FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

「大人は敵だ」は少年期に皆が使う武器?しかも、相手にすり寄ることも同時にします。

NCM_2241.jpg 今日は・・・
 超、久々小学生生徒
 やや久々小学生生徒が来ました。

 さらに今日の運動時間は近所の
 低学年児童4人が仲間に入れてと
 来まして、にぎやかなドッジボール
 でした。

 生徒たちは幼い子に気を遣いながら
 できており、(きっと)やや物足りない
 状態でもニコニコやっていました。
 素晴らしい成長です。

 こう言うとき、生徒たちのやさしさ、 気持ちの良さをすごく感じます。
 

 学童や施設でも見てますが、実は特性等が心配されていない子
 (つまり普通に登校している子) の方が、人に譲らない、
 実力ゴリ押しなど目立つんです。もちろん一部の子ですけど。
 彼らが困り行為をする子と見られていないのはなぜか? 「場に居る大人」を観察して
 見定めているんです。 先生や親が居たらやらないんです。
 ちょうど、学童指導員とか施設職員は「先生や親でない」
 「たまに怒るけど成績にまで影響しない」「かばってくれる」感じで
 子供は見ていますから、気が緩むんでしょうねえ。


 これは小賢しいとも、生きる知恵とも言うのかも知れませんが、
 無器用な特性がある傾向の子の方が、そう言う画策なく
 素直に刹那で、周りとのバランス見れずに、強弱も調整まずく
 行動しますので、 知らない人が(特に先生や指導者など)
 見ると「この子なぜ、この場でこうする?」「なぜ指導者前で?」「損じゃん?」
 と言うように見えるはずです。

 絶対に「小狡いのは前者」なのに、後者が強欲、非協調とか言われることばかりで
 切ないところですが、わかってあげるだけではいかん。
 「小狡い」のも社会性、感情は無しでSSTが必要なんです。
 幸い、スクール生徒は少しずつここが習得できています。
 また、(おかしな言い方ですが)無理すると、余計な誤解を生む自己の
 癖も漠然とわかり始めています。

 
 今日は超久々小学生君は「いつも何してた?」の問いに対して
 「ゲーム」「そのゲームをやるもの通しでボイスチャットで会話してる」です。
 会話内容はゲーム以外でも情報を話し合う、自己の状況も話すそうで
 「ほういいことかもな」と感想を言うと「でしょ?」「俺、外に出てもやりたいことないし
 今日は家が引越作業するので、俺が出ていないとならず、ここに来たんだ」
 このような会話を、1年前と比べ「明るく、言葉明瞭、語彙豊富」で30分もしました。
 
 
 ちょっと久しぶりの小学生君も同じように明るく、いろんな話をしています。
 また、今日は友達の家に泊まりにいくそうでご機嫌でした


 最近、学習時間を16時からにしたところ、そこ避けてゲーム時間から来るようになった
 中学生(高校は決まったし仕方ない部分もある)、
 ニコニコして「ゲーム時間出勤か。わかりやすいなあ君」と私のからかいも平然です。
 でも。ゲーム後、いろんな話をしてくれます。彼が自己を考え、社会を考え、
 揺れもして、向き合っている、 それがよくわかるから、こちらも安心です。


 またもうひとりの中学生はおもむろに国語を広げ、たまに問題を口に出しながら
 取組み。こっちをチラチラ見ています。
 不謹慎な言い方ですが、責任者の前では・・・と言う(必要な)小狡さかも知れないし
 自分も他の子のように大人とワイワイ学習やりたいと言うサインかも。いいですね。
 今日は「高校生に教えてもらえば?とか煮詰まってないか?」と少し声掛けしましたが
 今後、またいろいろ出してくれるといいなと思います。


 一生懸命、スクールで学習して(通っていない)在籍中学の中間試験受けたいと
 望んでいる生徒もいます。こちらはクラスに入りづらいから別室で受けたいと
 お願いしているものの、今のところ対応できないかもと言われてしまいました。
 「でも、勉強やるだけはやっておく」と鼻を広げています。


 各自、いろいろあります。それでいいんでしょう!

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト