FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

親子で話して見てください。せっかくのグループ人かかわり、役割スキルアップ

15195160497940.jpg

4月から高校や中学後半年齢になる人が多くなるね?
小学生から中学生になる子も2人いるね?

そこで、大人でもよく悩むことなんだが挑戦してほしいこと、
挑戦と言うより意識してほしいことを書くよ。

今までも皆が、意識してくれていることは見ていて分かるんだが
せっかくだから、それを仲間で相談してみることもやってみて。


ええと、なにかと言うと・・・・

ウイやプレステ、スマホでの電子ゲームを
新人や下手な人も同時に一緒にやるとか、または交代でやることだ。
これを仕切る、気遣う役割もトライしてほしいのよ。


これが・・・大人でも悩むほどむずかしいことなんだよね?

なぜかと言うと・・・
君たちも運動とかカードゲーム、クイズ、多くの人数の行動など。
なにか苦手なものがある場合、そうなってしまうことがあるように。


苦手なものに誘われるとその時、人はどう考えるか・・・
「え、やりたくないな」「どうしようかな」「ちょっとはやれるかな」はあるあるだ。

でも、頭の中はもっといろいろ考えるだろう。

皆も苦手なことだと感じていること、だけどちょっとはやってみたいとか皆と一緒にできるといいなと
思っていること、これを誘われたときの自分を想像してみて。


「やってみたいけどうまい人たちに迷惑だよなあ」(これかなり多いと思う)
「できないことを見られるのは恥ずかしいなあ」(これもか!)
「うまい人に見え見えに手を抜かれて参加するのプライドが落ち込むわ」(あるある)
「本当に興味がないので誘われても困るなあ」(人によってはこのようなこともあるかもね)

この反対の不安もあるよね?
「どうせうまい子達で盛り上がり、参加しても自分は面白くないかも」(そう心配するのもわかる)
「一応、参加はさせてもらっても内容では下手くそは無視されるんだろうな」
「手を抜いてくれるのはありがたいけど、なんかうまい人は退屈らしく、ふざけてばかりでむなしいわあ」
「結局、うまい人、付き合いの長い人通しでやりたいんだね。自分は邪魔かな」(スクール生徒は全員ここ敏感だな)

そのときにあまりに考えてしまい悩むと、誘われた新人、苦手な子は・・・
誘った子に対する感謝を出す余裕がなく・・・
誘った側から見ていると「無表情になったり」「嫌そうに断ったり」「はっきり答えられなくなったり」
と誤解されそうな態度になりやすいものだ。(特に中学年代には多いんだよね。)

だから、さっきも書いたように
大人ですら「うーん、誘ってあげるのは今のこの子にとってどうなんだろ?」「うれしい?」「苦痛?」
「まず大人数でなくて個人的に近い人数で?」「でもそれだと、どんどんうまい集団と絡めなくなるな」
などなど悩むんだよ。

それほど難しいことではある。
だけど、今まで運動や皆のカードゲームで。
何かと君たちは生徒通しで話して、誰かが提案したり場を仕切っったりしながら・・
新しい仲間と関り、その「新しい仲間」が「気心しれた仲間」になってきていることも
大人は知っている。


これは子ども通しだからできていることもあったんだよ。
今回の電子ゲーム系もそうなると思うのでぜひ意識してみておくれ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト