FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

安倍総理!急いでください。過去最高の不登校児童数になっています。

15372653432812_20181026205150446.jpg 皆さんの目を引くために?
 大変、失礼なタイトルを書きましたが
 しかし、現実、事実でもあります。

 文科省の問題行動・不登校等調査結果。
 義務教育段階の不登校児童生徒数は
 144,031人で過去最多。
 中学生は108,999人で過去2位の数字、
 小学生が35,032人と過去最多です。
 小学生増が総数過去最多の因です。


 注)不登校は問題行動ではありません。
 この調査ではそれぞれを調べた
 その結果を報告しているので
 並んで表記され、ややこしいですが。

不登校の増え続けることについての原因推察はここでは省きますが、 とにかく大変です。 

なにが大変なのか。「無理していかなくてもいいんだよ。君独自の大人への成長、学習を見つけようね」と言うは易いです。

行政も学校もこの子たちのことも真剣に考えています。なので、学校や教育行政では不都合感のある子、苦しい子にいろんな受け皿を用意し始めてはいます。だけどですね、そこにハマらないケースの子も多いのが実情なんです。

もちろん、公的機関の絶対数不足があります。これも、とても困った現象です。噂では入学待ち100人超えなんて話も行く情緒支援学校もあります。じゃあ、それらの絶対数が充実してくればいい線行くのか?とはなりません。
今までもこれからも、不登校用公的支援機関(学校等)での不登校になる子が出るケースが相当数あるんです。

理由ですが「登校/不登校だけで分析、支援しても、子供たちの事情の複雑さが解消しない面」が大きなテーマとなってきます。
情緒障害、自立神経不調、発達障害、思春期なんとか、家庭機能不全、いじめなどなど、子どもの事情には、かなりの複雑な絡み合いがあります。なので、個々にあった支援、教育の受け皿がないと厳しいんです。

そのためにフリースクールは存在しています。
公共機関の数を補うためにあるのではないんです。

このフリースクールは先に成立した教育機会確保法では、ちゃんと教育施設と位置付けられています。

これは・・・・・超党派議員連盟や学校関係者、フリースクール、夜間中学、外国人学校、各方面の関係者支援者、そして時の(超人気の)文科省事務次官以下皆さんのご尽力で成立になったものです。
本当に大変に意義のあることなので、安倍総理もアピールなさっています。

安倍総理の施政方針演説には、2015年1月以降、3回連続でフリースクール支援を 掲げており、教育関連では格別の扱いでした。2017年1月の確保法成立後にも、 成果として演説で入れていました。


しかし2018年終盤になっても、特に具体的なフリースクールへの財政支援等は0です。
しかも「なんとか早く方向性を打ち出してほしい」と考え、全国フリースクールネット加盟のスクール主催が動いていますが、関係する役所でもそのことを知らない職員さんもいらっしゃるようで・・・うーん。

今のところ多くのフリースクールは気持ちでやっています。財政的には生徒会費をもらい、不足分は自己資金持ち出しとご寄付でまかなっている状況です。スタッフもボランティア程度の薄謝で気持ちで動いています。(多くは)


でも、このままではいずれは力尽きます。急いでください!
と皆さんも機会があったら話題を広げてください!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト