FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

ひよひよ受け入れ始めます (小学校低学年の受け入れについて)

15701803568150.jpg 15701803663041.jpg15701803765702.jpg
 この写真は金曜の夕方です。
 時間帯は「電子ゲーム解禁時間」。
 大部屋ではエクセル教室も展開。
 
 3つの部屋では思い思いに
 生徒がパソコンや電子ゲームで
 楽しんでいますね?
  
 興味別、年代別、性別などもありますが
 うまいこと、どこにも入れない子が
 いない状態になっています。
 
 実はこれはかなり理想的な光景です。
 
(言い方が悪いが)
1、皆がスクールに慣れていること、
2、仲間に安心していること、
3、選ぶものすべてがスキル的に不安なのでなく、やってみようかなと思えるものがある、

それで、各自がなにをするかを 自由意思で選べたこわけです。
 
生徒には申し訳ない説明ですが・・・
(不登校や引きこもりになって、スクールに来たばかりの子を)ここまでの気持ちに
持っていくのには月単位年単位の時間と配慮支援が必要です。

もしも、、、自分が出来ることがないぞ?人との会話が怖いぞ?人に見られることが怖いぞ?
自分だけ年齢が離れているぞ?趣味興味があわないぞ?
こんな状態の時には誰だって「おいでよ」と言われてもしり込みします。

スクールに来たばかりの子は総じてこの状態なんです。
(逆に全然、場や人を怖がらずに自分の好きにしたがりすぎ、それで集団秩序が崩れたり、それまでの生徒に困られると言う状態の子もいますが、そんな行為しかできないと言うのはその子は不安でいっぱいなんです。)

この説明の書き方ですと・・・・また、
否定的な書き方だぞ?
上から説明だぞ?とのご指摘もあるやも知れません。

でも、どうしてもちゃんと説明したうえで、皆で工夫して
皆が明るくなれる場にしていきたいんです。
そのための苦労も学習です、子供だけでなく大人にとってもです。

話が長くなりましたが。

来る子迎える子にはなにか人関わりや集団行動での困りがあります。
前段にお伝えしたように、粘り強く、見守る、意識下に伝えていくなどしていくと
時間をかけて写真のようにはなりますが、低学年に関しては絶対的な年長との能力差が
あるのは当たり前でして「縦割りで頑張っているうちによくなるよ」と言う指導が
必ずしも子どものためにならないことが多いんです。


それで、これまでは低学年さんはお断りしないとならなったんです。
低学年組みたいなものを作り大人が専用でつかないと
苦しいのですが、ひと手や予算で対応不可能だったのです。

でも、もう何人かお断りしてきたが、その後も月に2,3人は
多い時は4,5人の低学年さん打診がきています。
つまり、軽度、グレー凸凹の子の居場所がないんです。

こちらもかなり心苦しいとずっと思っていましたが
スクールの中高生や高学年はだいぶ、発達成長しています。
この際、皆で面倒見ようよ作戦をやってみようかなと
考え始めまして、「低学年もおいで」とします。

ただし、成長発達していますと言っても、年長に根幹の困りはまだあります。
揺れます、良い学習でもあるけど試練でもあり、なんと言うか
先が読めないです。先が読めないことに対峙するのを最も怖がるのが
凸凹さんです。さあ、どうなるかな?と言うところでもあります。

人が人を作るでしたっけ?役割が人を作るだったか?





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト