FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

大切な支援

DSC_0749.jpg
生徒保護者さんが画像を送ってきてくれました。
過去、何回かお知らせして来ましたが、いよいよ法案提出が実現します。

議員連盟の皆さん、
東京シューレを幹事とする私達、全国フリースクールネットワーク各施設、
有識者、市民、教育関係者の皆さんで議論してきたことが一定の形になりつつあります。
 

また、水曜には文科省で「不登校に関する調査研究会儀」も開かれました。
これに限らず文科省主体であらゆる調査、検討が行われています。

最近、フリースクール多摩川にも出入りしているNHK記者さんは、このために
現場取材をしているわけです。

私達(スクールも生徒親子も)、当事者が期待出来る、そうした社会の雰囲気ですね!

ひとつだけ怖いのは・・・・

不登校問題とひとくくりにしてしまう危険です。
このひとくくりは事を個人問題でなく「学校と対比」で
見ている感覚があるんです。

もとより悩んでいる子たちの多くは「人との関わり問題」や
時には「家庭問題」で悩むんです。本当は学校うんぬんでは無い所が
育み、支援の根幹かなと思っています。

もし不登校の子がいろんな教育を受けられるよう、各家庭に対する支援財政が
成立すれば、塾や予備校経営のようなやり方で新規参入してくる施設が
どんどん増えます。経済社会ですから。
選択肢が増えるから悪いことではない、でも、多くは経営としてやってきますので
「ひとくくり感覚」が強くなりがちかも。
そうなるとそこから脱落する子、耐えられない子の数は少なくない。
この図式は学校と同じになっちゃうのではないかと言う懸念があるわけです。

フリースクール(今の)はそう言うところではありません。
個々のテーマに寄り添うので「学校問題」では見ていません。
「その子の人との関わり問題」そこには特性やら不安やらいろいろあるけど、
とにかくオリジナルで触れ合う活動をします。

この大事なポイントは忘れないで活動して行きたいと思います。

 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト