FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

2014キャンプ報告(長い)

改めまして、当日の模様です。楽しかったね

恒例の買い出し毎回、まだ生徒たちの多くは店内で
指示されたものを探し奔走中。時間かかるけど各自生き生きしてる。
NCM_1626.jpg NCM_1622.jpg

さてキャンプ場、ロッジ前です。
NCM_1628_20140805232917e13.jpg  NCM_1698.jpg
思ったよりスペース狭いわ!川に落ちないでよ?
と心配無用、青年生徒たちが小学生の相手をしてくれ
おとなは安心して仕事出来ます。

さあ川で泳ぐぞ!
NCM_1653.jpg NCM_1662.jpg
NCM_1658.jpg NCM_1645.jpg
NCM_1631.jpg NCM_1636.jpg
生きもの採集大好き親子に引っ張られ?水中覗き組もちらほら
片や延々泳ぐ組も。水鉄砲男もうろうろ。
ボラKさん冷たい水でも、ずっと深いエリアを守ってくれました。
女子小学生3人はKさんとの深夜の?女子会がとても楽しかったらしいよ?
NCM_1657.jpg NCM_1660.jpg
わんこ連れ組は・・・
泳がせてる!(白いモップみたいなのは犬かき中のマッシュ) 
ピーとカンは泳げず、オットセイの曲芸で対抗。
NCM_1643.jpg 000359352000012042088_2L.jpg

お次はマスつかみ取りです。くだらんと愚痴っていた子もちらほら。
しかし、スタートすれば、即これです。最後はたった一匹を皆で追いかけ。
NCM_1673.jpg NCM_1670.jpg
NCM_1666.jpgNCM_1671.jpg

それでは焼く前に内蔵処理だ!
ここは父さん方、大奮闘、全児童に処理体験させてくれました!

NCM_1674.jpg NCM_1682.jpg
NCM_1680.jpg  NCM_1684.jpg

マッシュは生でもいい?待て待て焼くからね?

NCM_1676.jpg000359352000012042584_2L_20140806001517e40.jpg

26人分お焼き作業はとてもしんどいです。
これを父さんたちが2時間近くやってくれました。
ボラO君、実家からいろいろ持ち込んでくれ、また自身も精力的に
いろいろと奮闘してくれ、とても助かりました!
NCM_1696.jpg NCM_1691_201408060029336fd.jpg

すみません!ここから飲み食い始めた私とO君は
写真を撮っていませんでした!
しかも途中から豪雨です。それでも細々と焼き、皆結構食べましたね?・・・


雨のためやむを得ず、屋根のある炊事場で花火。(怒られないか冷や冷や!)
とにかく、これはこれで詫びさびあった良かったですねえ
危険の無いよう配慮したり、片づけしてくれたりここでもお父さんが
さらっと活躍してくれました。
NCM_1688.jpg 000359352000012042624_2L.jpg
NCM_1690.jpg 000359352000012042621_2L.jpg

生徒たちもおんぶに抱っこではありませんよ?
翌朝朝食準備、備品片づけ、運搬など、はつらつとやってます。
(写真すくなくてごめん!充電切れた)
NCM_1692.jpg NCM_1693_20140806005847fb4.jpg 
上は女子めいんで作った朝セットです。


NCM_1702_20140806005850066.jpg

昨夜の集中豪雨で、今日は川に入れず、残念。
その分温泉でまったりしたり。昼ごはんをゆっくり食べたりして
夕方、無事帰ってきました!


今回はお父さんお母さんボラさんの大活躍で生徒たちは、
安心してキャンプを堪能することが出来ました。
翌日仕事なのに1日目遅くまで居てくれた、ぎっくり腰を押して来てくれた、
会社から緊急連絡が来そうな状況でも参加してくれた、
当日まであるいは当日もいろいろあっても、即対応できる心つもりで来てくれた、
などなど。皆さん、子どもの一番の理解者です。


生徒たちもかなりの成長が見られました。
いわゆるTPO感覚です。
大人が多く、環境配備できたこともありますが、それを差し引いても
「子ども通しで動く」「目的のためにぶれずに動く、守る」「判断する」
ことが随所に表れています。


年長組は年下を配慮しながら自分を意識して、自己を育む。
小学生は年上を見て、自我も取り入れつつ、考えや行動を育んでいく。
そんな相乗効果が出てるぞ!と嬉しくなりました。


皆、すばらしい仲間感覚、自信、体験などたくさん得たと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト