FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

宿題だぞ!いろんなニーズがあるのでねえ

今日、12月の宿題を皆に渡しました。意地悪クイズ的なものからスタッフ皆で練った社会、英語、公民まで出していますが・・・

15121103599440_20171201190634c35.jpg
15121103837152_2017120119063760c.jpg
15121103913723_20171201190638d80.jpg
15121103744651_20171201190635a6c.jpg
あくまでも前向きな悩みとして・・・・宿題は難しいんですよねえ。
そもそも年齢もバラバラ、教科学習の積み重ねもまちまち。
また、このスクールになにを求めてきているかは各自のニーズが違うんです。

例えば学校併用の子、個別塾や家庭教師もやっている子も多いし、その子たちにとってはスクールは教科学習の匂いから遠く離れた癒し場の場合もあるので、これは何とも言えないところがあるんです。

だけどね?スクールでは宿題はひとつのイベントととらえてほしいんです。
なんとかTVゲームや夕食作り、運動などと同じような共存のツールとして・・・
だから内容は「ここまで覚えていると社会で損しない程度」のものを常に出しています。
受験用レベルではないです。

回答の正解うんぬんはまったく関係なく、わからないものは白紙でもいい、すたっふに訊いてもいい、親とでもいい、どう取り組んだか、どうそれを皆との共有の材料として感じたか?それが生徒たちの学習中の「社会わびさび」(時にポーズとも言うし大人への気遣いとも言う)なんです。


うれしいことにほとんどの生徒はこれに呼応しており、正直に言うと私達が予測しているものを越えた真剣な回答率です。

なので、冬休みにも出すぞ!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト