FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

お知らせです。行政との連携模索

そう言えば、ついにスクールで福祉学校の
教育実習生さんをお受けすることになりそうです。

つい「本当?うちでいいの?」と
つぶやいてしまいそうですが、ここは胸を張って
「こう言う育み方もあるぜ」と言う顔してましょう。


さて以下は当スクールも傘下に入っている
全国フリースクールネットワークから報告です。
いろいろ行政ともタッグを組める時代も遠くないかもしれません。
同時に「個々のニーズは潰さない集団」でいる難易度も求められますね?

以下、紹介メールです。

フリースクール全国ネットワーク 会員の皆様

いつもお世話になっております、フリースクール全国ネットワークです。

+++++++++++++++++++++++++++++
1.衆議院文部科学委員会で、今後のスケジュール等について答弁
+++++++++++++++++++++++++++++

本日、衆議院文部科学委員会で、公明党の浮嶋とも子議員、生活の等の青木愛議
員からフリースクール等に関する政策についての質問が行われ、今後の スケ
ジュール等について、答弁がありました。
詳細は、今後衆議院ホームページ(http://www.shugiintv.go.jp/jp
/index.php)に録画がアップされる予定 ですが、下記のような内容となってお
りました。

・11月24日 フリースクール関係者を集めてのフォーラム開催
・年内に省内検討チーム設置(丹羽副大臣を主査)、有識者会議開始
・来年5〜6月、有識者会議中間報告
・来年末 最終報告


+++++++++++++++++++++++++++++++
2.文科省「フリースクール等フォーラム(仮称)」を11月24日に開催予定
+++++++++++++++++++++++++++++++

11月24日のフォーラムについては

「フリースクール等フォーラム(仮称)」と題し、関係者に広く参加を募り、民
間での取り組みの成果や課題を共有し、文部科学省における検討に活か す目的
とのことです。
対象はフリースクール等のスタッフ、運営者、子どもおよび保護者となっており
ます。
わたしたちの声を政府に直接伝えるチャンスとなりそうです。
フリースクールフェスティバルの翌々日となっておりますが、ぜひ、二つ合わせ
ての参加をご検討ください。
会場、時間等詳細については、情報をつかみ次第またお知らせしてまいります。


+++++++++++++++++++
3.鈴木寛元文科副大臣、文科省参与に就任
+++++++++++++++++++

すでにNHK等では報道されていますが、元文科副大臣の鈴木寛さんが文科省参与
に就任しました。
JDECでの講演や、多様な学び保障法を実現する会への後押しなど、長くわたした
ちを応援してくださっていた議員のお一人でした。
今後の動きに注目していきましょう。

参考:NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141017
/k10015475841000.html

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

  



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト