FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

FS多摩川って何なの?

NCM_1848 (1) 昨日の親の会ブログで
 都内で有名な不登校児童向けの
 学校のことを分かりやすく説明
 してくれています。

 
 子どものニーズとマッチする限り
 この学校のやり方は理想的です。
 だから、ほんの少し似たような事を
 よく多摩川でもやろうとしている訳です。


 ちなみに、不登校、行き渋り状態の子のニーズは読み取るのが難しいです。
 いろんな気持ちが渦巻く中で話す、子どもの表面上の言葉や、 保護者の開き直りの
 極端さだけが目立つと 「行けるものなら学校に行きたいな」ともどこかで思っている
 子どもの潜在ニーズが見えにくくなります。ここは要注意では無いかと思います。
 (もちろん、行く行かないは問題ではなく、大人が主役でなければいいんんです)
 

だから、スクールは復学支援場所でもあり
 学校と離れた安心居場所であり
 学習知識を高める場所でもあり
 遊ぶ場でもあり
 社会性を高める場でもあり
 個で横並び圧力から離れ安心する場でもあります。

 
 もし、この6点の中でひとつだけ強化して欲しい人に
 とっては歯がゆい場所でもあり得ます。


 つまり「子どもがどんな状態でも受け入れられる」強みと
 「これだけを特化してやるぞと出来ない」弱みがあります。 
 「方向性がない」「何したいの?」と訊かれると答えがはっきり言えないことも。
 でも社会性や仲間意識、世の中で動くためのしきたりと言うか方策、お約束を
 培って行ければ、子どもは自分力を高められ、先の可能性が広がります。
 それだけは自信を持って言えます。


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト