FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

なんでも好きなことを勇気をもって?それはねえ・・・

15287123813004.jpg 15287142486117.jpg15287123492212.jpg 15287124038175.jpg
タイトルにあるような投げかけは子ども青年支援の場ではよく耳にする、
とても、愛ある大人の応援言葉ですね。

でも、現場にいる子ども青年としては「ちょっとは嬉しいけど、さて困ったなあ」もかなり感じます。
私たちとしては、子どもたちに比較的制約のない状態を作りながらも、さて困ったなあと反応する子は見込みあるなとも感じる時がかなりあるわけです。もちろん、多くの子はこれに該当します。

人間はある部分では、他人や社会に制約を受けることも全うする、それも喜びの一つとしていないと、そうそう好きなことは見つからないんです。あまり自由だぞと言われても不安なんです。俺って本当に好きなことがないんだわと変に正直になったりして・・・。

世の中の大半の人は「俺には自由がない」「やりたいことができない」と思いながら、そこで安定している部分もあるんだと思います。そこから壁を越えてやりたいことをできるような工夫をする事こそが良い状態、自由なんだと思うんです。

大人なら自由の中に自己責任とか社会のルール遵守などの前提があることがわかっています。

写真は個別学習、個別自習、プログラミング自習、最後は皆で競うゲームの勝敗表手作りです。
なんでも自由だよと言われるだけだと、これらは子どもから出てこないものが多いですね。

皆、無理やりやらせてはいません。選ぶ自由のなかでやっています。
各自が満足げに達成感は表しています。良いことなんです。

特にスクールのような場では。
これらを「既成概念では肯定される行為だが自由の対角線にある行為だ」「大人が提案したから自由ではない」と子どもが誤解する教え方はいけませんよね?

15287123491311.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト