服? 自分で作るオムレツ 夕食デー

1_20190920063012e37.jpg 15687196157070.jpg 15687105158267.jpg
15687196242441.jpg 15687196552272.jpg 15687197080955.jpg
ブログやフェイスブックは世間の人にほほえましく見えるように
する方がスクールを温かく見守ってもらえるのかと思います。

そのために往々にして、課題説明のようなことは避けておき
「良いところを伸ばしています!」と言う感じのお知らせが多くなりなります。
でも・・本当の教育支援ってどうなんだろう?
特に学校がつらい親子が読んでくれることを意識したら
課題(児童の困りの素因、社会の偏見誤解の素因など)
も説明やその克服工夫の様子も見てもらう方がいいと思うのです。

私はそんな考えで記事を投稿していますので、
時に「そこは社会には示さないで内部で相互意識してるだけがいいぞ」
「アピールしたいなら明るい雰囲気が減ると関心が弱まるよ?」
と言うご指摘もいただくこともあります。

でも・・・場は確実に明るいし、それは児童が成長しながら課題を受容して
工夫して行っている姿があるからなんです。そこを言いたいので
やはり、こうした書き方もしていきます。

先日の夕食デーでは自分で作るオムレツをやりました!
(あとは定番のうどん、すごくたくさん食べます)

各自、失敗恐怖、見られ恐怖、比較され恐怖、横並び行動恐怖なども
ありますが、明るく取り組み出来ばえや味に大満足していまいした。
これは当然、各恐怖に勝ったことにも満足した経験を得ています。

不登校になりやすい子(学校がつらい子)の多くには
上に書いたような恐怖心があります。
もちろん、子供がわがままだからとか甘えが強いからだとか
ではないんです。発達凸凹によって各種困りが生じているんです。

このため、例えば「君は全員のキュウリ、君は全員の肉焼き」なんて感じで
ひとつ作業だけを他と横並びでない、比較されない形でとりくませる方が
安心します。喜々としてやることも多いです。これも大事なことです。

でも先々を考えると・・・
そもそも児童は人好き、仲間好き、お役に立ちたい向上心あり、
なので、上記各種困りを耐える力も養いたいわけです。

スクールではそれができるようになってきたから、
外でバイトする、外の学校等で動く、外の友人関係もできる
生徒が増えているとも言えます。



力強くも心地いい親の力 親子でスクールを大事に考えてくれています。

15687107593743.jpg 15687105772081.jpg
この連休中は保護者さん方がすごいパワーで動いてくれました。
9月初旬に生徒たちが調べた当スクール利用者8年分の
分析結果、これをもとに保護者さん方は分担して資料にしてくれています。

最初の写真にあるのはスクール利用者の地域別、小中高別の
分析資料です。高校生徒母子がどこでプレゼンしても使えるものに
仕上げてくれました。

また、いずれHPや親の会ブログにも出しますが、これらも
学校や支援者さんにお送りしたい文書です、
「生徒の不登校からスクールに来るまでの経緯やスクールでの変化」
「親の気持ち」「今後の予想や希望」などを各保護者が書いてくださり
中3生徒母がまとめてくれました。

どれも生のもの、貴重な当事者のものです。
私がアピールする何倍も。社会に、困っている親子に伝わるものが
あるはずです。ありがたいと言うか、ここを親子で大事に思ってくれていることが
ひしひしと感じられ、同時に母の力強さも感じられ、感無量です。

15686778269203.jpg 15686778557234.jpg

私の方は難病のわんこの通院(日祝もやっていて毎日診せるのが必須)
難病老人敬老?買い物などにかかりきりで、保護者さん方に
おんぶにだっこになってしまいました。

今日は夕食デーで皆、楽しく調理、食事ができました。(明日アップします)
元気な市内生徒は自転車通学がブーム?ルミエールにも停めているんです。
親子、元気に頑張っています!

若者のための?ボードゲーム会盛り上がりましたよ!

1.jpg 15682357619140.jpg
15682101810004.jpg 15682101882285.jpg

水曜日は若者の友人作り、居場所つくりを模索する意味での
フリースクール多摩川夜のボードゲーム会を催しました。
はじめから、引きこもりや人関係に悩む人が参加するのも
無理があるだろうからと言うことで、府中プラッツやあおばの
スタッフさん、当方ボランティアスタッフ、OBなどに
来てもらい「とりあえずやってみよう」としましたが、
差入れの軽い飲食とともに皆でワイワイと楽しく盛り上がれました。

2.jpg

6時半までのスクール開設時間は生徒たちがこんな風に
集ってカードゲーム、ボードゲームをしていた場所です。
実は夜の大人相手でも参加したいと言う生徒も少なくなく
今日も2人参加したんです。
(もっと希望した生徒はいたが、生徒多数でフリースクールの延長になると
おとなのための雰囲気がでなくなりやすい、ありゃ!困ったな
と思い、今回は何人かは我慢してもらい)

会の方は軽いアルコールもありで、3時間以上になったため
ゲームに没頭していた私が写真を撮った時には、
参加生徒は帰っていたんですが。

市内外のひきこもり若者を呼び込むには、生徒や関係者が多すぎても
敷居が高くなるし、かと言って盛り上げ役もほしいし・・・・・
ここは更なる検討課題です。

フリースクール多摩川に来た児童の住む地区は?いろいろです。

ようやく生徒たちと進めていたフリースクール多摩川に来た児童の地域分析が終わりました!

概要をお知らせします。総数は111件です。
府中52件、
八王子9、
調布6、
稲城5、
国分寺5、
小金井4、
多摩4、
日野3、
立川3、
川崎3、
それ以下で昭島、清瀬、小平、狛江、杉並、世田谷、台東区、所沢、東村山、東大和、町田、港区、武蔵野、武蔵村山、横浜の各市区から来ています。この中のすごく遠いところ2か所の児童たちも生徒になって2時間通学しました。

今回のデータはスクール生徒になった児童、または見学や体験を経験した児童のものです。電話やメールでのお問い合わせは入れていません。これを入れると倍以上?3倍?になりますが、それは感覚的なものです。まあ、平たく言うとスクールには来ていないわけですが、日々、お問い合わせは多くそれは当然、実際来る児童をはるかに上回るイメージです。

「こんなに各地から来ています」「これは何も学校制度の課題を言いたいのではなくて、児童側にあるさまざまな困りへの支援の難しさを示したいんです」「つまり、個の事情、ニーズも多様だからこそ、フリースクールのような支援場教育場も児童側が選べることは大事なんです」と示して「お金も補助して」と言いたいわけです。

当初は学校名も表示しようかと思ったんですが、フェイスブックやブログだとますい?コンプライアンス?もあるので。信頼関係が出来ている支援者さん、学校関係、行政関係に別途送りますね!

元気に、やさしく、たのもしく

15675905951600.jpg 15675906037731.jpg 15675906121572.jpg
今日は調布の小3君がひよひよ弟と一緒に体験です。公園運動や考えるゲーム、さらにはウィーなどで生徒たちと小集団行動体験しました。最近は中高生徒がバランス意識や気配り意識がぐんと伸びてきて、私は安心して任せられます。否、誉めすぎだ。任せられる時も増えました、です。今日は完璧だったのでわたしは一人、先日生徒がやってくれた「スクール利用児童の居住地区や学校分布の資料」のチェックができました!

いい出会いができて、いい場所になるといいですね

20190826_153426.jpg
今日のスクール写真を撮り忘れたので・・・
代わりに踏ん張るカンのものを・・・

カンは気が小さくて、以前は生徒が入るたびに、攻撃的に
なってしまい(軽く)噛むようなことまで。
でも、脅された子はしばらくしてすごく仲良くなっていくのです。
きっと、カンの怖がる気持ちを理解するんですね?

さて、今日は小金井から小学君見学に来て皆と楽しく過ごしています。
明日は調布から小学君が見学に来ます。

また、数日したら体験に入る子もいますよ。

お約束の先に居た生徒たちの揺れ揺れもありますが
皆、口元は笑顔寸前で「見学来るの?体験入るの?」と
こそこそ訊いてきます。大分、自分の自信だけでなくて
場所への自信もついてきてます。

データ仕分けと作表作業、かんばりました!夏の宿題答え合わせも爆笑!

20190902_143829.jpg 20190902_144012.jpg
20190902_154518.jpg 20190902_154542.jpg

生徒たちが手分けして、スクールにきた子達の住居地区や所属学校を調べました。
こうしてみると府中が多いけど他の地区からもそれ以上来ていますね。
女子にはエクセルの表にもトライしてもらいましたので、
後日いろんなところにお披露目させてもらいます!HPにも。
(ここの必要性を訴える意味でも)

皆、でてきぱき目的意識を持ってやれたので大成功ですが、
容量的には大変だったので、データの書き漏れは結構あります。
後で再チェックして作表します!
しかし、皆よく頑張りましたので後は楽だと思います

ちなみに百数件でしたが、これは生徒になった子供たちが7割弱とあとは
少なくとも見学や体験までした子供たちの総数です。

親御さんや先生方、医療関係、行政関係がお問い合わせをくれたが
見学には至らなかったケースは入れていませんが、
これを入れると多分、倍以上にはなると思います。

それだけ、居場所と言うか育みの場を探してる子供が多いことになるんでしょうね?

ちなみに作業後は夏休みの宿題答え合わせをしました。
当然、意地悪クイズの珍回答披露が盛り上がるんですが、
一般問題も合間に挟むと「なるほど」「惜しかった」など
そこそこ、無意識に吸収はしています。

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト