FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

子どもは、敢えて自己を追い込み、踏ん張ろうとし始める時ありますよね?

過日、文科省にて「フリースクール等に関する検討会議」2回目が催されました。

所属するフリースクールネットワークからも重要な固定メンバーとしてお2人が出席され、
教育界のみならず、各方面からの参加者と実のある議論を重ねているそうです。
まだ、内容は公式には出せない段階ですが、メンバーの皆さんが「いろんな子ども」
「いろんな家庭」を認識し、よりよい形で「権利保障」を考えていることはとてもよく伝わってきます。

少なくとも、私達は常に進捗を注目していることで
仲間として、日本住民として居続けましょう!(変な文章ですみません)


さてさて、春から地方大学に通う生徒YN君がアパート探しに入りました・・・
当初、私は「気張らず」「スクールにも息抜きに来れる形で」「いろいろ動きやすい」
こんな話を交え首都圏大学を勧めていました。


でも彼は「親から精神的に離れたい」「自分が逃げられないようにしたい」
と言って頑なでした。
この2点は子どもが成人(大人)になるまでに、必ず自己に問いかけることが
必須の項目です。小学校高学年あたりから感じ始め、
なかなかうまく行かなくて、何度か挫折も経験しながら
各自が取り組むことです。だから反対はしませんでした。

私も大いに含めますが、親って甘いし、子どもに依存しがちです。
だから、どんなスケールかはともかく、子どもが精神的親離れを意識したり
親子でも価値観は違うことを認めだすと、割といい結果になると思います。
実際、見ていてそうです。

でも・・傷つく我が子を想像(回想)すると親は心配です。
それも当たり前なのでむずかしいですよねえ。
あ!彼の親御さんは彼の挑戦に大賛成です!!。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト