FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

イギリスBBCで紹介?してもらいました!

日ごろお世話になっている府中市市民活動センターの、仲の良い若者職員さんが
BBCで多摩川が出ていますよ?と教えてくれました。

担当のアレッシア記者、3回も取材したのに記事(放送)のことは全然
教えてくれていなかったんですね。(笑)

まあいいです。他の国の人にも知ってほしい。
日本の横並び優先の弊害を。なんなら英国からの支援金歓迎です。

下記が記事です。。

BBCの記事です
スポンサーサイト



冬休み中です。ネットでラジオフチューズさんの当スクールの過去放送が聴けるようになりました。

ラジオ放送内容です

スクールは冬休み中です。

新年は8日からスタートします!

上のポチでラジオフチューズさんに放送して頂いた、当スクールの
内容を聴けます(私はかなり恥ずかしい)

府中市市民活動センタープラッツさんが知らせてくれました。

今年は生徒だけでなく、新しい応援者さん、仲間も増えてきて
来年は生徒たちにはさらに楽しく成長できる場になるといいなと
願っています。

さあクリスマス会だ。中高生企画案、頼もしいね!(夜は生徒とおとなの鍋とボードゲーム会)

15765813786422.jpg 15765813701041.jpg

12月19日(木)はクリスマス会です。

1枚目の写真。高校生たちは障害物競走に使うグッズや、運動競技やゲーム会で
皆で競って貯めるコインや財布を火曜に買いに行きました。
障害物競争の中身は任せてあるので当日のお楽しみです!

その次の写真は恒例のガストの出前希望表です。
これもスタッフに仄めかされた中学生がまとめてくれました。

15765813514870.jpg

最後の写真は中学生仕切の綱引きの組分けのための分析表です。
私はただ、綱引きは2組にわけるから君たちが組を考え
盛り上がる様に音頭をとりなさいと指示しただけです。

彼らは考え、各生徒の綱引き能力を数値化して両チームの均衡を
もくろんでいるわけです。ここにあってはデータの正誤性なんか
どうでもいいんです。その取り組み工夫がすばらしいし
普段の運動活動を経て「ここまではやっても分かり合える仲間」
と認識していることが、とても大事なことなんです。

もちろん、高校生も小学生の得意不得意も考えての
企画を考えていることは明らかです。

楽しみですね!

夜は高校生、OBがいろんな大人とのかかわりも得られる
鍋とボードゲーム会に入ります(調理担当もさせるけど)
これもあらゆる意味での人関わり経験学習ですよね!

遊びと言えども・・・元気な生徒たち、来週はクリスマス会買い物も

15762249231961.jpg 15762249398592.jpg
金曜日は夕方からはエクセル講習(希望者のみ)
他は電子ゲーム、中高生のボードゲームなどです。
今日も、和やかに会話もしつつ、各自取り組んでいます。

その前の時間帯、4時半までは府中公園遊び的運動です。
今日はドッジボール、バトミントン、だるまさんが転んだです。
既に街灯もついている寒い中、我々だけが元気です。

このだるまさん、スクールに来た頃の生徒はなかなか鬼の方に進みません。
しかし、だんだん認められ感、自分感が伸びてくる(復活する?)と
動きは変わります。今日も入会1,2カ月目の生徒が捕虜解放していましたよ!

さあ来週はクリスマス会です。
高校生組は自分たちが企画する障害物競走で使うグッズの
買い物に行ってくることになっていて、お金を渡しました。
誰かわざと小さい声で「ゲーセン」とつぶやいていました。(笑)

地元FM ラジフチューズオーズさんに紹介放送して頂きました

ラジオ

夏には生徒や保護者さん皆で協力して、各方面へのスクール紹介データを
まとめてもらい、その効果で生徒が増えてきています。
市民活動センターや市、学校などとも今まで以上のつながりもできて来ています。

また、ここに来て、地元のラジオ局さんもスクールを取材していただけまして
私も緊張しながらしゃべらせてもらいました。

うっかり、放送前のアピールを失念していましたが、後からでも
聴けるそうですので、ぜひお願いします。

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト