FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

新しい出会い 信頼関係までの道は楽じゃないけど意味がありますね(かなり長いです)

15187487432380.jpg
体験中だった子は生徒会員になると決めたそうです。皆、ウエルカムです。

また、新たに女子2名の見学打診が来ました。
まだ親御さんから、医院さんからの打診段階で、本人が見学まで動けるかどうかは不明ですが、早く仲間になれそうかどうか見に来てくれるといいなと思います。

さて、そんな中、ボランティアさんのお申し出も頂いています。
後半にボランティアさんのことを状況解説しているので支援よりそいの難しさについて興味のある人は読んでもらえるとありがたいです。

その前に・・・
フリースクールは個人思考が強い(本当の自己中でなくて社会ほうれんそう的にそう見えるだけです)人の集まりやすい場ですので、本来はその個の事情を考慮して、課題や情報は個別対応にしながら、それもややオブラートに包むような対応が望ましいとする施設が多いです。まあ学校などもそうですね。

しかし、当スクールは(と言うか私の経験から性格から?)他の施設に比べて個の状況のオブラート扱いを避ける傾向があります。
そうです。あえて共有してもらい、個優先思考と誤解される動向を抑える癖をつけるとか、知らないうちに全体を意識する癖を身につけること、「ばらされた」「見せしめにされた」と被害妄想過剰にならないスキルを身につけさせたい、このような効果を考えているわけです。

先々、多数の人関係、仕事などで困らないようになってほしい。礼節に欠けると誤解されないようになってほしい。

当事者や保護者さんや支援する大人にとっては、決して被害妄想でなく本当にムカッとするようなこともあるかもしれません。個感覚を無理にミニ公共に引っ張り出すことになるわけですから、その耐性ができていない場合かなりきついはずです。個人情報遵守のリミット意識も人によっていろいろですし。偉そうに上から説明ですが。

すみません。この段階でかなり長文になっていますが。

まだまだ書きます。この先はボランティアや支援についての実際をあけすけに書きますので興味のある方のみぜひお読みください。当然、個人意見をもとにスクールを解説していますので感覚的な説明になりますがご容赦ください。

以前も「多くのボラさんが着てくれるがその7,8割がぷっつり連絡が途絶え・・」と説明しましたが、来れなくなった方々の要因推察を書きます。個人意見です。
今回は子どもの特性から大人が疲弊していくのも事実だと言う面は省いての話です。

さて。これまで数回でこれなくなっているボラさん方には共通項があります。どうして100に近い数のボラ希望者さんが来てその多くは足が遠のくか?(しかも無連絡が多いのがこれまた・・・・)
理由は簡単です。来られなくなる方の過半数はそのひとたちも居場所を探しているからです。困っているんです。

この方たちの共通項、それはご自身に人かかわりでの困りをお持ちな点です。
発達グレーである。時には明らかにその領域であったり起立性や自立神経の調整が揺れていたり、潔癖恐怖や対人恐怖などを
経験している、または今もその気配がある・・・・

もちろん、そうご自身がこちらに言ってくれた場合がほとんどですが、他には「あえて見れば、確たるものはないけどなんとなくそうかも」の方も少なくなかったです。まあ、多分に失礼な推察が入ってはいますのであくまでも個人見解です。
しかし、とにかく「どうもご自身の人かかわりとか気付きに困りが見えるなあ」と思わせる方は圧倒的に多いわけです。
さらに言うと自身が動見えるかの客観自覚が弱い人も混在します。(これが一番大変)

となると、毎回私は悩むんです。生徒みたいなんです。

子どもたちの特性、事情を考慮して全体を維持するスキルがまだ弱い状態と言うか、もしかしたら発想が自分の目盛しかないので集団客観の力がまだ弱い、結果的にスクールのような場では「支援側に居座れない」んです。

極端に言うと、ここでいろんな人かかわり経験、規律の遵守を身につけた生徒のほうが「自分都合でない全体のことを意識する」スキルが上になっているとも言えるんですね。(生徒たちがボラさんにも気を使うのはいい学習でもあるんです。)

そうなると・・・役割を自分から創れず場で浮き、ご自身も生徒も困っているボラさんには「20歳でも会費を払っている青年世代もいるんだし、あなたもそうなるべき」「無料であなたの不安を解消する場所にすることはダメなんだよ」「生徒として大人が支援するから仲間との協調を社会ほうれんそうを学習したら?自己客観も認知もすれば?」とこんな風に匂わさざるをえないんです。もちろん、それを言う前に「こりゃ自分の居場所にはできないな」と感じてぷっつりになる場合も多いわけですが。

本来ならば、支援側にも弱点があり、それは生徒と共有できるもの一緒にスキルアップしていくものとなるのは理想なんですが、利用者が意識的金銭的に損しないためには・・・なかなかそうも行かないんですね。
これは昔から、障害福祉、老人福祉などの現場でもよくある悩みの課題なんです。


さて、前段の解説ではやや杓子定規に「子どもたちが損しないように」みたいな理屈で説明していますが・・・

今度は矛盾するようなことも書きます。
実際は「大人にも困りはあり、そこを乗り越えようとしている大人と空気を共有する、関ることで子どもたちが成長する面もある」んです。

例えばあるボラスタッフ、本人が達観?(本心不明)しているので、何を言っても笑っていられる。
だから、紹介しますが・・

彼は有名大卒、行政書士、柔道の段ももっていますが見事に「宝の持ち腐れ」です。
それは彼自身が「自分は人との共同仕事に難がある」とか「興味が続かない性格が人に迷惑かける」などを若いときに自問して、そのあと「とらえどころのない生活」を見事に今もやっています。

もちろん当人は本当はたまに焦るとか笑うしかないけど実は・・・なんてこともあるかも知れませんがすくーるでもニコニコやってきて、いわば空気のように浸透しています。
TVゲームやボードゲームは子どもと一緒にやるものの「自分のほうが飽きてしまい」すぐ抜けます。当初は「この人はなんのためにいるんだろう?」と困った児童もいると思います。

だけど・・・今は一定の信頼感情を持つ子も増えています。

いいですか?「〇やるなら×がないと意味ない」とすぐに白黒で発想する子達の特性をほぐしている意味があるんです。
本当は宝の持ち腐れではないんです。それを使う機会がなくてもそれを持っている、それをゲットするために努力した経験が人柄やオーラには出るんです。彼は自身のことはあきらめたりやめたりが多い、でも場に責任を持つことについては愚直にしつこくできるのです。それは宝の持ち腐れをもっているからです。
とても説明しにくい話なんですが・・・・・

「どうせ後で活かせないだろうから、取得しても意味はない」と言う白黒思考、逃避思考と反対なんです。

このあたりのニュアンスは人格形成にとても重要なんですね。
だから彼のような人は存在が指導側なんです。
(でも意味不明な人なので反面教師にしてもいいんだけど、笑)


どうも長々と失礼しました。
ボランティアは世の中の仕事の中で一番むずかしいことなんじゃないかと私は思っています。
だから、私自身も過去施設ボランティアなどで挫折したこともあります。
でも挫折もなにかの学習要素にはなったと考えています。

若い人はいろいろ挑戦してみてください!(若くなくても)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト