FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

フリースクールの役割 (長くてまとまらない)

文章にするとうまく伝えられないこと、誤解されがちなことがあります。

触れてみないと分からない、理屈ではないことがあります。

これも同じです。でも「フリースクールの意義」について考えました。

児童を学校や集団に戻すための機関

児童が安心できる学校そのものを運営する機関

児童を安心させる、のびのびさせるための機関


不登校について話すとき、

大人の大半は3→1へ移行していくようにすればいいと感じます。

また、甘えさせてはいかん。1だけでいいと言う人もかなりいます。

2がいいと思う方もたくさん居ます。既成の学校では細やかさに欠け、

自由さも乏しい、それが分かっているメンバーが創立した学校に行けば

児童が自分らしく通えるだろうと考えられています。

偉大な先輩方が設立した2のスクール(学校)は多くの児童を受け入れ

ている実績があります。


3だけがいいと言う人は少ない。

でも、のびのびさせる大切さは皆感じてはいると思います。

ただ許される状況が少なすぎるだけでしょう。


スクールの応援をしてくれている教師の方も現場でこれに悩むそうです。

ここで表せないような愚痴も言います。


話がそれました。


1は「会社とか学歴」のようなことが基礎とされる社会で人と同じで居たい、

それが安定に通ずる、こう思う方が大半なので、やはり必要なものだと思います。


1のスクールでは大きすぎるクラス、陰湿なクラス、個人特性を邪魔みたいに

扱われたなど、学校への恐怖イメージを持つ児童に対して手当てします。


スクールではミニ学級を形成しています。ちゃんと時間割通りに授業をします。

そこで個々の勉強、集団行動や規律行動の経験値を高めます。

学力が上がることで自信がつく、決まった形(教室で皆で授業を受けるなど)

で長い期間過ごすことができた自信、ミニ学校のような場所で友人ができた、

同じようにできたと自信を持つ。そこから本来の学校に戻すことにトライします。


デメリットは「没個性が懸念される、矯正機関の装いになる。

(保護者が考える程には)本来の学校に戻りたがってはない児童は逃げます。」


2は1のデメリットを考慮して、自分たちで学校を設立した形になります。

だから生徒はいきいきしています。本当に学校に通いたかったんだ!でも

普通の学校はつらかった!と言う児童は多いです。


デメリットは「数が少ない。児童や保護者に公的なものや既成概念への思いが強い

場合は効果が薄い。在学や卒業に対する評価は受け手により変わる。

逆に児童が学校と言う形態を疎んでいる場合は厳しい。」


3は「自分らしくある、安心できる空気の中で何かを見つける」ことを最優先します。

家から出て、新たに熱中することや楽しいことを感じながら、

自分の特性を自覚していく。その中で人との係わりや最低限の集団行動を会得します。


ルールや行動を児童たちで決めていく、その見守りや協調、アドバイスを

スタッフがやるのが3のスクールです。


学校に戻るきっかけになる場合もありますし、何より将来に役立てたいことや

自分のあり方を見つけることがいいとされています。


デメリットは「(特に保護者は)自由すぎるのではないか?児童が何かを
つかめるのか?と不安を持つ。将来、既成概念の強い社会(会社や学歴の意識)
の壁に当たる場合がある」


私たちのスクールは3の特色が強いでしょう。

でも、個々の会員の状況に応じて1もフォローします。


皆さん、フリースクールを探すときはたくさん見学に行ってください。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト