FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

ミニ寸評? 

15260873578730.jpg 15260873579782.jpg
15260873932934.jpg 15260873931883.jpg

金曜はプログラミング講習に集中、受験や大学編入勉強に集中、運動に集中、ついに8人参戦となったボードゲームに集中、某有名大卒スタッフに受験の心得をじっくり聞く、私の食事代わりのソーメンに皆が食いつく、昼は(写真はないけど)推理するゲームに集中、まったりTVゲームなどなど、各自が生き生きとすごしていましたよ。

さてさて、普段はさまざまな事情で生きづらさを抱えている子の説明、特に本来の性格と正反対に誤解されるような行動課題などの説明が多くなります。それは絶対に必要なことであり事実の受け止め、集団での相互理解などを通して、いかに誤解を減らす社会スキルを育成していくか、そこには保護者支援者は並々ならぬ忍耐や明るさ維持が求められるのですと解説します。

だけど、課題的ことばかり突きつけられると人間、徐々に疲弊はしていきます、物事を肯定的に見る力も萎えてきます。
こうして集い元気に過ごしている子どもたち、その支えとなる保護者の皆さんの愛情の深さや、日々の踏ん張りはとてつもなく大きいものであることは間違いないです。

そんな中、どうして私たちも保護者さんもそのようにしてこれたのかを説明する意味でこれを書いています。
先に結論を言うと「子どもたちの本質とそれと逆に誤解されやすい集団困り所作」は別の原因からきていることが分かっているからです。ちょっと、分かりにくいんですがスクールに来る子の多くは「こう考えているならこう行動しないと変だ」「こう行動するならこのような悪意が潜んでいるはずだ」と一般集団で誤解されやすいわけです。

それは違う、各自の性質はこんなにすばらしいんだぞ、それが集団で誤解を受けやすい所作になる脳や心のバランス脆弱があるだけなのだと言うことは支援側の理解必然です。また共存して誤解を減らす方法を模索する仲間にも相互理解が必要なことですね。

なので、ここに生徒たち(学校に連日行く等でスクールに顔出しが減っている子も過去に連日来た子は入れてあります)
こんなにいい面こそが彼らの基本なのだと言う寸評を書きます。このようなものは個人的に表に出さないでやるほうがいいと言う意見もあります。そこは(重複しますが)スクール、スクール生徒保護者としては、誤解を減らすには相互理解必須、社会理解必須と考えるのであえてこうしています。


大学生、 K君は空気が重くなくならない集団を維持することをかなり考えています。
予備校生、Y君は仲間、後輩が皆で気楽にいろいろできるよう会話の工夫をしています。
大学生、 Y君は特に不安になっている後輩への目配りや寄り添い意識が強いです。

高校生、 M君は自身の穏やかさを生かし、ジョークで皆の緊張過多を弱めます。
高校生、 T君はスクールで理論的に皆が協調を意識できるよう言葉を選んでいます。
高校生、 H君はさらりと仲間が共有できる態度を出すように心がけています。
高校生、 Y君は表情をにこやかに仲間感の雰囲気を感じよくしたいと思っています。
高校生、 Yさんは目下男子をやさしく窘めることができ、心ある姉弟意識のような
       オーラを出せています。
高校生、 M君は平和なスクールを望み、うまく距離感の演出もでき、しかも新たな
       挑戦もして仲間にいい影響を出せます。
高校生、 S君は公平さとやさしさを考えて行動し、常に明るく、人柄と言う
       キーワードを仲間に浸透させています。
高校生、 K君は自身の元気を出すことで、仲間も一緒に元気でいてほしいといつも
       考えています。

中学生、 Tさんは皆に気遣い自身が引く癖を改善、自身も場も元気になっています。
中学生、 J君は皆が一緒に楽しく動くには自身がどうすればいいか常に考えています。
中学生、 K君は自分が皆にかわいがられつつ、実は自分が勇気ある振る舞いをすると
       皆が明るくなる、意欲を出すことに気付きだしています。
中学生、 K君は終始、笑顔で、ここはいろいろ挑戦できる場であることを、自身の
       経験を通して皆に知らせたい意識があります。
中学生、 Yさんは自分が先に動き出すことで大事な仲間の場を作る、そんな仕組みを
       理解し始めています。
中学生、 T君は人好き、親切なところをうまく出すことで自身の元気、場の穏やかさを
       演出できる仕組みを認知し始めています。 
中学生、 Yさんは冷静な分析ができます、それを生かしながら自分を出して行き、
       仲間の平和な場に貢献したいと考えています。
中学生、 H君は数学的認知が鋭くそれが会話でもいいポイント反映。
        ここ仲間にもいい影響あると少し気付きけ出しています。
中学生、 Tさんは平和主義かつ能動的、大らかに出して自分が明るくなり、仲間にも
        いい空気をもたらすことを認知していきます。
中学生、 Aさんはかなりの分析力と行動力を秘めている、それに人好き、世話好きな
       性格をバランスよく出すスキルが芽生えています。

小学生、 T君は直感型行動は(仲間意識を忘れず)必ずしも課題にならない
        ケースも示し、目上の人の勇気にもなっています。
小学生、 G君は人好きで大らかな性格を生かし元気に動く役を担いつつ、
        年長の規範アドバイスも受けとめられ始めています。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト