FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

テレビ局記者さんがたくさんの賛意を下さいました

タイトルは文法的に合っているのか怪しいですね?お許しを。

月曜に誰もが知っているテレビ局の記者さんが取材に来てくれました。
その方は「今後も多摩川を応援しながら取材を続けたい」と言ってくれました。
ありがたいです。

今、「フリースクールを教育機関とみなし、なんらの保護者助成をするべきかどうか」
文科省と関係者が検討委員会をどんどん進めていますが、そのご担当です。
シューレを放映した時もその取材をされたとの事です。

ここから先は、記者さんにとって「そこだけピックアップして言わないで」とか
「仕事しづらくなるわ」となる内容かも知れませんが、でも嬉しいから書いちゃいます。


なぜ嬉しかったかと言うと、「私達の活動は、不登校、引きこもり、
対人不安、対人誤解等に揺れる子どもにどっぷり関わっていて、
その多くは答えをはっきり表せない。だけどいろんな角度から支援を探ること」
であることをとてもよく理解してくれて
「フリースクールの結果的な成功例はとても勇気と希望をくれる、それは確かだ。
でもはっきり言えない状況の子、ひとつのスクールにすら居ることが
安定しない、動きだせない子の方が実は多い。」
「だから、ひとつの学校とかひとつのスクールの枠で見るのは無意味であって
ひとりひとりが大人になるまでのいろんな経験を出来るよう大人は支援すべき」

この様な話で意気投合しまして。数時間も話し合いました!
 
記者さんは「多摩川に来てはっきりわかった。本当に必要な場であり、 
ここで揺れながら少しずつ変わっていく子ども達の支援は肝心だと思う」
「所長の言うように文科省から認められるかどうかギリギリのところだが。
 だからこそ大事な場所で居られると思う」こんな風に言ってくれました。

特にゲーム等で皆が賑やか、なごやかに過ごす風情。
たまたま、私と中学生がゆるゆるの感覚でクイズみたいに学習している風情。
そこを微笑ましく見てくれていました。
 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 
 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト