FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

想像することの苦手さが周りの誤解を招く

研究観察結果は後半です。

このテーマでお伝えするときに、便宜上「発達していない」と言う表現を
使っています。これは実は間違い表現です。


確かに、ある分野はものすごく発達していてある部分は極端に発達が弱く
それが凸凹に作用して言動に現れるのが発達障がいです。
ただ、発達や成長が今後無いと言う意味ではありません。


だから「ただ周りが理解して、その子の安心できる環境を常に用意するだけ」
では発達成長のうわずみが出来なくなるので、多少は刺激なり未知なり、
発見させながら感覚発達、または経験発達を促すことは必然です」
と言われています。


当然、子どもは「なんで、わけの分からないしきたりや自分に意味のない
めんどくさい方法で、人と同じようにしなけれないけないの?」
と嘆きます。「だってそういう事に慣れていかないと社会の中で困るでしょ」と
言いたくなるところですが、そうはズバリは言いにくいので、いろんな切り口から
フォローを考え、納得させていくのがいいようです。
なぜなら、子どもが大人から
「無理矢理一般にあわせろと圧力かけてくる」と被害的に感じるとよくないんです。
大人になってからもそれがトラウマになり、
「一般的な人は世の矛盾はある程度分かったうえで、人の関わりでのお約束行為や
本音と建て前行為をしている、時には人への気遣いの出し引きに内心あえぐことも多い」
ことを分かららず、それを非難するのみになるし、それこそ、
大人として生きるのがかなり大変になりますので。
(確かに馬鹿らしいことを出し引きしながら生きるのが大衆なので、
子どもの言っていることは正論もあるのが、ややこしいところです)


自閉スペクトラムの子に理解して接する必要がある点。

想像することは苦手でそれ故に
いくつかの要素が混ざった(それを想像力で自分で整理するのが
簡単だと一般には思えるので)
長い文章や長い話、継続的な会話では、時に人を驚かせます。
その反応を見た人は以下のような印象を持ちやすいです。

・話がかみあわない・話題の焦点がずれる・言葉の使い方が変。
・一見、理解度が高そうだが、大事な事が言う側の意図通りに
 通じていない可能性が見られる。
・目の前に示されたことだけに捉われすぎて、相対的、全体的
 複合的には見ることがむずかしいようだ
・自分で体験した範囲や、示された物だけで物事を判断する傾向で
 (簡単に未知を想像できる一般的な子のようにできず)
 話題とずれた反応がでやすいのだろう。


ここは大人が分かっていないと「悪意」「計算」「利己的」で動いているように
誤解されてしまうし、本人はその結果、いつ人から笑われるのか、責められるのか不安なままでは
なかなか言動の癖は治りません。


観察研究です。今回は高学年ですが、計何人で試したかは分からず、
なので正しい数値分析ではありませんが
一般児と比べ、アスペルガー児童が「そんなことわかるだろう」と
思えることが想像できず応用理解、予測理解できないことが驚くほど多かった
と言う結果になったそうです。

3人の子どもに並んでもらいます。
1番目の子に「あなたは何歳?」   12歳です
2番目の子に「じゃああなたは?」   11歳です。
3番目の子に「じゃああなたは?」   


一般児童(定型発達)が3番目ではずべて○歳です。
しかしアスペルガー児童(非定型)は3番目に来ると
答えは名前を答えたり、学校名を答えたり、黙ったりが
かなりの確率で見られたそうです。

2番目に答えてもらう場合も同じように
「状況から想像する仕組みに凸凹があるな」と言う答えは
結構出てきたようです。



よく解説本に出ている「言われた言葉ズバリのことしか
想像できないので、不思議な答えになる」とか
「お湯が沸いたらこのスイッチを消してね」と頼まずに
「湯沸しポット見ててね」と言われた子が沸騰したポットの
お湯が空になっても見てるだけでポットが壊れたと言うケース
にも同じようなポイントがあるのでしょう。


この特性を知らないで、励ましの意味などで大人が笑うと
すごく傷つくとか、周りがおかしいと思い込む危険がありますし
「前の子の質問聞いていたら自分が何を訊かれたのかわかるでしょ」
と追い込む雰囲気で教えると、子どもの方はその内容よりも
「そっちが何歳かと聞かないのが悪いんだ!」の方で頭がいっぱいに
なりがちです。


それでもそう怒るならまだ、ポイントが気づけなかったことを
後でわかって怒っているので比較的、可能性を感じさせることになりますが
(子供が)不安感から「そんな事聞かれても自分には意味がない」と
先回りで言いだすなどは別の生きづらさ問題を生んでしまいます。


さて、「そっちが何歳か訊かないのがダメなんだよ」
「はっきり言わないのはそっちの落ち度なんだよ」と言う苦情?は
決して開き直りや自己中ではありません。
今はこれしか判断基準材料がないので、至って誠実に怒っているんです。


我々は「そんなこと言ったって人の関わりでは言葉の度合や状況の
強弱を、その都度、感覚で認識してそこから想像、予想するのが
自然なんだ。常に答えがひとつだと言い切りながら、結論だけで
やりとりするようなものではないんだよ」と教えたいところです。


大人のリードも、子どもの体験のうわずみによる想像力、応用力の発達期待も
根気よく、おおらかにできる方法は常に考えていないといけないのかなと思います。
褒めて伸ばす基本を「ほめたことで子どもの勘違いを放置するにはしない」ようにも。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

 




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト