FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

希望的観測の善し悪し(大人の思い)

下の長々と記した文章はある地域の先生方のマニュアルや
ある大学教授の論文から引用させてもらっています。

なぜにこれを?もちろん自閉症スペクトラムの正しい認識を広めたい思いもありますが
それと同時にこんなに切ない事実をどう受け止めるか?どう対応するか?を考える
必要があり、「親御さんや大人の行動に大きく影響される子ども」
「平たく言えば大人が揺れると子どもは本質的な発達障がいの困難とは別の自己否定や被害妄想を抱く
」のが心配だからです。


発達障がいとひとくくりでは分析できない、人によってどこが発達しにくいのか
どの程度なのかは個々に違う筈です。

列記した中には「成長期の子どもなら当たり前」「少しずつ感じ発達していける」
このような事柄も多いです。だからなんでも発達障がいだから仕方ないと言う対応は
おかしいと言う意見も多いわけです。私もそう思っています。
言葉が妥当でないかも知れませんが希望的予測です。

この希望は、一般社会では、例えば成長発達が100を最終点としたとき、60までしか
行かないなんてこともざらです。だから親御さんが「まったくこの子はいつまでたっても・・・」
と愚痴りながらもそんなに困ってもいないで、そのうち成人して大人になります。
たいがいその時になぜに60しか行かないのか親の方が分かってきます。
「ああ、自分の尺度を使っていたが子どもは別の人間だったわ」です。
社会性を持って生きるに十分な素養はできており、人によっては90と評価するかも。

ただ、発達障がいを持つお子さんの場合にはこの100が絶対値20までしか
到達しないものも混在していまして、そこを大人が事実を見てあげないと、
つまり60まで行くものだと言う感覚で対応して、自分の感情の揺れで
子への不満を表したり枠的な叱責をしてしまうと20が0にもマイナスにもなります。
自己否定や大人への不審です。


これがすごく難しいので、親御さんも私たちもよく揺れます。
特性に悩む子どもはこの大人に揺れにとても敏感なのです。
だから、大人は孤立しないで共有できる仲間を持つことで「自分が安定していること」の
努力は必須だと思います。


アスペルガー症候群の状態像
①社会性の障害 
 人との適切なかかわりが難しく,孤立することがある。
  (このことが原因で,孤立してしまうことが多い)

・はじめての人にもよく知った人にも親しげな態度をとることがある。
・必要以上に体を接近させて話す場合がある。 
     →相手に応じてかかわったり,適当な距離を保つことが難しい。
・一度に何人もの人に,適切に注意を振り向けることが難しい。
   →友達の中でだれか一人を独占しないと気がすまないことがある。
・仲間内の秘密を違う人に話してしまう場合がある。
     →「秘密を守る」という暗黙の了解事項が分からないことがある。
・場にそぐわない大きな声で相手を呼んだり,厳しく失敗を責めることがある。  
   →相手がいやな思いをするかもしれないことに気付きにくい。
・相手の表情,声の大きさ,抑揚などから,相手の意図を読みとることが難しい。
②コミュニケーションの障害   
 言語発達の遅れではなく,「年令にそぐわない会話」「冗談が通じない」
 「会話が一方的」という形であらわれる。

・「あげる」と「もらう」をうまく使い分けられないことがある。
・「急がなくていいよ」と言われると,いつまでも手をつけないことがある。
   →字義どおりの解釈をしたり,あいまいな表現の理解が難しい。
・話し方の口調や遣う言葉,表現の仕方,声の大きさに特徴がある。
・会話のときの視線や表情が不自然である。
      →非言語コミュニケーションを適切に使うことが難しい。
・「○○ゲームがほしい」という要求を,「○○ゲームは△月×日発売」と言ったりすることがある。
    →自分の意見や気持ちをうまく表現できない。
・一方的に話し続けたり,相手の話の途中で突然その場を離れたりすることがある。 
    →自分の興味や関心に強くとらわれている。
・話の内容がどんどんそれていってしまうことがある。
      →会話や話題を共有することが難しい。
                                                
③想像力の障害(こだわり)   
   「特定の事柄に関心が強い」「全体像をとらえることが苦手」
   「収集癖がある」などの形であらわれる。

・就寝時間までにテスト勉強が終わらず,パニックになってしまうことがある。  
    →固定された習慣を崩されると,混乱してしまう。
・少しでもルールからはずれた友達を厳しく非難することがある。
・分かってもよさそうなルールや道理を理解することが難しい。
 →ルール(固定された習慣)を守ることや,新しく受け入れることに対する強いこだわりがある。
・カタログ的知識にとても興味を示し,好きなものを集めることがある。

 ・年代を覚えるのが得意
 ・パソコンの操作を覚えるのが早い                   
 ・決められた係活動を忘れずに行う  など
                                               
 この他にも,感覚(五感)の過敏さ,もしくは鈍感さがみられたり,不器用なこともあります。    

アスペルガー症候群の生徒の知能は,だいたい平均から平均以上(特に言語領域では)ですが,高度の思考力や理解力が足りません。理解や思考は非常に融通がきかない傾向があります。想像力は具体的なものに限られ,抽象的なものは苦手です。その学者風のしゃべり方と印象的な語彙力は,実は単に聴いたり,読んだりしたことをオウム返しに言っているだけなのに,それをちゃんと理解しているという誤った印象を与えてしまいます。アスペルガー症候群の生徒はしばしば素晴らしい暗記力を示しますが,実はそれは自動機械的なものです。セットした順序で動くビデオのように子どもは返答しているのです。したがって問題解決能力は乏しいのです。

教師の声に表れる感情は最小限に保つ。ASの生徒とのやりとりは,共感的で寛容な態度を明確に示しながら,冷静に,予測できるように,事実に即して行う。「分かり切っているように思えることを教える必要があるのだということを理解できない教師は,辛抱できなくなり,イライラしてしまうだろう」(p.57)と,この障害名のもとになった小児科医ハンス・アスペルガーは書いている(1991)。悲しいとか落ち込んでいるとかを本人が認識しているとは期待しないこと。他者の感情に気づくことができないのと同様,自分自身の感情にも気づくことができない。抑うつ症状を隠したり否定したりすることがよくある。

教師は,重度の混乱,注意散漫,孤立化,ストレスに対する耐性の低下,慢性疲労,泣き叫び,希死念慮など,抑うつの徴候となる行動変化に注意することを怠ってはならない。本人が「大丈夫」と言っても,その判断を安易に認めてはならない。

むずかしいですねえ。でも・・・・
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト