FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

子どもの生活環境、厳しさ甘さの差は社会性に影響するか

このテーマはかなりむずかしいです。(と思い悩むことがあります。)

多くの保護者さんは「1理解」→「2期待」→「3促し」→「4いい意味で強制」→
「5子どもから頑なな拒絶、、抵抗、無視に会う」→
「6子どもが不安症やパニック、躁鬱気配も出す」→
「7不毛感が漂う」→「8放置?」→「9思い直しまた理解」
を繰り返しながらお子さんと接してきたことと思います。かなりきついと思います。
でも大人はこれ、めげずに繰り返していないと
「子どもが社会で生きられるようにならないかもしれませんねえ」


私達も保護者さん方と悩みどころは同じです。ましてや、
「家の中では目立たない、兆候が出ない」
(出す必要がない場合と親御さんが気付かない場合があります)。
でも、人と関わる場では、共存するのに困る兆候が出てくる。
自覚や悪意がないから、一番本人も困っている、怖がっているが、
同時に場も困っているなんてことは少なくないです。
ここは子どもに突き詰めてしまうと学校と同じになってしまうので
スクールでは軽く仄めかす、間接的に分かるまで待つようになります。


いかにも「皆の場だから」「協力しようぜ」「ちっとはあわせなさいよ」「挑戦しよう」
と言う対応をすると「数人が苦しくなり、困り、足が遠のきます」
場をゆるゆるにすると「また子が増えます。」たはは!

考え方としては「そもそも生徒たちは外で人と関わる事を望んでいる。でもこれまでは
悪意なく意図せず、集団で人と関わりにくい言動、こだわりに特化した考え方、
一面白黒な捉え方をしてしまう事で煮詰まっていた。それが得意なゲームやら恐怖心の
ないことをツールにしていると案外、人とうまく関われる、安心できている、
年齢なりの対人関係をつくれている。まずはそれでいいじゃん。気遣いも出ている。
立派な社会学習だよこれは」という事です。


でもやっぱり
「うーん、本当にいつまでもそれだけでいいのか?それで、社会に出ていけるのかなあ」
(すみません!)「もう少し厳しく追い込む方が効果あるのかもなあ」などこちらも
思いが揺れることもかなりあります。

さて、施設では発達障がいや心的ストレス、自閉などを抱える子の割合が
かなり多いです。その子達、私がこれまで見てきた子供たちの中でも
凸凹や困り行動等の程度はかなり重い方と思います。
学校での対人トラブル、協調活動での困り感は激しく、職員はよく学校に行き、
謝り連れ帰ります。
普段も騒ぐ、落ち込む、自己中に見える、泣く、暴れる、人を操ろうとする、拒絶する、
喜怒哀楽が不調気味、突発的に出て訳がわからなくなる等々は目立ちます。

でも、数年後、8割は社会性がしっかり成長していきます。
たいがい外でバイトできるまでになります。
なぜなのか?良い悪いではないですが、分かっていることは、家庭のお子さんとの環境の違いです。
「子どもが(強制も含む)規律やルールへの厳しさを受け止めていることです」
。職員はやはり親のように上段の1から9を粘り強く何度もやっていますし、
その3,4は折れないで対応しようとします。他人だから出来る?
見ていると、時に子供がかなり痛々しい風情もなります。
そのためか、たぶん2割程度の子はもっと困った状態、
人不審、社会性脆弱、強迫感覚が強くなります。
これは厳しさ、強制の副作用なのか?そうとは言い切れません。


効果と危険の度合いはパーセンテージだけで分析できないし、
そもそも私が見ているのはごく一部の体験でのことです。
なかなか、厳しさが必要なのか?
賛否両論で結論はわかりません

かたや、歴史の浅い多摩川ではまだ3,4例しかないですが、
シューレなどでは少年期青年期をフリースクールで過ごした人が社会適合して
普通に暮らしている例は相当数に上ります。すごい数です。
恐らくこれは「厳しい」「強制」とは逆の環境でも成功しているぞと言える事を物語っている?

ただ、そこには「単に甘い、ゆるい」「子どもの好きにさせるだけ」
とは違うある種の厳しさを持った大人の寄り添い、導きは存在していますし、
子どもによっては、その方が強く指導されたことになるケースも
あるんじゃないかなとも思っています。


今回は、どうも感じたことをうまく描けません。
これからも子ども達と一緒に悩みながらも、見つけていきたいと思います。
基本は楽しいです。楽しさにも個性があることを感じられる余裕かな?

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
  


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト