FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

被害妄想されない支援とは?10歳から15歳頃がが大事かも

発達障がい傾向にある人(子どもも大人も)は話の行間が読めない、
いくつもの事象を受け止め整理することができない、例え話が分からない。
相手の表情、抑揚、声の大小等から相手の意図が読めないなど
いろいろ、本人が困っていると、専門書に書かれています。

つまり、上にある「できない」ことが「できる」多くの人から見ると
「え?どうして?」「たったこれだけでもう話が分からなくなるの?」
「この程度の文章でテーマを読み落とす?そこに引っかかる?」
となりがちです。(あくまで極端に言えばです)

しかし、冷静に考えれば、「発想や気付きの仕組みが違う」し
「多くの人がすんなり無意識に思い起こす何かが省略される体の仕組み」です。
そこは支援側が理解しつつ、先々困らないような支援を考えないといけません。


一番、まずいのは大勢側が「疑問満開してしまい、被害意識をもたせてしまうこと」や
「説明することで人の優劣を決定、押し付けていると勘違いされること」なんですが、
実はこれがとてもむずかしいんです。(と私たちは思っています)


なぜかと言うと、こうした分析や説明はすべて「大勢型」の理屈で構成されているので、
「本当は当事者はここが読みにくい、気づきにくい」と分かっていても
そのことをうまく伝えられず、話や文章が先に行ってしまうからだと思います。
でも言わないといけないことも多い・・・・。

こうした悩みにハマっている時、当事者やその保護者さんの書いたブログを
見て「ああ、ここまで自己分析していらっしゃる。」「いたずらに被害妄想にならず
マイノリティを否定せず、共存を考えておられる」と言う記事を見てほっとします。
勇気づけられます。



さて発達障害気味の子はその場の便利さで人を使うような動きが目立ちます。
もちろん小賢しい訳ではないです。


それで、大人は無視するとか邪険にする必要はないんだけど、
なんでもかんでも君に利用されてる風情は出来ませんよ?
こっちも色々あるんだから、君位の年齢なら独りで工夫することも自然なのよ?
と口では言わないで 大人側が行動で子供がそうするしかない状況を
わざと作るのもいいように思います。


経験してきた子ども 施設の発達障がい傾向児童たちも
一緒に生活する大人がこうしていると、学校での集団破壊?行為が減っていて、
逆に担当職員が「ああこの子は私がわかってやらないと」と、その子の家来みたいに
なっていると 学校で、先生や友達を自己都合で使う癖が出て、
困られてしまったことが多いです(子どもに悪意なし)。


この傾向が2分化してくるのは10歳から14,5歳です。
15,6歳で一定のコミニティに属している、自己判断による進路を持ててる
形になる子ども達は、その年代までに大人(または友人)との関わり方で、
10歳頃まで目立った特異性?が減少して行った子達です。
(ある程度個人的意見です。私の経験から考えていますが
見てきたその傾向の児童は50人を下回ります)


でもスクールではここ見守り、間接的に体に取り入れて行きたいところです。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 
  
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト