FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

7日は夕食デーです。元気に再開です。(ちょっと重い解説も)

1c9c9371e86e35e9ec3dbd2e263988b9.jpg d954a51ee2b9714d0b1ee0b30e89ee4e_t.jpeg

学校ともいい関係でいる子は明日は登校するかも。何人スクールに来れるかな?でも後半は多数が揃うでしょう。

この夕食デーやらなんやら・・・・
学校よりも複合同時認識や自主性を求められるから、まずは子供も大人も大変なんだけど、ドタバタしながらスキルがあがる理由を書きますよ。長くてすいません。

毎回スタッフには夕食デーの流れを指示しますが。
流れと言っても、(後述しますが)子供にも臨機応変意識も必要になります。

大人に至っては「どれを見守り、どれを介入して、どれを誘導するか」を
常に意識しつつ「〇と一緒ならできる、一人ならできる、大人とならできる」と
事情変化する児童のことも推し量りつつなります。
時間との兼ね合いもあるので、時には大人がやりだすほうが流れがよくなることも
あります。でもそれだけに児が依存したら元も子もない。そんなことも意識します。
その意味では生徒も指導側も体験学習しているんですね。

学校の家庭科では皆平等のもと、同じ作業をするカリキュラムでやりますので
自分のことだけ専念していると自動的に共同作業したことになりますが
これは社会性と言っても、自己作業をしながら全体の俯瞰をして分析出来る子には
効果的でも・・・(ここは学校の先生も悩むところだとよく聞きます)

スクールの夕食デーは違います。各担当が自分の仕事をしながら、
他の子の行為も見るとか、全体的にゴールはどこなのかも見当をつけ
他のフォローをすること、指示されていないことを思いつく、
そんな勇気(社会性)を発想しやすいイベントを繰り返すわけです。

と、理想先行で解説していますが、実際は子供にとっても大人にとっても
「どうしていいか読めず立ち尽くす」とか「目前に作業があるようにすることしか考えられなくなる」
「だから、全体の進捗やコントロールを意識できなくなる」
「指示役がいないと困るが、自分がそうすることは発想しにくい」
それが世の中の人間の大半なんでねえ。

でも、ドタバタしているとスキルはあがっていくんですよ。
これは昔からそうです。このようなことで人格が出来上がるんです。気質はあまり関係ないんじゃないかな。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト