FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

ナーバスな話題?

NEC_0654.jpg  
  昨日もゲーム、本、勉強と各自が、時間を守り

  自分の決めたテーマをやりつつ過ごしています。

  夕方からはお約束の運動タイム!!
  
  皆にサービスして??一緒にやり出す私は
  いつも我を忘れて暴れるので、

  翌日は50肩再発。でも皆の笑顔は楽しい


 さて、保護者ブログ更新されました
 その中でお褒めの言葉、とても嬉しかったです。

 
 この業界ではまだまだ経験の浅い自分ではありますが、それなりに育児、保育分野で
 活動していく中、悩むこと、考え込むことは少なくありません。
 「整理できないなあ。少しは分かったつもりでいても、本当にこれでいいのだろうか?」
 と活動しているいろんな場所で、思い入ることばかりです。


 特に「原因が分からないまま子供が一番苦しんでいる、誤解されていること」
 をどうとらえてあげればいいのかは永遠の課題なのかも知れません。


 言動や思考の仕組みが他の人と違う子は結構たくさん居ます。

 悪意がないままに「他の人を傷つける言葉」を発したり「輪を乱す行動」を
 していることになる場合もあります。

 原因はさまざまでしょう。子供に「発達障がい」がありそうなっている場合、
 出生時や幼児期にいたたまれない状況下にあって「PTSD」「愛着障がい」など
 を持ってしまっている場合、現在の家庭や学校に「著しく不安感をあおるような
 事柄」がある場合、単に「児童の幼さや不安や甘えの裏返し行為?」の場合などなど。


 この中で1,2番目は子供に「単純に叱る」「周囲が迷惑していると窘める」のは
 危険であることは言うまでもありません。(悪意がないのですから)

 また、個々の程度によっても対応は変わってきますし、根の部分とは別に
 ずっと子供の特性を理解されないままで「単に言動を悪とされてきた」ことで
 極端な自己否定や被害妄想を持ってしまっている子供もかなりいます。
 (周囲には当人がそこを気にしていることがつかみにくいのも特徴です) 
 

 1,2にある児童は「人を傷つけている」ように見られますが
 「人から同じようにされると誰よりも絶望します。」あるいは
 「そんなにひどくされていないのに被害者感覚が強くなりがち」です。
 あげくに「自分は自己中心で横暴なくせに、なんで君は意地悪されたと訴えるの?」
 と叱られます。 (悲しい記憶ですが、私も家族に叱った時期は長いです。)


 整理できる結論がないので長くなってしまいました。


 児童や私たちが「どう要因や特性を理解するか、どう共通認識するか」
 「どう仲間や周囲に理解を求めるか」がポイントなのでしょう。
 「将来、仕事なり生活なりを堪能できるスキルを養う意味でも、考えることや
 いろんな体験を重ねていくことが肝心なのかなと思っています。

スポンサーサイト



コメント

我が子はADHDと高機能自閉症の発達障がいを抱えていますが、一見するとごく普通の元気な男の子です。

もし我が子の特性に気付かなければ将来、学校に行けなかったり・親子で鬱になったり・家庭内暴力に家庭崩壊・・・そんな惨劇を目の当たりにしたかも知れません。

子どもの特性を理解し適切な対応がわかるようになった今でも、その都度問題にぶつかり、苦悩は続いています。

でも私は大人ですので、子どもを正しい道に導いてあげるのが役目です。

子どもにはそれができないわけですから・・・今にも壊れてしまいそうな子どもの心を救ってあげたいですね。

“みんな違っていい、そのままのあなたは素晴らしい”と一人ひとりの子どもに言ってあげたいですね。

スクールがそんな寄り添いの場であることをきっと皆さんこれからも望んでいくはずです。

いつも応援させていただいてます!
[2012/10/26 17:12] URL | こまり@ #- [ 編集 ]
こまりさん
応援コメントありがとうございます。勇気づけられます。

スクールや養護施設には発達障がいや愛着障がいと位置付けされない児童もいます。でもその子たちが決して悪意や逃避などでそうしている訳ではないのに「人から責められる、孤独でいる方がいいと思っている?」言動をとるケースは少なくありません。ここもまたナーバスなポイントですが「誰もが安心できる場所」「理解しあう場所」を目指して、児童、保護者、応援の皆さんと悩みながらも良いスクールを作り上げて行きたいと願っています。お互い平たんではない道があるでしょうが、子供の未来のためにも頑張りましょう。今後もよろしくお願いします。

[2012/10/26 23:50] URL | とびたくん #- [ 編集 ]
不適切行動の原因を医学モデルとして考えると、個人攻撃の罠に陥ります。

つまり、いくら子どものパーソナリティーに依存しないと言っても、結局はそれになってしまうということです。

それは直接操作できることではないですし、心的行動は結局推測の域を出ないので、かなり個別のバイアスがかかってしまいます。

これでは正しい指導は行い辛くなってしまうので、行動の起点を直前の環境(刺激)に求めることが大事です。

これは直接操作できますし、実験可能なので本当にそれが原因だったかどうかを特定することができます。



行動全てを分析し、それを実験し、確証の上で指導する事はまず不可能です。

不可能ではありますが、行動の起点を心的行動に依存し、できないことをあたかもやった気でいるより、よほど正しい指導ができるのは自明です。


思考の仕組みとか愛着などり概念は「認知心理学的」概念であり、それは発見されたものではなく「発明された言葉」に過ぎません。

全て何らかの行動に名前を付けたに過ぎません。


これを「ラベリング」と言います。



いずれにしろ、こうした「作られた言葉」に右往左往するより、客観的に観察できる行動を「行動原理」と「強化原理」によって行動介入することの方が、より合理的で科学的です。(科学的イコール検証可能ということです。)

是非一度、「行動分析学」を学んでみてください。

目からうろこの指導が、自ら体験できますよ。
[2012/10/27 21:05] URL | あっちゃん先生 #- [ 編集 ]
あっちゃん先生
アドバイスありがとうございます。
子どものパーソナリティーに依存しないこと、個別のバイアスがかからないようにすることが望ましいことはわかります。分析、実験、確証の一連の流れを取り入れる考え方や方策、その確度や整合性、合理性も興味のあるところです。本を読んでみますね?



[2012/10/27 23:56] URL | とびたくん #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト