FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

なんで?どうして?は刃物になる時もあるようです。

まず、初めに言っておきますが、これは当スクールの話ではありません。
また私の児童福祉や育成、関係研修で経験してきたこと、
人気子供相談記事やブログ等を読んで感じた
「やっぱそうだよねえ」と感じている、単に個人意見です。

揺れる子供(世のすべての子とも言うかも)にとって
保護者から「なんで?」「どうして?」と言われることは
理解してくれようとしている事に安心し、嬉しくなる時と
逆に責められている気持ちになり、小パニックになる時の
両面があると思います。

子供が、この後者の気持ちに感じてしまう時には「主人公が
大人になっている気配」を読むのかなと言うこともあると思います。
そうすると言っていることは正しくても、ダメなんです。
子供からすると攻撃の道具?みたいな感じ。
子供からすると「あんたのためかよ」と言う被害妄想も出がち。

学校なり育成機関なり医療なりは保護者さんに
「今、お子さんは集団の中でこう言う状態。だからこう言うアプローチをしてみます」
と言うような報告、提案をしていきます。この時発信側は
「子供には良い成長、良い動向もあれば、いまいちの事もある、毎日いろいろあり、
今回のテーマは良いところを伸ばすための提案だ」保護者さんはそう感じ取り
まさか前段の「そのまま子供に伝えたり、それで子供が攻撃されたとおびえる対応」は
絶対にしない筈だと言う前提で出します。
(そうでないと、大事なことを伝えられなくなってしまうから)

だけど、人間はそう強くない
「人に迷惑かしら?」「体裁悪い」「なぜ片方が悪いみたいに言う?」
「そっちの導きがおかしいのでは?」「くやしい」と言う至極、
自然な感情は出てきます。
それが解消されないと、子供に対して「なんで?」攻撃が出てしまいます。

もちろん、かと言って子供を安心させるために「子供に発信側や仲間を非難してみせる」
のは最悪でして、これやってしまうと子供はもう協調の場に耐えられないことになります。

話が戻りまして・・・・
子供への質問、発問はある程度は必要ですが、そもそも明快な答えなんかないので
大人側も高揚してきて、自分が予測、納得できる答えが出るような詰問に
なりがちです。主人公は誰?

しかしながら、私も自分が保護者の立場のときには
ほぼ、こうなっているんです。
「なんで?」「これくらい我慢できない?」「皆やってるじゃん?」
すぐ言っちゃいます。いらいらすると証拠をつきつけたり・・・
やっぱり私も「自分のことを考えている」んでしょうねえ。
後で考えると、その時の子供の答えは「私用にしかなっていなくて」
成長したなと感じるのは、外で自分で吸収したことが素になっている
気がします。

むずかしい、だからあまり悶々考えてはいけないですね?。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト