FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

おじんおばんになってもミニ同窓会、スクール仲間もできるといいね?

土曜日は昭和40年に通った小学校の親友、西田さんの企画でいまや50後半の4人のミニ同窓会を開催してもらいました。
すでに孫までいる人も!(うちはまだまだだし、異性との関わり方もなんだか家庭もつのはかなり先の感じです。)

それにしても・・・この小学校では途中で地方に転校してしまった私です。しかも結構、刹那刹那での交友関係をつくり生きてきた型、と言うか、学校とか職場とか集団ではそこに属しているときはややしらけ、仲間の意義を斜に構え見ていた型です。なので継続していく友人などはほとんど作れていない私です。

それでもこうして50年振りに会い、お互いに忘れていた記憶を仲間の話しから思い出し笑いあう、え?そんなに自分のこと覚えてくれていたのか!そんなに互いに友達意識があったのか!とそれぞれに感動しまして・・・特に私の軌跡からすると「たかが数年で居なくなった子」「その後40数年音信不通だった子」にも3人がそんな風に記憶してくれていたのかと思うと泣きそうになりました。
とても幸せな気分の中で私は「こんなことがスクールの仲間でもできるようになるといいなあ」と思いました。

どうして50年ぶりのミニ同窓会に呼んでもらえたか。この小学校前半しか一緒に過ごさなかった親友ですが、私が地方に引っ越すときに「一生親友で居よう」と私と約束したそうです。恥ずかしながら私は記憶していないと言う非礼さです。それでこの人、フェイスブックやらラインやら(名称を忘れてしまったが)一時はやったソーシャルネットやらで、私を探し出してくれたのです。かなり時間がかかったそうです。そりゃそうです。私の児童支援のやり方はある時期、反社会的にみなされることもあり名前を出さないことが多かったし、どうしてもの時には娘の名前などで活動していましたから。(ここ、皆さんに迷惑かけてますね?すいません!)

そして、当時よく遊んでいた女子(今は女子と呼びたくないが)2名も一緒にミニ同窓会をしてくれたわけです。
特に今回は4人で当時に戻ろう!と言うコンセプトでかつての住居、遊んだ場所、学校などを歩いて回ることにしました。
かっこよく言いすぎですが「心地よいタイムマシン体験」「あっと言う間に気持ちは当時の4人感覚」です。きみまろが居たらネタにされそうですな


私たちの小学校は東中野と言う場所にあり新宿までも歩こうと思えばいけるエリア、あまりに都心に近いため都内で一番校庭がせまいことや当時は光化学スモッグで活動注意になることでも有名でした。確かアスファルト校庭も初だったとか?相変わらず狭かったです。写真は小学校HPのものです。
川の写真はあの青春の歌、神田川です。歌と同じ川沿いに皆住んでいました。今結構綺麗。ビルは新宿高層ビルとそこにつながる中野坂上ビル郡です。もう坂上の防空壕跡などはなくなったそうです。
15104437926871.jpg undoukai.jpg
また、あまりに新宿が近いためなのか、いまはもう商店街は昭和の賑わいがなくなって(閉店が多いそうです)わびしい感じもあります。何件かは当時にクラスメイトの家ですしね。
15104437796430.jpg
 しかし、見つけましたよ!
 われわれより長生きの店です。
 
 この隣のお菓子やで裂きイカを
 買ってから自転車で新宿御苑に行き
 ざりがにを釣ったんだが
 そっちのお店はもうありません。

 そう言えば西田君と自転車で
 渋谷に行き保護されたことも
 あったそうで、懐かしいです。
 
 写真では塔山小、新旧生徒が
 同時に写せましたね?
 先輩だぞ!(ただのおじんおばん) 

15104438335192.jpg 15104438646015.jpg

このあとは氷川神社に行ってみました。当時は縁日はディズニーと同じくらいの興奮でしたね・・
でも改めて見直すと結構由緒あるんですね、ここは。だから私たちにも神聖な場になりうるのかな。
長元3年(1030年)、源頼信が平忠常討伐の際に武蔵国一宮・大宮氷川神社より勧請し祠を建立したことに始まる。文明9年(1477年)には、太田道灌が豊島泰経・泰明兄弟討伐の際に当社で戦勝祈願し、凱旋後社殿を造営した。
大宮の氷川神社がもとで何百もあるうちのひとつですが、単体でもすごい歴史があるんですね。
写真にあるのは戦時中の機雷みたいです。当時はこの上に乗って押し合いなどしていましたが焦りますな。

15104438775696.jpg いろんな思い出、新たな思い、
 人のぬくもり、感じつつ、最後は
 今はこじゃれた中野坂上で昼飲みです。
 イタリア人のオーナーの気さくな店、
 味よし、雰囲気よしでしたよ!
 酒もうまく幸せでした。

 スクール生徒も大人になると
 (今でもか)いろいろあります。
 
 前進してるのか迷ってるのかすら
 分からないこともたくさん、
 

でもおじさんのようにこんな種類の幸せ感、予期せぬ喜び、これは生きてきた軌跡がどこかで意味のあるものになっていたからですよ。皆もそうなるよ。きっと。今は何のことかわからないのがミソかもね。じゃあ言うな!はいはい。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト