FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

可能性 南の島のオレンジ便り

オレンジ写真 久しぶりに元スタッフの
 オレンジからメールが。


 現地では面白い先生であり、
 とても貴重な人になりつつ
 あるんじゃないかな?
 

 私は自分の学生時代
 (引きこもり時期もあります)
 サラリーマンや児童福祉現場
 などで見てきたことでしか、
 分からないんですが

 
 やっぱり、どの現場でも感じたのは・・・・・・
 一本しか道が無いがごとくよりは、そこに囚われずに歩んできた人が
 場を作り、それによっていいものが出ているケースが多いと思います。

 
 もちろん、だからと言って、一律の学校制度から就職のルートを辿る形を
 批判するものでもなく、ましてやそこで頑張って成果をだしている人、
 その後社会人になっている人がつまらないとか人間味や幅がないと言う
 一部の過激な方たちの論法には結びつきません。


 自由や平等とはなにか?ですものね?そこに可能性もあればそれを得るための
 いろんな立場の人、各自の義務も存在するのではないかと思います。
 何を言っているのかわからなくなりそうなので、以下オレンジからの便りです!
 

 Iokwe aolep!(ヤッコエ アオレップ!=こんにちは みなさん)

ついついメールを面倒がってる内にもう5月になってしまいました(^^;)
日本はもうGWですね。わが清水エスパルスもそれなりに奮闘しているようなので何より。
それでは久々の近況報告します

4月に入ってひたすら雨が多くなって気候が変わったからか度々体調を崩してました
(子どもの頃、季節の変わり目は絶対喘息の発作が出てたから、その名残りなのか…?)
ただここ数日はカラッとしてきて体調は絶好調です

学校の方は相変わらず、存分に“遊び”を取り入れた算数を目指してひたすらTry & Try again!!
こっちの先生たちはそういう授業を全く知らないので、ちょっと無茶でもなるべく算数で遊んでます
その甲斐もあってか、子どもたちも少しずつ自分で行動できるようになってきた気がします(ただもうすぐ4年生なんだから抱きついてくるのは辞めて欲しい(^^;)

あと環境教育の隊員とコラボして、日本主催の環境に関する絵画コンテストに子どもたちに参加してもらいました
そして「せっかく描いたんだから」ということで、マジュロでも、ホールを借りて絵画コンテストをやりました。
そのとき、マーシャルの大統領も見えて、一応学校代表として挨拶。で、何故か大統領の携帯に写メられました。何ていうかいい意味で“その辺のおじさん”って感じでした

そして今日ですが、マーシャルは憲法記念日で祝日。
街の中心部はお祭りのようになっていて、色んな団体がパレードをしました
もちろんJICAもお揃いのアロハシャツやスカートでパレードに参加。(添付写真はその後の集合写真)
自分こんなんですが一応“日本代表”なのだと少し実感


日本代表と言えば、ここだとワールドカップが見れません…
なのでみなさんに応援任せます!!
それではみなさんGWを楽しんでください〜(^^)/


マーシャルより Mr. Orange こと Yuta Ono


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト