FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

不登校と発達障がい(長い)

私たちスタッフはこども達からはもちろん、保護者さん方からもいろんなことを
いろんな形で教えてもらっています。形態的に、いつもこちらからテーマを出して
いるように見えますが、そうではなくそれぞれ信頼の中で培うものがあると思います。


さて、不登校問題と発達障がいは本来、次元の違うテーマです。
だだ、かなりの数のお子さんが発達障がいである、あるいは可能性を教育機関や
医療機関で言われています。確かにそこは考慮して行くべきだと思えることも
少なくない。そこで、今の私たちの思いを書いておきます。
(生徒や保護者との信頼の中で勉強していくので、あくまで今です)


発達障がいがあるとすれば「人とのずれ」や「発想のずれ」があり、
それで「変化に対応する」「周りに合わせる」「一般的な包括的判断」が苦手な子達です。
同時に「人が好き」だけど「自分の許容範囲での関わりでないと集えない」
この2重構造の問題も個々にあります。誰も悪意はありません。

ここで、分かってあげることはいくらでもできるんです。
「わざとじゃないんだ」「発想や気づきの仕組みが違うんだ」「内心揺れてるんだ」
相談機関でも(物わかりのいい?)大人は「何も無理して人と集うなんてしなくていいと
言いがちです。確かにこのアドバイスが間違っているのではない。
特にそういう時期や考え方は必要ですし。
でも子供は人好きです。やさしい面を持っているんです。この気持ちはどうするの?
消すの?ううむ。


私は、自閉スペクトラム傾向の子ども達を見て来て、うまく社会と関われている、
交友も堪能している青年期の子に一定の素因を見ています。(周りの対応)


1・行く行かないは自由でも学校を敵対はしていない。 
(通学してる子だって「大人の都合」「意味ない規則」「大げさな和」
 に辟易しながらやり過ごしている、そのことは子どもは感づいている)


2・規則を守っている。
(本質的理解ではなくても「居るため」「集うため」の方策を受け入れさせている)


3・ものや援助行為を与えられすぎていない。
(執拗、傲慢、狡猾に要求してるように見えるが気づけない特性であって悪意はない、
 それを不憫と思い代償で応じるような事は大人にされていない)


4・自己特有のずれを口にできる段階まで来てる。
 (2次的障がいが論じられる時、子供の状態のバロメーターのように言われてます。)


5.自分だけの時間、感覚を出せる場を持つ工夫をしてる。
 (写真など不自然に集ってるシーン多い?その時ある違和感をどこかで自分で抜く)


6・大人依存から少し距離がおけるように成長している
 (5と同様、高レベルですがいつまでも続くと・・・・です)


と列挙するのは簡単、的外れもあるかも知れません。

いかにも計画的に成しえたように記述しましたが、実際はどたばたや嘆き、放心、諍い、
子どもより大人が落ち込むなど、何年も経ての結果です。結果論も入っていますね。


おそらく特に保護者にとっては遠大な計画に見えるでしょう。
とにかく、1,2、3を意識して見守ってほしいと思っています。

絶対に「子供そのものが責められている」ような感触は与えないで
「違っていていいんだ」「でも集いたいときはここまではやろうよ」で行きますね?。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト