府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

緊張不安、極度のこだわりなどは・・・安心の人関り場で軽減、そこ本人の工夫が見えます。

ピクミン集合 ピー1歳  attachment00 (2) (160x120)
7年前、スクールを立ち上げて2,3年は小学生が数人生徒となっていまして、特に初めの頃は低学年が3,4人でした。我々も
何をしたらいいかなと思考錯誤しながら癒しわんこピーにおんぶに抱っこ?。あとはこのビーズをよくやりましたねえ。フリマで売るくらい皆で作りました。この頃、問い合わせてくれる中高生は「え?小学生しかいない?」と驚き見学もなかなか・・・・・

その後は高学年男子も入ってきて、だんだんウイーやプレステが一日のメインになってきたのですが、4年目くらいには皆が中学になることで、新しい入会も中学生が増えて、その子たちの数人は高校生にとなっています。大学もいますね。
今は・・・問い合わせの小学生保護者さんが「え?そんなに中高生の館状態なんですか・・・」うう難しいです。

こうして思い返すといろいろあります。(当たり前)

と、急に話が変わりますが、昨日の補足です。発達障害やグレーゾン、あるは不安恐怖や自律神経不調などのお子さんたちとの関りについての補足です。連日になりますが、特に支援側にとってはこれも大事なので言いたくなりました。(学校を含め、いろいろな児童支援の場で、家庭でと言う意味です)

困りを抱える子どもたちの狭い成功願望、こだわり、自己正義の応用力のなさ、緊張不安などはいろいろな形になって児の言動に出てくるので、本人は真剣に引っかかっていることも多くて支援側も「え?そんなことに?」と驚かされることはこれまでたくさんあります。(当初は周りは、それ大事なポイントでなく逃避や言い訳だろうと誤解してしまいがちなことが多いんです)

引っかかるポイント、これはもういろいろあるけど、あえて大きく言えば、どの子も似ているところですね。
この当人の緊張不安とかこだわりとか自己正義を理解して児と共有することは、それらが感覚的に未知な支援側にとっても、かなり難しいこともあります。ただ言えることは児は、とてつもなく怖いというか表せない困りと言うかそんな重いなにかを背負った姿で人の場にいるんです。

でも、子どもたち。好不調の波もありますが。人関りを安心してできる場で、揺ら揺らもしますが。時間をかけて自ら工夫していくこと、そして緊張緩和や物事に極度に拘らずに動けるようになる。いろんな子に寄り添いながらそれは見て来ています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト