FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

過激な天気、過激な言葉

NEC_0580.jpg      NEC_0583.jpg
 今日は台風が来るので早めに散歩! 家を出たらしばらくして激しい雨です。
 かんちゃん、ぴーちゃん悪いねえ?
 


 さて、私は児童養護の世界に長いのですが、児童福祉世界となるのな?
 何年か学童保育職員をしていました。結果的に2つの学童に関わりましたが
 そこで見てきたことで再認識したことがあります。
 また、育児や児童養護施設でもそれは同じように悩みどころとなっており
 状況は分析できても、結論が見いだせないなあと思っています。

 それは児童の言葉です。過激なんです。
 
 学童保育職員は先生ではありません。放課後に児童と触れ合います。
 立ち位置は「児童の安全、円滑な集団行動をフォローする」役です。
 もちろん、元教師や教員免許保持者等も多いですし、皆さん児童のいい面を
 引き出しながら遊び、運動を通して子供に社会性を持たせたいと願っています。

 
 しかし辞めてしまう職員は多い。たいてい「やさしい人、安心を理想にする方」です。 
 アンオフィシャルでの退職理由一位はなんだと思いますか?

 「子供たちが過激な言葉の浴びせあい、陰湿な友人関係を作っている
 場面が思いのほか多く、子供に注意ばかりする日々。しかも大人みたいに裏表を使う
 子供も少なくない。自分にとっては現場は苦痛になってきた。もう耐えられない。」です



 私なぞは「自分が同じレベルにまで児童世界に入り込んでから、信頼関係をもとに
 徐々に改善しよう」などと思い上がり、結局は変わり身のうまい子に陥れられて?
 実態は無視する行政機関には「大人の分別がない」と叱られた経験もあります。
  (確かに私の欠点でもありますが)


 話が戻りますが児童は「親」「先生」でない半分友人みたいな職員には
 素をだします。「うぜえ、きもい、死ね、臭い」は5割以上の児童が発している感じです。
 おおよそ100人いるので・・・・?児童社会ではそれが当たり前



 ちなみに親や先生はあまり知らないのではなかろうかと思えます。
 まあ、子供ってそう言うものだと考えられなくもない部分もあります。

 もしかしたら私たちの子供時代にあった遊び感覚の言葉、「お前の母ちゃんでべそ」と
 からかい合うくらいの感覚なのか? 確かに使っている児童のおおよそは、そうそう
 深い意味もなく、誰とでも言い合っているように見えなくもない。
 ほとんどの児童はそう言う遊び言葉感覚なんだと思いたいところです。


 ただ、言葉が過激なので、行動までも陰湿な感じの児童は見ていてドキリとします。
 過激な言葉が不要な生活をして来た子供ならショックを受けるだろうなあとも思います。
 子供にはそう言う面もある事を知らずに、保育側に立った大人も同じでしょう。
 子供の本質的な素晴らしさや愛おしさを見られず、苦しい思いに陥るのかも知れません
 
 
 それにしても、そもそも大人の一部(かなり多い)が過激、陰険な世界を作ったから
 子供世界に降りてきた筈ですよね?そこは社会問題としてよく議論されていますし。


 スクールの児童は過激言葉は使わないようにしよう!
 児童集団で過激言葉が横行しているが、そんなの無視!平気になろう!


   
 どっちも言うべきなんでしょうね?
  
スポンサーサイト



コメント

初コメントさせていただきます。

言葉使いの問題は社会全体の問題だと思うのでなかなか難しいですよね。

でも必要な場面で自分の言葉でしっかり気持ちを伝える、意見が言えることに重点をおくことが、少しでも改善に繋がるのではないかと思います。

何でもかんでも“うざい・きもい”を口に出す子どもは、きちんと自分の考えが言えない、伝えられない子ではないでしょうか・・・

大人も同じですよね、普段からきちんとした言葉で向き合う親子関係・大人と子どもの関係ができていれば大きな問題には広がらないような気がするのですが・・・

子ども達には、人と本気で向き合うことを経験していってほしいですね。

いつも応援しています!!
[2012/10/02 17:37] URL | こまり@ #- [ 編集 ]
こまりさん
コメントと応援ありがとうございます。
そうですよね。まさしく人と本気で向き合うことの経験値ですよね?
そもそも、私も含めた大人が人と向き合わなくても適当に生きられる社会を、いつからか作り出し始めてしまったのではないだろうかとも思います。また、そんな中、器用に人の中で振る舞える子も居れば、素直に相手を感じようとしているのに、不器用さ、臆病さ、無垢さによって伝えられない子、特徴的な感じ方や表現の癖により思いが誤解される子もいますね?
だから私も、スクールや家でこどもたちが、本気の人との関わり経験値を高めていけるように後押ししたいと願っています。
今後ともよろしくおねがいします。
そう言えば、よっくんの尾瀬は大成功でしたね?送迎移動計画にも驚きでした。
いつもブログ拝見させていただいてます!v-22
[2012/10/03 02:52] URL | とびたくん #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト