府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

受容、告知 難しいテーマです。支援側が整理できないケースはとても危険です。

15261981648860.jpg 15261982235142.jpg
写真は「ひだまり好きな奴らののんびり」ですが、今回は人によっては重い話題です。

スクールの生徒が皆、特性事情があるわけでもなく、これは私がいろんな場で支援、関りをしてきたお子さんのことも含まれますし、具体的に個人を限定したものでなく、広く発達障害やグレーゾーンにあるお子さん(人)への好ましい支援、見守り模索の中、「受容、告知」の話です。

普段から医療や心理、教育、保育、人の親、そうした仲間との話でもこのようなことを相談する、一緒に考えることは多く、それが元になっていますので、今回の話は私の一人善がりと切り捨てられるようなことはないと思います。
ただ、重複しますが、人によっては外に広げないでほしい話、個的に聞きたい話と感じる場合もあります。
なので、最近よく見る「閲覧注意」とタイトルにつけるケースなのかも知れませんね。
発達障害傾向で困っている人の支援を意識している方(親御さんも)、世間は発達障害をどう捉えるべきなんだろうと考えている方には見てほしい内容になります。

さて、発達障害特性の受容は必須です。でも告知のやり方、時期については賛否両論あふれています。

発達障害を告知された子は「ああ、自分の性格が責められているわけでなかった」
「自分は悪い子でなかったんだ」と納得してかなりいい状態になる子もいれば、
「え?障害!」「治らないのかな」と落ち込み、
2次的な困難を抱えてしまうケースもかなりあります。

私のその傾向にあるお子さんと触れ合うと、親御さん(施設では職員間や心理士ですが)にどんどん、お子さんの生の状況を知ってもらうようにして特に「特性的に影響しあう様相も凹すぎること」「影響させている側する側、お互い様のようなこと」
「子どもはそれらを客観的にはなかなか気付けにくい場合が多いこと」
が山積していることを説明します。

しかし、私は子どもたちに対しては、ずばりは障害とは言いません。
「君にはこんな人関りの困りがあったようだね、気付いていないこともあるし何となく気付いていることもあるだろう。いずれにしてもそれは学校や友人関係などでつらかったはずだ」
「その困りを少なくして過ごす方法を一緒に考えよう、元気になってきたら、将来のためには多少の集団振る舞いも練習するのもいいね」と言うことを添えて、なにかするときの投げかけをします。

なので例えばですが、その子の普段を見ていて
「周りの子を待てずに得意なことをがんがんしてしまい、しかも他者の領域も入り込んでしまうのでグループ行動にならん、まるで周りの子を人数合わせ役、自分が気持ちよくなるための引き立て役にしているように見える」とか
「興味の無いことや即成功予測が想像できないものごとに直面すると、やっても意味がない、めんどくさいと言うすり替え意識が頭を占めてしまう。態度や表情も能面のようになり、意志無し、無反応が増えてしまうからグループでは他者に困られることになっている」

と言うような特性困りについては。
本来ならばその子に「君は特性的に気付けないだろうが、実はこんな風になっているんだよ。でも、特性で無意識にそうなっているから性格がいけないんじゃないし気付けないのも仕方ないんだよ」と説明したうえで、「その癖をすくなくするスキルトレーニング、その癖を他者に告知して誤解減らしの工夫協力を頼むなどもやっていくのが大事なんだよ。こんな解説も大事です。

でも、実際は先ほど書いたように、発達障害特性とかグレー的特性などの本当のことは入れないで子どもたちに投げかけているわけです。やはり、受容していない子に「障害」とか「一般人と違う」と言うことを突きつけられないんですね。ショックを与えてしまいますから。

だけども「自分はよく親や周りに空気よめない、かみあわない、自己中といわれる」
「努力がたりないからだ弱いからだ」「何度言われても人を怒らせるのは自分の性格が悪いからだ」
子どもはこのような自己責めをしてきているんです。

そのまんま、それは特性であり、誤解されやすいのは君の性格のせいでないんだよ。
君は性格のいい子なんだよ、と早めに楽にしてあげたい面もあるわけです。

意識化に自己責めがある子は「他者非難に意識が行き過ぎる、相方役限定対人しかできないとか、しまいに一人で閉塞するなどの2次的な困り」はなかなか改善しないんですね。

しかし、しつこいですが。

子どもへの告知の際、子の受容のショックには相当の配慮が必要でもある。ここは難しいです。医師や心理職も同じく難しいことと話しています。

と、結論がなくて「ケースバイケースだね」「子が自らあれ?なんか自分は人と違うぞと意識してきたらだね」となるわけです。それはまあ、理にかなっているとも思います。

でも、障害とかグレーとかのワードを使うことは避けても、とにかく「君の性格は邪悪でも自己中でもなく、君はいい性格なんだ」と言う本当のことは勘違いして自己卑下しないようにしていないとダメです。そこは大人があらゆる工夫をして「こう見えるけど、それは君の本意ではないことは知っている」と示してください。

客観証拠を元に精神論、根性を叱るのは定型発達している子にやることです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト