FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

フリースクールの場所は決まった!

フリースクールを作りたいと考え始めて2年になります。

妻と育児のかたわらで、私は小学生学童保育や児童養護施設での子どもとの係わりを仕事にして来ました。
いつでもどこでも「生き難い」児童がたくさんいますよね?
リスクやクレームの回避を優先している教育現場では、「不安定気味」「集団が苦手な子」を疎外します。


決して先生が疎外しているつもりではなくてもそのような結果になることも多いと思います。
私自身も学童保育で120人の児童の中、手を差し伸べればその児童の気持ちが楽になるし、多少は今より集団に触れられるだろうと思える子もかなり居ました。あるいはその子なりの間(ま)を大切にしてやれば落ち着くし友達とも話せるし、問題はないと言う児童もたくさん居ます。(そしてみんな性格がいいんです。)
しかし生徒数と時間の制約によって「気にかけるだけで何もしてやれない」と言うジレンマに私も陥りました。



もっと怖いのは良い子を演じる児童間の陰湿さ、周到さです。(親にはばれていない)
これがいじめの元、もしくは学校が嫌な空気になる元ではないかなとさえ思います。
教育システムの弊害よりもこちらの方が寒気を覚えますがこのことは別の機会に・・・・。


いずれにしてもつらいのは児童です。おそらく一昔前ならば「ちょっと癖がある」「○○だけどこんないいところがある」で認められたのに、自分のことしか考えられない大人たちが作った社会観がそれを許さないのですかね?

そしてその子の保護者もつらそうで・・・・。
「謝り過ぎたらだめだよ」と言いたいが、子ども社会の枠に留まらせたい思いも分かります。
実際、くだらなくても枠にこだわるのは「子どもが将来困らないように」と切なる思いでしょう。



そんな事を日々考えていたところ、不登校や引きこもりの人を受け入れるフリースクールがあると2年前に知りました。

その後は世田谷にあるNPO法人「フリースクール僕んち」でボランティアをやらせてもらったり、NPO法人
「フリースクール全国ネット」で研修を受けさせてもらい立ち上げ意識が高まって来たわけです。



そして自分が好きな調布、府中エリアで多摩川で遊べる場所、のんびりしながら学習、遊び、料理、ゲーム、わんこと触れ合い、野菜栽培などを通して自分をつくり仲間と認め合う、ゆるやかに社会感覚を得ていく場所、こう言うスクールを立ち上げられないかと考えました。


長く物件を探していましたが、ようやく飛田給に一軒貸家がありました。

さて無事立ち上がるか!







スポンサーサイト



コメント

子供の行ける場所を探していたんです。学校にはなかなか行けなくて。オープンする前に見に行きたいのですがダメですか
[2012/05/01 11:26] URL | クマ #- [ 編集 ]
インターネットでたまたまこのブログを見つけちょっと気になったので不登校の子どもがどのくらいいるのか少し自分なりに調べてみてその数の多さにびっくりしました。仕事をしているのでなかなかお手伝いは難しいのですが、思いついた事などがあればまたコメントさせていただきます。
大変だとは思いますが、がんばってください!!
[2012/05/01 13:04] URL | ザキ #- [ 編集 ]
初めまして!このような場所ができ、とても心強く感じています。
私の知り合いのお子さんにも紹介したいと思うのですが、そちらでは勉強の時間などもあるのでしょうか?
[2012/05/01 20:51] URL | チェリー #- [ 編集 ]
クマさま コメントありがとうございます。
実はブログが初めてで、これで返事が反映するのか不安です。

ぜひ見に来てください。

レイアウトやスクールの内容はこれから仲間と揉んで行く部分もありますが、
本来の考え方は「この場所は会員のもの」です。
もしよろしければ準備段階から親子?で見に来たりして出来上がっていく経過を見る、
自分たち(特にお子さん)が参画している意識を持つと言うのもいいんじゃないでしょうか?

もちろん開業日の予定が決まり次第、ホームページを立ち上げますし、このブログでも
書き込みます。それからでもいいでしょう。

もし、よろしければ「非公開」でコメントにメルアドか電話番号を入れてくれれば私から連絡します。
どうぞよろしくお願いします。(とびたくん)
[2012/05/01 23:39] URL | とびたくん #- [ 編集 ]
チェリーさま
コメントありがとうございます。
勉強については午前に90分間あてる予定です。ただし、個々に希望するものは違うので、「希望者が勉強室で取り組む」ことになると思います。その内容も個々にニーズが違うでしょうから、本人と保護者さまの意向を確認しながらが望ましいと思います。
教員免許保持者が担当しますが、内容によっては各スタッフが本人の状況を考え「自習の見守り」や「一緒に勉強する」と言うスタンスも考えます。くどいですが個々の状況で「今は安定すること、場に馴染むこと、共存意識を感じる事」を優先する人も居ます。
また、「安心出来る場なんだと感じてから初めて勉強もしておこうかな?と思い始める人」もいれば「時間に囚われず思いたった時に勉強に集中したくなる人」いろいろでしょう。うまく対応していきたいと願っています。
(とびたくん)
[2012/05/02 00:10] URL | とびたくん #- [ 編集 ]
ザキさま
応援ありがとうございます。
私も仕事を通して、学校から遠ざかる児童は少なくないと、ずっと思っていたわけですが、NPOフリースクール全国ネットの研修を受けてその実情に驚きました。しかも理解してくれる方もいるのですが無理解の方がたくさんいます。行政には「子どもの教育を受ける権利」は学校に行かなければ受けられないと言うのはおかしい更に「個々の背景や個性を無視した画一教育などではないはずだ」と諸先輩方が訴えています。まだまだ、行政は答えてくれませんので、授業料のかからない学校とは同じ立場になれません。ほとんどのフリースクールが設立者や同志が身銭を切っての運営です。でもがんばります。また思いついたらコメントしてください!

[2012/05/02 00:30] URL | とびたくん #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト