FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

親は正直な気持ちを隠さなくていいと思います

一昨日の続編?みたいな持論を書きます。
この内容はこれまで私達自身も「どうなのかな?」で揺れるテーマです。
また、複雑な思いでいろんな対応、表現をしている保護者さんには
「そんな短絡的なことではないです」とムッとすることがあるだろうとも思います。

さて、単純に「不登校」「学校に行っている」だけの2つしか表現がないとした場合、
スクールや施設では「初めは学校」遠ざかり「フリースクール等」再度「学校」と
育み場所が推移する子ども達は(あくまで経験感覚で)たぶん3,4割はいます。
余計な事言うと、その後また学校から離れる子も時には居るが、それも悪くはない。

いろいろな経過をたどり、初めてスクールに来た親子さん、入会したお子さんは
これまでに、多摩川でもそれなりの数になります。

その中の何割かの親御さんは「我が子には学校はあわない。ここがあって良かった」
「ここで自分のペースで自分らしく生きればいい。学校なんてお仕着せの枠を強いる、
はっきり言ってこの子には害だわ」と言い切ります。確かにシステム的にはその通りと
思える所はある。
でも、どこかで、聴いて居る私達は違和感をもちます、「うっ!」となります。

それで・・・
子どもが安心、自己だしをしてくるとその中には勇気、耐性、自己感知みたいなものが
芽生える子がたくさんいます。学校に顔出してみようと動く子も少なくありません。
スクールの運営維持などとは別の次元で言いますが、とても良いことです。
ある部分、これがスクールの意義でもありますから。
(学校に戻るのか、新たなやり方でいくのかそこは自由だとは思いますが、どちらを
選んでも子ども自身に過度な不安がない状態になってることが一番かなと見えます)

さあ、それで学校にまた行けるようになったとき、親御さんの中には
「やっぱり、学校に行かないとねえ」「基本だし・・・」と言う人もいます。
それが何故か、2段落前に書いたようなことを言っていた人だったりします。
ここで私達は?と思いつつ微笑みます。

(こうならない人の方が少ないのかも、例えばよく親の会ブログに記事を書いている
保護者さん方は比較的こうならないですが、実は昔は違っていたと笑っていました)

でも。多くの方は両極端に話したとしても、補足的に子どもが変わった、
子どもが選んだからことを尊重しているとも話しますので、私達は安心します。
子どもの状態に応じて。親が両極端に、時に反対に表現することは
そんなにおかしくないと思うんです。
子どもにも私達にも、そんなに不思議には感じないんです。

あるレベルまでは親は子供に正直な方がいいんです・・・・・。
子どもを本当に愛しんでいますから。
親には本音がある、同時にうまく行かない時ならではの対処表現もある。
それらが自覚出来ている限りはいい。そういう時には周りにも子供にも
その真意、本音、誠意がほどよく見えるわけです。

でも時折
「あなたが納得するためだけ?」
「本当はこう思うけどまあいいよ、任せるよで済ませず強要するんですか?」
「自分の揺れを抑えるためにきっぱり言い切るんですか?」
「なんで親として正直になることを忌むのですか?実際は子どもに
○○に決まっていると高圧的にしているように見えますよ?」
「本音を隠そうとしすぎで、却ってそれがにじみ出てません?」
「刹那に自分のプライドみたいなもの出してません?」
と見える人もいないことはない訳です。

ここまで来ると様相は「子どもが悩みもがく」そこに対する支援理解がメインなのに
保育側は「子どもの状態がそれに影響されがちな、親御さんの言動」に着目し始めるわけです。

当然、親御さんは本音と建て前はあるが
「本音を言ってしまうと傷ついている子どもがもっと悩むだろうから」と気遣う愛情をもっています。
でも前段に書いた「過度な本音隠し」になっているとき、なんと言うか・・・
子どもは余計に申し訳なさ感を募らせます。(態度はそう見えなくても)

ごくたまには、親御さんが私たちに対して気遣いが過ぎるから?と思う時もあります。

なんともうまくお伝えできないでもどかしいんですが
可能な限りは正直でいることは大事なんじゃないかなあと思うんです。

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
  


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト