FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

保護者さんの複雑な思いはひしひしと感じますが

これはひとくくりに書くと、誤解が誤解を生むことになりますが。

「スクールや児童養護世界で見てきた子供たちの中で多い傾向とその改善ケース」と
「そこに到達するまでの保護者のやるせなさ、もどかしさ、申し訳なさとの戦い」
の持論を書きます。
あくまでもすべての子どもに該当する話ではなく複数例が似ている話です。

(念のため)(ある面では)の思いも、付け加えが入ると予想しますので長くなります。
なので結論を先に書くと保護者さんは保育側の「まあお互い様だから」と言う励ましを、
「今の子どもの状態や、子どもと相手の今の困り感だけを指しているのではない」
「もっと長ーいスパンでいろんな仲間行動を通して、変化するのはお互い様だ」
と言うことを知っていてほしいなと言うことです。

そんな事はわかっていますと叱られそうですが、やはり人間いろいろ考えてしまう。
「申し訳ない」「でもこの子だけ悪いの?」「無理なのかしら?」「なんで?」
「もどかしい」「切ない」「保護者がいけないの?」「別の保育できないの?」
「いつまでも変わらないじゃない!」なんでも過りますから。それ自然です。
でも「子どもよりせっかちに、こうあるべき、この方がいい、白黒な感じで保護者が
表情に出す」と子どもには良くないことは見て来て実感していますので
ついつい、こちらもこのように言ってしまいます。

さて、学校等で困り感を持つ子ども達は相当な数に上ります。
集団生活、対人行為、規則生活の中では被害者にも加害者にも例えられがちです。
これについては際限なくなってしまうので、いずれ書くとして・・・。

いずれにしてもスクールや保育施設にその状態で来た子はある程度は
傾向が似ています。
もともとは皆、人好き、お人よし、平和主義、平等主義です。純粋です。

でも「そこまでやると害になるレベルのしつこさがある。過剰表現、違和感を持たれる
表現がある。人へのへばりつきが極端、その相手に自分予測で動くことを求めすぎる。
場の変化応用を怖がる。ひたすら教科書みたいな良い子を演じる。 意思をださない。
意思が自分では分からない様子。周りに分からないこだわりを持ち、
場でそれをコントロールする方法が単純、幼稚に見られる。」などなど。

特に新たに入ってくれば緊張不安、高揚もありますので顕著になります。 
スクールでもそうなんだから、学校ではもっとつらかったのかも知れません。

またそうなっているときに、ほのめかし、注意などを受けるが
たいがい、「自分がそう見えることは」認知、比較できない傾向があるので、
程度や表現を直そうよと言われているだけなのに、長所を否定された気になりがち。
ここ保育側が見逃し、治らないからと指摘を強めるだけ、強要して行くだけだと、
子どもは自己否定の沼に入るか、子供も他者に条件反射強要することが増える様に
見えます。

この原因について発達障がいみたいなもの、母子相互依存からの幼児性、
なにか認知、感覚的なボーダー傾向、大人のこうあるべきの圧力で?
すごい不安症、そううつ傾向になった。思春期への揺れ。もがき。
なんでも当てはめられそうなくらい、めずらしい状態ではないんです。

また、今、落ちついている子どもにも初めのころに同じような傾向があっ
た例は相当数あります。それが今は改善しているわけです。


これは噛み砕いて、何度も、その子供にあった伝え方で教えていくことが
肝心で、時間制限や他者との公平性のを無視できない、
集団管理の中で一番難しいものです。でも絶対に必要です。

また、これと矛盾したようなことを言いますが、改善していくのは理屈で
分かることではなくて「本人が安心していくこと」「我慢や決まりを自然な事と
して思えること」「程度を無意識の中で他者と比較、調和すること」なども
大きなポイントなので極端に指摘や窘めばかりが頭に残るのも
逆効果と言うこともあります。

ここがどの子も一番難しかったところです。

もしも、子どもが被害妄想だけ増して尚更、悪癖が強くなると・・・。
学校、スクールでもつらくなり、いよいよ
「大人が完全個別に近い形で子どもに関わる療育等」
「極端に子どもが弾けるものを無しにして、落ち着かせるやり方のSST機関」
つまり「自然に協調共存する場ではなく制限付きでの子どもどおしの関わり場」
のような世界でしか居られなくなってしまいます。

でも子ども達には「良さを削って落ち着かせることはしない方がいい」
元のいい性格、気質があります。能力もあります。

だから「保護者として申し訳ない、やるせない、もどかしい」と思いすぎないで
「今は▽だけど○のために耐性を育んでいる」ように考えてくださいね?
「子どもがものをみる、ひとをみる、意思を出す、共存する、自己評価する
そのためのオリジナルの物差しを得るための日常だ」
「実際(時間差は人によってある)良い傾向で表れた子の方が多い」です。


本当に長くなりました。
うまく伝わったでしょうか。

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
  
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト