FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

なぜ保護者が負担?法律でフリースクールは教育の場と位置付けられているのに無償じゃない!

15433064050790.jpg 15433067070541_20181127174148632.jpg

今から書くことは、人によっては横暴だなあと感じることであり、なにもそこまで児童の困りを説明しなくてもいいじゃないかと思うこともあり得ます。でも、タイトルにある今の最大の問題点を改善するのは、きれいごとですまないこともありますし、痛みも伴うこともあるので、お伝えします。

さすがに生徒たちに話していることではないものも含まれますが、親、支援者には詳しく伝えながら、常に一緒に考えていることでもあります。そしてそれこそが「人学習、知識学習、常識学習、教科学習、運動学習」の場としてスクールがあることになり、それを法案が認めたのは「その当事者にも教育無償化の権利があることを行政が保証しないとおかしい」と言う理屈になるわけです。

皆さまにおかれましては、この課題を社会に広めていただき、教育無償の権利を得ていない親子がたくさんいることを訴えていただけると幸いです。今のフリースクールは保護者の払う月3、4万の会費と運営側や支持者の資金補填で成り立っています。法案は通ったものの、行政からの補助はなく、一般学校のような無償教育場になれていないんです。

さて、ではフリースクールでは児童は何を学習しているのでしょう?
それにはまず、不登校になりやすいお子さんの特性事情を考えないと話になりません。
もちろん、特性事情と言っても特に〇〇障害とか〇不安症とかのくくりにはてはまらない、ごくごく普通のお子さんが集団に疲れてしまった、どうしても学校横並びが窮屈だと言う、昔からの不登校になりやすい子の気質的特性も含まれます。
(いずれにしても事情の説明無しに権利のみ求めると、遊ばせているだけ、さぼりを認めているだけと言う世間の誤解を防げない)

不登校になりやすい子の多くは、そうなるまでに学校で先生から「支援の仕方がわからない」と思われやすい生徒たちでした。友達もどう接してしていいか分からない、親切にしたつもりが追い込んでしまっていた時もあれば。誘いを弱め、見守っていたら仲間外れにされたと落ち込まれた場合もある、また当人の方も周りがどう考えているかがよく分からず、不安だらけになりやすいので、ある意味、気を使いあうことが悪循環なんですね。それぞれが原因がわかっていないからですね?それで人数の少ない側は疲弊して抜けてしまうのが不登校の大半です。

不登校になってフリースクールを訪れるお子さんの過半数は程度の差はありますが、発達障害、自律神経不調、心的不安などに困りがあります。中にはそのような診断はつかないけど、ほんの少しそんな特性があるグレーゾーンの子もかなり多いです。

また、ごく健常だけど、思春期の悩みなどにより一過性で似たような困りを感じる子も多いです。
(昔から、困りの原因はこればかりで説明されていましたが、今は研究が進んで前者の比率が増えている)

つまり、不登校になりやすい子の支援と言っても何が原因かはさまざまであるので、
ここを話題にしないままで何とかしようとすると「あいまいだなあ」と世間に見られるんです。

これが結構、大変なんです。

これまでの不登校支援では
1、「ごく普通の子がちょっとつまずいたケース」「自ら学校外の教育を求めたケース」「そもそも学校が至らなかったから居場所を変えた」こんな感じで、世間からの障害者的被差別を防ごうとしていました。

だけど・・・これだけだとダメなんです。実際の現場では。

2、さまざまな個人事情(発達障害や自律神経不調、真性もグレーも)を持つ子が、差別を受けないようにしながら特性理解を求めて行ける余地を与えられず、学校に行けなくなった事実があるんですね。

だけど「この子たち、多くの部分が健常なので、障害福祉支援の扱いを受けるべきでもないんです」「あくまでも一般的な児童と同じように支援をうけるべきなんです」

なかなか、まとめにくくなってしまいましたが。
今、当スクールでは生徒の9割は、この2に該当します。はじめは1の子と半々で見込んでいましたがそうはなりませんでした。

そこで、当スクールでは少なくとも保護者さんには児の困りの因を認めてもらう事が前提になります。そして生徒たちはいろいろな直接、間接学習に「耐えて努力して、気付きの発達凹や我慢の凹を少しずつ成長させています」

これは、もとがどれほど凹になっているか分かっていない人からはそんなの子供なら勝手に理解するわとか、言えば分かるでしょの感覚です。でも元の凹や意識や自立神経不調状態の困りのある子にとってはすごく大変な挑戦なんです。

でも、・・・・・
法案が通ったと言っても、金銭支援などとんでもない。遊んでいる子達に公的な金を?なんて!。
と感じる人がすごく多いわけです。

この人たちに理解させるのはどこでしょう?

「不登校は逃げではない」「もちろん、障害や心的不調診断はつかない普通の子もいろんな事情で不登校になっていることもある」「前向きに外に教育を受ける場を求めて不登校になる子も確かにいる」
「しかし、どうしても行けない事情の多くは障害や自律神経不調などの影響であるケースが増えているのは確かだ」

「行政が用意した不登校回避の情緒支援施設では、まだ、通えない事情の子もいるんだ」
「だから、フリースクールにくる子は困りを緩和させる訓練、さまざまな体験学習をしにきている、どう見えようが各自が個人事情と戦っているんだ。それが自由教育なんだ」
「現実問題、不登校児が十数万、行政の用意した準学校の支援施設やフリースクールに来れている子はその数パーセントで、あとの9割は家にこもっているんだぞ」と言うことになります。

この実態や「個人障害特性、神経的事情の有無に関わらず、不登校は決してずるいのでない」
「だからこそ、親子が選べる人教育場には費用がかからなく行ける様にすべきだ」
「つまり、学校と同じ大事な教育場なんだ。無償で選べる教育の種類がいろいろあるんだ」

こうなります。
あらゆるものを使って、これを広めてください。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト