FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

本音

本日は「学びにくさを持つ子供の中学、高校選びを考える」

と言う内容のシンポジウムにスタッフと一緒に行きました。

パネラーには発達精神科医師、発達障害支援教室の代表の方々、

支援高等学校の先生、ジャーナリストなどがいらっしゃって

割と本音を話していただけたので、良かったと思いました。


講習のお知らせをくれたのは、教育サポートセンターNIREさんです。

私がお世話になっている品川の児童養護施設でもNIRE利用者がいますが

発達障害支援や若者サポートに大きな実績のあるNPOです。

パネラーに出ていたNIRE代表が「発達障害があるなしではなくて思春期

だから不安定になると言うことも忘れないで」と話したのは印象的でした。


他にもたくさん関係者や保護者の皆さんの生の声が聞けました。

(心に響く内容や辛辣な状況を訴える内容も出ました。

 ※私が自分の家族のことをブログで表す訳ではありませんので、

 お話の詳細を書くのは控えます。)


今回、私はスタッフには「平等思考の建前と実態」「保育者と保護者の感じ方の差」

「保護者が相応な精神力を要求される実態」「子供や家族が差別や偏見に悩む実態」

これらを本やネットだけでなく生で感じる機会を増やしたかったのです。


フリースクールに来る児童、青少年は発達障害のある人も少なくありません。

またそうでない人も原因は明確ではないけれど同じようなジレンマや痛手を

感じて不登校(または休みがち)になっています。


児童養護施設、学童保育にも生きづらさを抱える子はいます。

だから、そこで働いていた私たちは一般の方よりは理解度はあります。


でも私たちはそこでは児童を集団管理する側になっていますので、

(意識してそうしている訳ではないのですが)やはり苦しんでいる

子供や保護者との密度は薄いんです。すごくジレンマがありますが

そうしないと日々流れていかないシステムです。


だからフリースクールスタッフのときには「児童や保護者の痛みを

心で理解する、その上で客観的な視点ももつ」ようになりたいです。


また長くなりました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト