FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

夕食デー なにもしないで居られる情緒、これ若者は苦手だよね

0465.jpg 0438.jpg
92e011fbaa66acbedb87b14ee02fcb27.jpg 18日は夕食デーです。
 メニューはうどん(熱い冷たい)
 ベーコンポテト炒めです。

 明日は新人や体験児童も
 参加しますので相当数になる
 見込みです。楽しみです。

 しかしですね。実は子供も大人も
 いろいろ考えます。
 人が多いと言うことは、それぞれ
 感じることや都合なども増えることに 
 なりますのでね。

 大人は考えます。
 「1,2人でできる調理を
 皆で楽しく分担させるには
 どうしよう」
 「でも、やることがないのは自然、
 そこで、皆と話したりして
 連帯意識や情緒を感じれるように
 なって安心してほしいな」「絶えずと何かしていることは心の充足とは違うことを感覚認知するといいな」

 などと考えるわけですが。
 
 裏を返せば、若者にとってはもっとも難しい注文なんですね。
 大人でも結構、難しいんです。
 (葬式の時に自分だけ楽していると思われたくなくて、却って場が困る位に意味のない動きに奔走してしまう人とかいるでしょ?
本人は満足しているけど、場が・・・故人をしのんで皆で話すこと、思うことをできない状態になる。これは例えがひどいですかね!)

だけど、生徒たちは確実にこれを感じ始めています。見ていて分かります。
数年前と情緒が変わってきています。じっくりでいいのです。

  



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト